モトレポートでは、試乗インプレの他に新車・中古バイク検索サイト「ウェビック バイク選び」に掲載されているバイクに関する情報を発信しています。

大容量パニアケースを装着して走るその姿は圧巻

昨年アメリカのレース主催団体「モトアメリカ」より開催された”キング・オブ・ザ・バガーズ”というレースをご存知ですか?
コークスクリューという名物コーナーで有名なアメリカ・ラグナセカサーキットで行われた、バガースタイルのハーレーとインディアンのみのレースのことです。

そもそもバガースタイルとは、大型のパニアケースを装着し、大陸横断のような超長距離クルージングをイメージさせるスタイルのことで、ハーレーのエレクトログライドなどが代表的です。カスタムとして楽しまれる際には極端に大きなフロントホイールとロングフェンダーを装着し、カスタムペイントで華やかに彩られるのが一般的で、サーキットを走るには真逆と言っていいほどのスタイルをしています。

そんなバガースタイルでロードレースをしてみようだなんて考えるところがアメリカ人らしいですが、いざやってみるとこれが世界中で大盛り上がり!
サーキットに似つかわしくない、パニアケースを付けた大柄なアメリカンたちが、フルバンクでコークスクリューを下っていく姿は正に圧巻。この様子をSNSにアップすると世界中で閲覧、シェアされ、2021年は正式にシリーズ開催することが決まりました。

今回ご紹介するインディアンのチャレンジャーは、キング・オブ・ザ・バガーズの初代チャンピオンである「タイラー・オハラ」氏が乗る「S&S Cycle Indian Challenger」を再現したレプリカカラーになります。
このキング・オブ・ザ・バガーズに参戦するインディアンは僅か2台でしたが、見事1、3位でフィニッシュという成績を収めました。

ただでさえ目立つスタイルに、キング・オブ・ザ・バガーズのテイストを足したオリジナルチャレンジャーはいかがでしょうか!?
↓こちらからキング・オブ・ザ・バガーズの様子もご覧いただけます!↓

Challenger Limited:スペックや新車・中古バイクはこちらから
Challenger Limitedのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Challenger Limitedの新車・中古バイク一覧を見る
インディアンのバイク一覧を見る

この記事にいいねする

コメントを残す

インディアン Challenger Limitedの価格情報

インディアン Challenger Limited

インディアン Challenger Limited

新車 0

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

325.6万円

価格帯 325.6万円

諸費用

10万円

価格帯 10万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

335.6万円

価格帯 335.6万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す