モトレポートでは、試乗インプレの他に新車・中古バイク検索サイト「ウェビック バイク選び」に掲載されているバイクに関する情報を発信しています。

街乗りメインにオススメのバイクをまとめました

ウェビックユーザーの情報を基に、シチュエーションごとにオススメのバイクが探せる、ウェビック バイク選びの「バイクライフからバイクを探す」。
今回は、「街乗りメイン」にオススメのバイクを、実際に乗っているユーザーの声と共にご紹介します!

街乗りメインにオススメのバイクとは?

バイクは機動性に富む乗り物ですので、街乗りや近場の移動にこそ真価を発揮できると思います。近年はツーリングとキャンプブームもあり、快適性や航続距離の長さ、スポーツ走行性の可否などが主たる評価点かと思いますが、改めて街乗りをメインにバイクを選んでみたいと思います。

街乗りでは機動性が大変重要です。幹線から狭い路地に入ったり、あらゆる障害物を避けなければなりません。買い物にも行きたいですし、駐輪場の利用も多くなります。そこで大きいバイクや重いバイクは持て余すので街乗りには向きません。軽くスリムなものが良いでしょう。

そして積載性も無視できません。街乗りで考えられるシーンは通勤、通学、そしてスーパーへの買い出しです。それらの荷物が簡単に乗ること、括り付けられることが街乗りでの使いやすさにつながります。

また足付き性も見逃せません。街乗りは発進と停止の繰り返しとなります。それを円滑に行うためには、足をラクに着地できることが条件です。

走行性能面では、車体が軽ければ機動性が良くなるのは必然ですが、見るべきはトルクです。トルクは加速力ですので、太ければ発進加速がラクに行え、アクセルを無駄に開けなくてもよい分、燃費も向上します。購入前にパワーカーブのトルクの山も確認してみてください。山の頂点が低回転域にあればそれだけ街乗りがしやすいといえます。

以上これらの条件を考えると、必然的に小排気量車が街乗り向けと言えます。特にスクーターは最高ではないでしょうか。しかしここではおしゃれさも加味したいと思います。街乗りですから多くの人とすれ違うので、せっかくならファッション感覚も取り入れたいですね。せっかく10万円単位のお金を払うのですから、ヴィトンなどに負けたくありません。むしろ街乗りだからこそおしゃれに気を遣い、ブランド物を買う感覚で選んでみると所有感も満たせるユニークなバイクが見つかると思います。

街乗りメインにオススメのバイクに乗るオーナーの声

実際に乗っているバイクが「街乗りメイン」にオススメと言うオーナーの声を一部ご紹介!
排気量ごとにピックアップしているので、ぜひバイク探しの参考にしてみてください!

街乗りメインにおすすめオススメの125cc以下のバイク

フルフェイスヘルメットを2個収納できる大容量ラゲッジスペースを備える。フロントインナーボックスにはシガーソケットがあり、スマホの充電が可能。実用性優先におすすめ。

購入動機・用途・比較車種 とにかく荷物が積めるスクーターを探していました。
お墓参りの時の仏花がすっぽり入るのには驚きました
比較車種はヤマハシグナス。
通勤、買い物、プチツーリング
長所・満足な点 急なアクセル操作は滅多にしませんが加速がいいです。
駐輪スペースが狭いんですが、水冷なのに、以前乗ってたJF04スペイシーより軽い!
短所・不満な点 ほぼないですが強いて言えば、真横から見たスタイル。
鳩胸みたいなデザインライン 鳩が胸を張ってるみたいなデザインが少し私的には残念です
これから買う人へのアドバイス 昨今の125クラスはほぼ国内生産されてないですが、
私のリードはクーラントポンプの初期不良で、クーラントが微量ですが漏れてました。勿論無償で交換してもらい購入して1年経ちましたが、不具合はそれだけです。
片道4キロほどの通勤では燃費は40km/Lですが
少し走れば46km/Lプチツーリング行けば50km/Lオーバーします。
この前も一年点検出しましたが、しっかりメンテナンスをしてもらい長く走りたいと思います

>>このMyバイクの詳細はこちら

街乗りメインにおすすめオススメの中型バイク(〜250cc)

