元気良さと壊さないためのバランスで長く使える作り

カスタムブームの頃からCB-F/Rチューニングを軸に活動してきた市本ホンダ。エンジンから車体、大物から細部まで、多くの手法を多くのステージで、たくさんのCB-F/Rに施してきた。そんな中で今注目したいのは、当時手を入れた車両の多くが今も現役で、輝きも損なわれていないことだ。この車両もそんな1台。年代を感じる部分も見られながら、しっかり走れている感じも伝わってくる。

「元々はフレームやエンジンなど、イチからパーツを集めていって組み上げたものです。オーナーさんは16歳で免許を取ってからホンダひと筋の人。免許を取ってからは最初がリード90(スクーター)で、ギヤ付きはCB250T、CBX400Fに乗ってヨンフォア(CB400FOUR)、そしてこのCB750Fって。

車両のコンセプトはロングツーリングから街乗り、それから峠にサーキットと、どの場面でも乗りやすいこと。そんな1台に仕上げました」(チームCB’s/故・市本さん。取材は2023年4月時点)。

フロントフォークや前後ホイールは途中で換わったとはいえ、基本の作りは製作時、つまり20年前を踏襲している。ブロスとVFR400R(NC30)混成のフロントフォークやレイダウンされたオーリンズリヤショックにウイリースイングアーム、サンスターディスク。

作られてから大きな仕様変更がないのは、ある意味でトラブルレス、そして定期的な整備もしっかりしていたのだと理解できる。こちらのページで紹介した同店製CB1100R(この車両は25年以上を経過して現役)とともに、製作時だけでなく時が経ってからも健在なのは好ましい。

Team CB’s CB750F 17インチCB-Fに必要な内容を初期段階で作り20年超え

ところで、このように20年単位で長くCB-Fに乗れていることには、もう少し理由があるはずだ。そのあたりについては「壊れないように作っているんですよ(笑)」と市本さんは言っていた。具体的には?

「車体はきちんと作っておけばだいたいは外からも手が入るし、ぶっちゃけ、何でも付けようと思えば付きます。電気もハーネスや点火系の交換など、アップデートしていけばいい。そうすると壊したくないのはエンジンですから、まず、どんな仕様にするかよく考えて作るんです。

パワーがほしいって、ただ排気量を上げていっても壊れたらダメだから、パワーと耐久性のいい案配のところを狙うんです。圧縮比を上げるとか面研とかもどっちもしない方向かな。無理させない。この車両の場合はワイセコ製ピストンを使って823ccで作っていますけど、CB-Fならこのあたりでも十分。宗一郎スペシャル(CB1100R)は1062ccをCBの一般的な上限と言われる1123よりも少し上の1139ccにしましたけど、レースでガンガン使うのでもないですし、使い方も分かっているから選んだ。

“ちょっと速くて壊れない作り”という感じにするといいですよね。今はとにかく壊れない作りが大事な時代になりましたから」

TOTにも長年の参戦経験があり、何をするとブローするかも知り、一方で手に入らなくなった純正部品をどう補うかにも腐心してきたCB’s。クランクシャフトへのジャーナルラッピングやピストン、ミッション系など摺動パーツへのR-SHOT表面処理。カムチェーンテンショナーまわりの対策品等、エンジンを組む時に考えられる壊れにくさへのポイントは以前にも多く教えてもらっていた。

そう、作る段階でしっかりした見通しを立てるのも、CB-Fに長く乗る秘訣。この車両は、それを実証してきた1台なのだ。


Detailed Description 詳細説明


主なカスタム内容(HONDA CB750F)

エンジン
*エンジンカバー類含む
WISECO ピストンキット φ65mm
キャブ/インテーク KEIHIN FCRφ37mmキャブレター
エキゾーストシステム TEAM CB'S ステンレスメガホンマフラー
フレームスイングアーム WHEELIE 7N01材 5角目の字断面スイングアーム
ブレーキ周り
*マスター含む
フロント
NISSIN ラジアルブレーキマスターシリンダー
SUNSTAR カスタムディスク
ブレーキ周り
*マスター含む
リア
SUNSTAR カスタムディスク
サスペンション
リアショック
OHLINS フルアジャスタブルショック
ステップ TEAM CB'S オリジナルステップ
ドライブシステム駆動系
*スプロケット、カバー含む
CHASE MOTORCYCLE フロントスプロケットカバー
ハンドル周りステアリング
*ステダン、ミラー含む
SANSEI RACING セパレートハンドル
YOSHIMURA デジタルマルチメーター
オイルクーラー M&S ラウンドオイルクーラー
外装 DAYTONA Aerovisor(エアロバイザー) スクリーン単体 クリアー
Blast Barrier(ブラストバリアー)/Aerovisor(エアロバイザー) 車種専用取付ステー CB750F
電装系 METAL GEAR WORKS 強化ジェネレーターキット



Team CB’s CB750F(HONDA CB750F)
取材協力:市本ホンダ(Team CB's) TEL0288-22-0594 〒321-1273栃木県日光市吉沢252
URL:http://www.nolimitjapan.com
2023年 10月 02日



情報提供元 [ ヘリテイジ&レジェンズ ] 【画像】Team CB’s HONDA CB750F (9枚)

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
         
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

ホンダ CB750Fの価格情報

ホンダ CB750F

ホンダ CB750F

新車 0

価格種別

中古車 20

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

181.81万円

価格帯 98~248.05万円

諸費用

11.95万円

価格帯 10~13.78万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

193.76万円

価格帯 108~261.83万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す