2013年からの国内向けCB400Fの同系で海外向けCB500がHORNETとして最新モデルで存続!

HORNETといえば、CB1000の最新モデルとしてリリースされ発売が待たれるNewネイキッド。
そのHORNETを名乗るミドルクラス、500ccツインが輸出向けに2024モデルが存在する。
ホンダ・ファンならエンジンの外観から、2013年以来スーパーフォアと併売されてきたCB400Fと同系の2気筒であるのがわかるはず。
最新NX400でも搭載されている、ロングラン・ツインだ。

海外とくにヨーロッパでは、500~600ccのミドルクラスが、ちょうど良いサイズとして大きなマーケットシェアを占めてきた。
とりわけA2ライセンスといった、日本で400cc以下の普通2輪運転免許のように中型向けで設定されている排気量ではなく35kW以下と出力でのリミットに対し、このCB500はホンダの主力モデルとなってきた。

→全文を読む

情報提供元 [ RIDE HI ]

この記事にいいねする


コメントを残す