コンパクトでおしゃれなイタリア車。実用性よりもおしゃれの比率が高いが、オプションでフロントとリアにキャリアが用意されているので、後付けで実用性をカバーできる。

購入動機・用途・比較車種 日本車は素晴らしいのですが何年も乗っていて良すぎて面白みがなくなってきました。
そんな時にベスパピクニックを見て一目ぼれしてしまいました。
日本車の値段の2倍くらいしますが可愛さと手間のかかるところがバイク好きにはたまりません。
長所・満足な点 人目を引く点と可愛さです。
年上の奥様から可愛いと言われます。
バイクに乗ってて可愛いと言われたのは初めてです。
また、自分でもバイクを可愛いと思ったのは初めてです。
日本車にはないイタリアンカラーで乗ってて気持ちが明るくなります。
短所・不満な点 分かっていたのですが荷物の積載が悪いです。
ベスパブランドにこだわってアクセサリーを揃えると非常に高くつきます。
あと、鉄スクーターですので手間を惜しむと錆びる点です。
走りはいたって普通で片持ちの車輪ですが何の違和感もありません。
燃費は30キロ/リットル位です。
ガソリンはハイオクですが7リットル満タンですのでレギュラーより40円ほど高いだけで気になりません。
これから買う人へのアドバイス とにかく可愛くて可愛がりたくなる大切に乗って維持したくなるバイクです。
街乗りでもツーリングでもよく声を掛けられます。
ちょい乗りを考えておられる方は日本車の方が無難に思います。

>>このMyバイクの詳細はこちら

街乗りメインにおすすめオススメの中型バイク(〜400cc)

三輪スクーターで、停車時に自動で車体を立てる機能を装備しており、足をつく必要がない画期的な仕様。シート下は約45Lの大容量。機動性は劣るものの、足つきなしの快適性が全てをカバー。

購入動機・用途・比較車種 スピードが出過ぎない車輌が欲しくて。
通勤使用。フロントの安定感。
長所・満足な点 高速での安定性ときたらリッターバイク並みですねぇ。特にフロントの落ち着きは輪っか2つのなせる技。市街地ですり抜ける際、左前の輪っかが縁石に擦ることがありちょっとナーバスになります。
見た目は自分にとってストライク。スクーター類で「かっけーじゃん」と思ったのはこいつの他にはXMAXとこの春ユーロで発売したフォルツァ750。
短所・不満な点 排気量の割にちょっと重いかな。部品点数多いので仕方ないけど。これなら400か500にして欲しかった。
ウインドシールドのプロテクション効果がもう少しあればなぁ。このままでも悪くはないんだけど。
これから買う人へのアドバイス 高速なんかで追い越す車が興味深げに観察してる事があるくらいへんちくりんな車輌なのでその辺りもご留意を。
市街地走行では判りづらいんですが高速だと明らかにXMAXより余裕ある走行感です。

>>このMyバイクの詳細はこちら

【バイクライフからバイクを探す】
街乗りメインにオススメのバイクを探す
普段使いに特化したバイクを探す
すべてのバイクライフからバイクを探す

この記事にいいねする

コメントを残す

ホンダ リード125の価格情報

ホンダ リード125

ホンダ リード125

新車 153

価格種別

中古車 53

本体

価格帯 25.5~33万円

31.48万円

諸費用

価格帯 4.11~4.52万円

2.52万円

本体価格

諸費用

本体

24.93万円

価格帯 16.8~37.8万円

諸費用

3.42万円

価格帯 4.9~29.03万円


乗り出し価格

価格帯 29.61~37.52万円

34.01万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

28.35万円

価格帯 21.7~66.83万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ベスパ Primavera150の価格情報

ベスパ Primavera150

ベスパ Primavera150

新車 51

価格種別

中古車 3

本体

価格帯 51.15~52.8万円

52.29万円

諸費用

価格帯 7.52~8.75万円

8.06万円

本体価格

諸費用

本体

41.31万円

価格帯 32.2~46.09万円

諸費用

2.96万円

価格帯 2.86~7.41万円


乗り出し価格

価格帯 58.67~61.55万円

60.36万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

44.28万円

価格帯 35.06~53.5万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ヤマハ トリシティ 300の価格情報

ヤマハ トリシティ 300

ヤマハ トリシティ 300

新車 51

価格種別

中古車 2

本体

価格帯 84.3~95.7万円

90.89万円

諸費用

価格帯 6.3~8.66万円

5.75万円

本体価格

諸費用

本体

72.3万円

価格帯 64.8~79.8万円

諸費用

6.05万円

価格帯 5.4~6.71万円


乗り出し価格

価格帯 90.6~104.36万円

96.64万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

78.35万円

価格帯 70.2~86.51万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す