欧州で登場したCB500ホーネットの400cc版「CB400F」が中国で発売。国内で発売される新型CBR400Rのネイキッド版だが、日本には導入されない。このように日本未発売のヨンヒャクが海外でリリースされるのは異例。その上級版として4気筒が控えていると予想されるのだ。

日本でスルーされたCB400Fが中国でモデルチェンジ、その意味とは?

中国でミドルクラスのスポーツバイクがブームになっている。カワサキのニンジャ400がヒットし、2023年に4気筒のZX-4Rも発売開始。現地メーカーがスポーツモデルを続々とリリースしている。

この勢いを証明するように、ホンダのCB400Fがモデルチェンジを敢行した。CB750ホーネット譲りの最新スタイルを持つストリートファイターで、日本では未発売となる。

CB400Fは欧州で2024年型として改良された2気筒ネイキッド=CB500ホーネットを400ccにスケールダウンしたモデル。CB500Fは、欧州版CBR500RとNX500の兄弟車で、共通の2気筒+スチールフレームを持つ。

日本では欧州500cc仕様を400cc化した新型CBR400RとNX400が2024年春からリリースされているが、ネイキッド版のみ導入が見送られた。

このように日本以外の国に向けてヨンヒャク仕様を開発し、発売するケースは非常にレア。400ccクラスは日本の免許制度が生んだ独自の排気量帯で、欧州では500~600cc帯、アジア圏では300cc帯がラインナップされているからだ。それだけ中国で400ccクラスの人気が高まっていることの証と言えるだろう。

CB400Fはかつて日本でも2013年から発売。フルカウルのCBR400R、アドベンチャーの400X(現NX400)の3兄弟を構成していたが、2016年型でCB400Fのみ絶版となった。

しかし、その後も中国では欧州のCB500FをベースにしたCB400Fを販売。CB500FがCB500ホーネットにモデルチェンジしたことに伴い、2024年型で同様の刷新を受けたのだ。

CB750ホーネット譲りの最新スタイルをゲット!

中国仕様のCB400Fを詳しく見ていこう。基本構成は日本で発売された2024年型CBR400RとNX400と同様で、新たにカラーTFT液晶メーターやトラクションコントロールを導入しているのも同じだ。

最大のポイントとなるのはスタイルだ。従来型は2017年型までの旧CB1000Rをイメージした外観だったが、新型は2023年に欧州でデビューしたCB750ホーネット譲りのデザインに刷新。よりシャープなストリートファイターのルックスを手に入れた。日本でも発売されれば人気が出そうだ。

2気筒の入門モデルに続いて、4気筒がスタンバイしている?

中国で発売されているCB400FやCBR400Rは現地で生産されているとの情報。これは現地生産することで関税を抑えた価格を実現することが狙いと見られる。

中国ではカワサキのニンジャ400がヒットしたが、価格は4万8900元(約104万円)と高額。これは輸入による関税が原因だ。一方、ホンダは現地生産によってCBR400Rを15万円ほど下回る価格で対抗している。

また、カワサキは2気筒のニンジャ400に続き、4気筒のZX-4Rも中国に導入。既存の日本ブランド4気筒車よりも安い6万9800元(約140万円)で、こちらも中国で注目されている状況だ。

今回、ホンダがわざわざ新型CB400Fを中国に投入したのは、人気のヨンヒャク市場で攻勢を仕掛けると同時に、その次の4気筒モデルを見越した動きなのかもしれない。2気筒のエントリーモデルとしてCB400Fを用意し、後に上級版で4気筒を販売するというシナリオだ。中国現地で4気筒を生産できれば、輸入販売のZX-4Rより安価に設定できるだろう。

さらにホンダの4気筒は500ccとの噂もある。だとするとZX-4Rに排気量で勝り、価格も安く設定できる可能性がある。そして日本にはぜひ4気筒の400cc版をリーズナブルな価格で設定してほしい。今回のCB400Fは、そんな未来を予感させる布石と言えるのだ。

CB400F[2024中国]主要諸元

・全長×全幅×全高:2080 × 800 × 1060mm 
・ホイールベース:11414mm
・シート高:789mm
・車重:190kg
・エンジン:水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ 399cc
・最高出力:44.9PS/9000rpm
・最大トルク:3.77kg-m/7500rpm
・燃料タンク容量:16.1L
・変速機:6段リターン
・ブレーキ:F=Wディスク、R=ディスク
・タイヤ:F=120/70ZR17、R=160/60ZR17

【画像】日本未登場の400cc版ホーネットが中国でデビュー! (11枚)

この記事にいいねする


コメント一覧
  1. 匿名 より:

    バイク大国、タイの免許制度も400までのが創設されたので、今後はタイ(およびASEAN)向けの400も増えるし、日本に来ないバリエーションやグレード、色もたくさんあるだろうね。

  2. GPX250Rii より:

    ワクワクがトマラネェー!!

  3. 匿名 より:

    タイの二輪免許に排気量区分できたんですか?
    私、タイの二輪免許持ってますが、排気量制限はないのですが。

コメントをもっと見る
コメントを残す

ホンダ CB400F (2013-)の価格情報

ホンダ CB400F (2013-)

ホンダ CB400F (2013-)

新車 0

価格種別

中古車 6

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

160.7万円

価格帯 34.8~418万円

諸費用

9.2万円

価格帯 6.29~10.63万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

169.9万円

価格帯 45.43~424.29万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す