レーシングマフラーの開発でおなじみ「TRICK STAR」が、カワサキ・ZX-4RRの排気量はそのまま、最高速度300km/hを目指すというチャレンジに挑戦しているのは既報の通り。このチャレンジのための「ZX-4RR ターボ」の実機が、先日開催された名古屋モーターサイクルショー会場にて展示されていた。前代未聞のプロジェクトへ挑むマシンをじっくりチェックしてみたい。

2023年7月に始動した新プロジェクト「ZX-4RR turbo project」

TRICK STARは2015年から、カワサキのスポーツモデルをベースにした最高速アタックを行ってきた。2015年には「H2R」で385km/h(実速352km/h)に到達、2020年には「ZX-25R」にターボを装着してメーター読み259km/h(実測250km/h)をマーク。いずれもマシンの限界を超えたチャレンジといえるが、さらに発表された新たな挑戦は、「ZX-4RR」にターボを装着して300km/h超えを目指すというものだ。「ZX-4RR turbo project」と銘打たれた今回のチャレンジは、2023年7月のZX-4RR発売と同時にスタート。そして試作1号機が今年3月完成、愛知県のスパ西浦モーターパークでシェイクダウンを開始した。

加圧時は約180PS発揮を狙う!? STDから2倍以上のパワーが目標

今回展示されているのは、そんな完成したばかりの試作1号機。タービンは自動車用の大、中、小のうち、中を使う仕様で、現状は後輪出力80PSを計測。これはスタンダードのZX-4RRのラムエア加圧時の出力と同じ。このままでは300km/hを発揮するのは不可能だが、のちにはブースト圧を上げ、最終的に1.0khpを目指している。ブースト圧は0.1khpで約10PSのパワーアップを見込めるというから、なんと目標は約180PS! スタンダードの2倍以上の出力を絞り出そうというのだ。

前回のZX-25Rターボのチャレンジにおいては、2021年7月のスタートから、クラッチ滑りやエンジンブローといったトラブルを乗り越えつつ、250km/hの記録達成まで1年半の歳月がかかっている。そのノウハウを活かしつつ、ZX-4RRターボにも現段階から更なる改良が続く見込みだ。新たな伝説に向けて挑戦は続く。

ブースにはTeam KWTのマシンや新製品も展示

ブースにはこのZX-4RRターボの他にも、TRICK STARが送り出す様々な製品が展示されていた。その中にはFIM世界耐久に挑戦中の「Team Kawasaki Webike TRICKSTAR」レース参戦機であるZX-10Rや、2024年型でフルモデルチェンジしたZX-6R適合の新型IKAZUCHIなど、ファン必見のマシンの姿も。レースでも活躍中のTRICKSTAR、今後もスポーツマシンのポテンシャルを120%引き出すプロダクツに期待は尽きない!

400ccで約180PS発揮を狙うトリックスターの「ZX-4RRターボ」!実車を確認 ギャラリーへ (10枚)

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
         
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

カワサキ ZX-4Rの価格情報

カワサキ ZX-4R

カワサキ ZX-4R

新車 36

価格種別

中古車 0

本体

価格帯 106.8~112.93万円

112.07万円

諸費用

価格帯 5.67~7.69万円

6.7万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 112.47~120.62万円

118.77万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ―万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

カワサキ ZX-4RRの価格情報

カワサキ ZX-4RR

カワサキ ZX-4RR

新車 41

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 110~117.7万円

116.45万円

諸費用

価格帯 5.67~10万円

6.9万円

本体価格

諸費用

本体

113万円

価格帯 113万円

諸費用

6.76万円

価格帯 6.76万円


乗り出し価格

価格帯 115.67~127.7万円

123.36万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

119.76万円

価格帯 119.76万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す