18インチスタイルに合わせた新パーツも投入される

白×赤の火の玉調パターンカラーにセパレートハンドル、赤いフレームに3本スポークホイール。’80年代人気コミックス「あいつとララバイ」の主人公が駆るマシンのイメージを投影した車両だ。手を入れたACサンクチュアリー・中村さんに詳細を聞いてみよう。

「ベース車もコミックス登場車に同じZ2で、オーナーさんが持ち込んだほぼノーマル車でした。カラーリングや全体の感じはモチーフに忠実にということでしたが、オーリンズ前後サスやブレンボブレーキ、デュアルスタックファンネル仕様のTMR-MJNキャブレターなど、使う各部パーツもはっきりと決めていらした。モチーフとは異なるけれど、これらを使いたいという考えで、世界観が明確だったんですね。

【ACサンクチュアリー(KAWASAKI Z2)】明確な世界観のルックスにコンプリートの内容を加える

こうした場合、モチーフのイメージとそれを実車に落とし込んだ感じ、さらに装着パーツのバランスというのがバラバラになりやすいと言うか難しくなることが多いんです。私たちもどうなるんだろう? と考えながら製作に取りかかったんですが、完成してみると全然違和感がなかった。

むしろ私たちの方が“オーリンズのフロントフォークは17インチ車両の方が似合うはず”というような固定観念があったんだなと思わされました」

エンジンはACサンクチュアリーの内燃機加工部門となるDiNx(ディンクス)社で精密仕上げ加工した上でフルオーバーホール。マフラーもスイングアームとの干渉を避ける加工を追加し、純正でリヤドラムブレーキのZ2をディスクブレーキ化した分の構造変更も強度計算書を付帯して申請した。

「結果としてRCM(Radical Construction Manufacture=サンクチュアリーによるコンプリートカスタム)の要件=作業をサンクチュアリーで一貫して行う、ノーブレスト扱いを軸にしたパーツ選択でアップグレードをするなどを満たし、シリアルナンバーの付くコンプリート車両になりました」とも中村さん。この車両も含め、並行して作業が進んだ複数の18インチ車もある。それらからは、フロントフォークやフロントフェンダー、キャリパーサポートなどのフロントまわりパーツをオールインワンとしたノーブレスト「E×Mパッケージ」に18インチ仕様(18インチ仕様ではステムキットも同梱)を加えるノウハウも得た。望む姿を明確にする。そこからまた新しいスタイルが生まれたわけだ。

Detailed Description 詳細説明


主なカスタム内容(KAWASAKI Z2)

エンジン
*エンジンカバー類含む
PMC DRAFT BILLET エンジンマウントセット
NITRO RACING Z1/Z2 リダクションKIT(エンジンスライダー)
キャブ/インテーク YOSHIMURA MIKUNI TMR-MJN36キャブレター
YOSHIMURA DUAL STACK FUNNEL SYSTEM ベーシックKIT for TMR36
YOSHIMURA TMR-MJN/TMR36用 ヨシムラオリジナルアルミファンネル
エキゾーストシステム MORIWAKI Z1/Z2 ワンピース ブラック マフラー
フレームスイングアーム SCULPTURE “Z”18インチ専用セミワイドスイングアーム ブロックタイプ
ブレーキ周り
*マスター含む
フロント
NISSIN ブレーキマスターシリンダー(横型/タンク別体式)
BREMBO アキシャル4Pキャリパー
SUNSTAR TRAD TYPE2ディスク
ブレーキ周り
*マスター含む
リア
BREMBO リア2Pキャリパー
ホイール周り
フロント
PMC ソード・ヘリテイジ 2.75-18
ホイール周り
リア
PMC ソード・ヘリテイジ 4.50-18
サスペンション
フロントフォーク
OHLINS RWU
サスペンション
リアショック
OHLINS レジェンドツイン(KA131)
ステップ NITRO RACING Z1/Z2 バックステップKIT
ドライブシステム駆動系
*スプロケット、カバー含む
NISSIN クラッチマスターシリンダーキット (横型/タンク別体式)
PMC DRAFT BILLET フルカバータイプ 油圧クラッチボード
EK CHAIN EK530RCM(BK;GP) ドライブチェーン
ハンドル周りステアリング
*ステダン、ミラー含む
SCULPTURE φ43フォーク用ステムキットType1 フラットトップ仕様
DAYTONA 削り出しセパレートハンドル クランプ左右セット ブラック
DAYTONA 削り出しセパレートハンドル ストレートバー2本セット ブラック
SCULPTURE φ43フォーク用ステムキットType1 フラットトップ仕様
オイルクーラー NITRO RACING OILクーラーKIT 9インチ13段 フラットタイプ
シート DAYTONA RCM concept DAYTONA COZYシート



ACサンクチュアリー Z2(KAWASAKI Z2)
取材協力:ACサンクチュアリー(SANCTUARY本店) TEL04-7199-9712 〒277-0902千葉県柏市大井554-1
URL:https://www.ac-sanctuary.co.jp
2024年 3月 29日


【画像】ACサンクチュアリー(KAWASAKI Z2) (10枚)


情報提供元 [ ヘリテイジ&レジェンズ ]

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
 
       
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

カワサキ Z2(750RS)の価格情報

カワサキ Z2(750RS)

カワサキ Z2(750RS)

新車 0

価格種別

中古車 8

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

585.85万円

価格帯 440~880万円

諸費用

14.72万円

価格帯 10~27万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

600.57万円

価格帯 450~907万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す