“未然修理”と消耗品の見極めで良好さをキープする

キリッとした立ち姿が印象的なローソンレプリカ=Z1000R1。あまりのきれいさに、最近作られた車両のような印象も抱いてしまう。だが、手を入れてきたm-techの松本さんに聞くと、元々所有していた30年ほど前からフレーム単品にしたこともないのだという。ゲイルスピード・クラッチホルダーやオーリンズリヤショックこそ新しく付けられたものだが、他のパートはかなり早い段階で手を入れて今に至るという。

「18歳で手に入れて、鈴鹿サーキットを走ったりレースに使ったりしていましたが、お店(m-tech)を開く時に知り合いに買ってもらいました。それ以来、だいたい私の目の届くところにあります。最初にリフレッシュをして、いい状態を維持しています。外装も当初のままなんです」ということで、ここまでにエンジンは2度オーバーホール、メインハーネス交換も2回と、途中の大物パートリフレッシュも都度、行われてきた。

エムテック Z1000R 車両作りの巧者が要所を抑えて維持させる快走カスタム

ただ、もう一度松本さんの言葉を振り返ると、多くの各部パーツは車両入手当初の頃のもの。どうやってこの状態を維持できるのだろう。撮影時に急に磨いたりしても、さすがにこうはいかない。

「当店では昔から“未然修理”と言っていて、消耗品も新品を10として、それが5くらいに減ったら換える、またはオーバーホールすることを推奨しています。それでも10が10に戻るのでなく9.5くらいに戻る感覚ですが、セッティングをしたりすることを考えれば9あたりは維持したいし(※編註:新品に近い状態でこそセッティングの効果があると解釈していい)、レーサーならば8で交換。ストリートでもせめて5、できればもう少し早めに行いたいですね。

そうでなくてもヘタリで違和感を感じるなら、その部分は交換するのがいいです。ステムベアリングやピボットベアリング、ホイールベアリングなどは乗った分だけ消耗しますし、これらは使用距離で管理します。加えて言えば、走るシチュエーションが広い場合、1台でツーリングも街乗りもスポーツ走行もとやるようなケースの方が、スポーツ走行だけのようにどれかひとつを行うものよりも消耗度は高い。あとは、オーナーさんと同じ視点に立って、同じように車両を見てくれる人にずっと面倒を見てもらうのも大事です」

松本さんは長年のレース経験や車両作りから、こうした要所を教えてくれる。新品・新車に近い状態でこそセッティングの効果があるというのもまさにその通りだし、維持したいのは新車の性能と考えれば、まったく無理はない。また松本さんはスズキ油冷車用のリバースエンジニアリングパーツ(絶版パーツ)の開発・販売を進めているが、それもこんな考えに基づいている。しかも劣化しやすく、それに気付きにくいワイヤ類から展開というのは、リフレッシュの大事さを深く知るからだ。車両作りのスペシャリストの好アドバイス。自分の車両にも当てはめて、ぜひ参考にしたいものだ。


Detailed Description 詳細説明


主なカスタム内容(KAWASAKI Z1000R)

エンジン
*エンジンカバー類含む
JB-POWER COSWORTH Φ73mm鍛造ピストンキット
YOSHIMURA ST-2カムシャフト
NGKパワーケーブル プラグコード
キャブ/インテーク MIKUNI TMRΦ38mmキャブレター
K&N ラウンドテーパー/ラバー 汎用エアフィルター
フレームスイングアーム J-Classic S1タイプスイングアーム
ブレーキ周り
*マスター含む
フロント
BREMBO レーシング ラジアル CNC ブレーキマスターシリンダー
AP RACING CP2696キャリパー
PMC S1-TYPE 330Φディスクローター
ブレーキ周り
*マスター含む
リア
AP RACING CP2696キャリパー
PMC S1-TYPE 250Φディスクローター
ホイール周り
フロント
DYMAG CH3(Hセクション) 鋳造マグネシウムホイール 3.00-18
ホイール周り
リア
DYMAG CH3(Hセクション) 鋳造マグネシウムホイール 4.50-18
サスペンション
フロントフォーク
JB-POWER/KYB Φ38mmスペシャルフロントフォーク
ステップ YELLOW CORN bRPステップキット
ハンドル周りステアリング
*ステダン、ミラー含む
GALE SPEED ワイヤークラッチホルダーキット
オイルクーラー SETRAB オイルクーラー13段
電装系 HY battEliiy Pシリーズ リチウムイオンバッテリー
PAMS MOSFET型レギュレーター



エムテック Z1000R(KAWASAKI Z1000R)
取材協力:m-tech TEL075-932-6677 〒612-8486京都市伏見区羽束師古川町174-3
URL:https://www.mc-m-tech.com/
2024年 3月 20日



情報提供元 [ ヘリテイジ&レジェンズ ] 【画像】エムテック(KAWASAKI Z1000R) (10枚)

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
         
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

カワサキ Z1000Rの価格情報

カワサキ Z1000R

カワサキ Z1000R

新車 0

価格種別

中古車 7

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

497.92万円

価格帯 269.35~768万円

諸費用

13.07万円

価格帯 9.36~19.66万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

510.99万円

価格帯 278.71~787.66万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す