ついにKTM450ラリーレプリカがフルモデルチェンジ

KTMは「KTM 450 RALLY REPLICA」のフルモデルチェンジを発表しました。

数々のラリータイトル獲得や勝利を収めてきたKTM450ラリーレプリカ、2020年から大きな変更はありませんでしたが、2025年モデルは多くのアップデートが施されることになるようです。

新エンジン・新フレーム・新フェアリング。そこに組み合わされたWP製の前後サスペンションなど変更は多岐に渡り、今までで最もファクトリーマシンに近いモデルとなっているようです。

最も大きな変更点は新たに設計された部分も含むエンジンでしょう。新設計のシリンダーヘッドや強化クラッチ・強化ギアボックスが組み込まれ、よりパワフル、より高い信頼性を得ています。ラジエターもシングルではなくダブルとなり、より高い冷却性能を獲得。新設計のフレームは、以前のフレームと比べてより高い弾性を得ながらも直進安定性などを確保しています。またスイングアームも新設計され中空ダイキャストアルミニウム製で製作されています。

→全文を読む

情報提供元 [ Off1.jp ]

この記事にいいねする


コメントを残す