2輪メーカーとして長い歴史を誇る「ホンダ」。2020年にラインナップされているホンダの車両には、脈々と受け継がれるスピリッツが宿っている。

日本のみならず、海外でも大ヒットを飛ばし累計生産台数1億台を超えた「スーパーカブ」。ハイスピード時代の幕開けを飾り、量産4気筒モデルとして世界をアッと驚かせた「CB750Four」。超軽量スーパースポーツとしてSS(スーパースポーツ)という言葉のきっかけとなった「CBR900RR」。

Webモーターサイクルショー会場では、そんなホンダスピリッツを受け継いだコンセプトモデル・市販予定モデル・最新ラインナップを交えてご紹介します。

【コンセプトモデル】CB-Fコンセプト


CB-Fコンセプト(ワールドプレミア)

見つめ直したCBの価値を新世代のCBへ

2019年にCB生誕60周年の節目に、Hondaとして改めてCBの歴史を振り返り、"守り抜く事・変革する事"を徹底的に議論した結果生まれた一つの「提案」。

デザインモチーフは北米などのレースシーンでも活躍し、日本発のグローバルモデルとして「CB」を盤石なものとした「CB750F(輸出モデル:CB900F)」となっており、998cc直列4気筒エンジンと軽量高剛性な高張力鋼モノバックボーンフレームに、アルミ製の軽量片持ちスイングアーム「プロアーム」を装備する。

【市販予定車両・市販車両】CBRシリーズ


CBR900RRの誕生から連綿と受け継がれる「R」のスピリッツ。レーシングマインドを受け継ぎつつ、ユーザーが操りやすく楽しめる特性を目指して開発されてきた。

2020年に発売される「CBR1000RR-R」は、その路線から飛び立つようにレーシングコンセプトを一段と高めつつ開発。新たなSSの時代を切り開こうとしている。

CBR1000RR-R FIREBLADE・FIREBLADE SP

CBR1000RR-R FIREBLADE SP

CBR1000RR-R FIREBLADE

CBR650R

CBR400R

CBR250RR

■CBR250RRは新色のパールグレアホワイトが追加。(7月中旬発売予定)

【市販予定車両・市販車両】CBシリーズ


1959年に誕生した「ベンリィCB92スーパースポーツ」を祖にしたCBシリーズ。誕生から60周年を越えてなお、ホンダの中核ブランドとして世界中で愛されている。

ホンダの国内フラッグシップモデルとして長い歴史を誇るBIG ONEことCB1300SFは往年のカラーリングが新登場。またCBシリーズのネオクラシックモデルも充実。CB650Rにはモリワキのカスタマイズパーツを装着したモデルが発表された。

CB1300 SUPER FOUR・SP

CB400 SUPER FOUR

CB1100RS

CB1000R

CB650R

■CB650Rカスタマイズパーツ装着車

CB250R

【市販予定車両・市販車両】カブシリーズ


世界中で愛されるスーパーカブシリーズ。2020年の目玉はなんといっても、新時代によみがえったCT125・ハンターカブだろう。6月に発売されるニューモデルは往年のCTのデザインを踏襲しつつ、スーパーカブ C125をベースに大きく進化している。

また、CT125のカスタマイズパーツ装着車も発表されており、アンダーガードやカスタムサスペンションなど、さらにオフロードイメージを高めたものに仕上がっている。

CT125・ハンターカブ

■CT125カスタマイズパーツ装着車

スーパーカブC125

■C125は新色のパールシャイニングブラックが追加。(7月発売予定)

【市販予定車両・市販車両】その他国内モデル

CRF1100L Africa Twin・Adventure Sports

■CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES<s> 電子制御サスで前後サスペンションストロークを伸長し、オフロード走破性をより追求

■CRF1100L Africa Twin<s>スタンダードモデルに前後サスペンションストロークを伸長し、オフロード走破性をより追求

ADV150

Rebel 500

Rebel 250

■純正アクセサリー装着車のRebel 250 S Editionが発売

コメントを残す