モトレポートでは、試乗インプレの他に新車・中古バイク検索サイト「ウェビック バイク選び」に掲載されているバイクに関する情報を発信しています。

サウンド重視で探したい人にオススメのバイクをまとめました

ウェビックユーザーの情報を基に、シチュエーションごとにオススメのバイクが探せる、ウェビック バイク選びの「バイクライフからバイクを探す」。
今回は、「サウンド重視で探したい人」にオススメのバイクを、実際に乗っているユーザーの声と共にご紹介します!

サウンド重視で探したい人にオススメのバイクとは?

バイクの魅力といったら、走り、見た目、そして"音"ですよね。良い音を追求したいからこそ、アフターパーツメーカーから様々な特性を持ったマフラーが販売されています。バイクを買ったら真っ先にマフラーを交換する人も多いのではないでしょうか。

そんなバイクの"音"は大きく2種類あると思います。一つは太鼓のような鼓動音、もう一つはサイレンのように連続して鳴り続ける保続音です。エンジンは爆発を繰り返していて、それが排気音の主成分。単気筒、と2気筒は爆発の間隔が開いているので、1発ごとの爆発音がはっきりと聞こえます。この音は、例えるなら太鼓の連打。音というよりもリズムです。しかしリズムはライダーをノらせます。ドラムセットのビートが効いた音楽と一緒ですね。単気筒や2気筒はライダーがノリノリになるため、乗れば乗るほど楽しさが増すのだと思います。

一方、保続音として聞こえるのが3気筒以上のマルチシリンダーです。爆発間隔が短くなるので、1発ごとの爆発音は聞き取りができなくなり、連続した音として聞こえます。そうすると打楽器以外の楽器や声と同じですね。高回転で回せば高い声が出ます。その音は澄み切ったものほど感動を覚えると思います。典型的なのはV10エンジン時代のF1。2万回転近くまで回る高音をテレビで聴いていても脳髄が痺れたと思います。3気筒や4気筒は脳の芸術感性に作用するため、回せば回すほど酔いしれるのだと思います。

バイクの音には鼓動音と保続音の2種類があると分析しましたが、感じ方と魅力の取り方は人ぞれぞれです。感性の部分になるので、確固たる答えはありません。ひとつ言えるのは音がないと寂しいということです。これからはEVの時代となり、内燃機関は肩身が狭くなります。将来は、モーター音の良し悪しを語るようになるのでしょうか。官能的なエンジン音が聴けるのは今のうちです。

サウンド重視で探したい人にオススメのバイクに乗るオーナーの声

実際に乗っているバイクが「サウンド重視で探したい人」にオススメと言うオーナーの声を一部ご紹介!
排気量ごとにピックアップしているので、ぜひバイク探しの参考にしてみてください!

サウンド重視で探したい人にオススメの250c以下のバイク

250cc特有の「カーン」という乾いた高音が脳髄に直接作用し快感物質がどっぱどっぱ出る。大型の4気筒では速度域も含めて、25Rのように気軽に音を楽しむ事は難しい。

購入動機・用途・比較車種 息子と共有しようと考えて購入して預かってるうちにカスタムしてしまった(笑)!
長所・満足な点 近隣県程度の日本の道を走行するには、最高に丁度良いサイズ!加速力、最高速、峠道、どこでも全開出来ます(笑)フル加速だ!っと出だしエンジン音でかなり出てる感!しかし、メーターは法定速度内!これは事故無縁、法定内で楽しめての大笑い出来る事です~(^^♪
短所・不満な点 燃費が問題視されてますが、ハイオクで全開走りでも20km前後なんで◎だと思います!で、乗るたびに大笑いの連続で精神的に健康にしてもらえてるので、特に見当たりません。
これから買う人へのアドバイス SSをイメージされたり、リッターの最高峰のパンフを穴があくまで見ている方には、まったく不向き(笑)これは250cc青春の良き日の再来、をイメージしてもう一度あの頃に!当時、250ccこんなんやったよな!って思ってみえる方には、超々おススメの一品!私のように走れば走るほど笑えて先進技術ってこう来るかを体験出来ると思います。高いおもちゃですが、精神衛生上、最高(爆笑)~♪

>>このMyバイクの詳細はこちら

サウンド重視で探したい人にオススメの大型バイク(〜1000cc)

765cc3気筒エンジンを搭載。アイドリング時の「ビュー」っという音、そしてアクセルを開けた際の「ウォーン」という独特の雄叫びは病みつき。765ccなので日常領域でその音を楽しめる。

購入動機・用途・比較車種 CBR650Fに乗っていたがタイヤをロッソコルサ2に変えたことで足付きが悪くなったほか、車重が重く、乗るのが億劫となった為入替を検討
シート高、車重が改善し純正タイヤがロッソ3ともあり乗り換えました
長所・満足な点 絶賛慣らし運転中ですが走りに於いてCBR650Fを遥かに上回る性能があります!
またブレーキも純正でブレンボのラジアルマウントキャリパーを装備しており必要以上にブレーキを効かせられます
行ったことはないですがディーラーの方曰くRグレードでもフルノーマルでサーキットでそこそこ走れるとのことでしたがまさしくその通りです(納車前はノンカウルモデルなのに何を言ってるんだ?と思ってました)
特にコーナリング時の素直さに感動しました。具体的にはヒラヒラ倒れ、視線を向けた先に勝手にバイクが向かってくれます(全開走行はしないので素人な感想です)
短所・不満な点 サーキットもそこそこ走れると書きましたが行くならブレーキが効きすぎ調整がしにくいためラジアルマスターへ改修は必須です(サーキット行くならRSモデル推奨)
普段は気にならないがマフラー等の溶接部について盛り付け精度が不揃いとなっており国産バイクの細部の仕上がりの良さに気付きました
他これも外車特有の問題と思われますが1000kmまでは慣らし運転とし、回転数は3500km/rpmまでの縛りを受けます。
前車CBRはディーラーの方から「慣らし運転は500km、回転数縛りは無くゆっくり高回転まで回すのは全然OK」と記憶してる為そこでも国産バイクの出来の良さを実感しました
これから買う人へのアドバイス 契約前にディーラーの方から事前に説明がありますがメンテの場合に1ヶ月預かる場合がある、整備費用(手間賃)は国産ディーラーとそこまで変わらないが部品代は国産車の1.3〜1.5倍掛かるので覚悟して下さいと言われました
なにかあれば追記します

>>このMyバイクの詳細はこちら

サウンド重視で探したい人にオススメの大型バイク(1001cc以上)

大排気量の水平対向2気筒エンジンは「ボロロロ」という独特の音を持つ。軽飛行機に似た感覚を味わえ、巡行がとても気持ち良い

購入動機・用途・比較車種 長らく愛車だったZ1000が11年目を迎えて、本腰入れて維持するか買い替えるか悩んだ末に。
比較車種
Z900 ZH2 MT-09 MT-10 GSX-S1000SKATANA CB1000R
長所・満足な点 アップライトなポジションとコシがあるけど柔らかい素材のシートでお尻が痛くなりにくく、乗っていてとにかく楽。
その一方でアクセルを大きく捻れば蹴られたように加速する動力性能と
ドッシリした見た目に反した軽い倒し込みで、峠道も楽しめます。
そして20km/lを超える燃費で航続距離はワンタンク400kmに迫ります。
蛇足ですが駐輪場で車種が被ることはまずありません。
短所・不満な点 重心の低い水平対向エンジンとは言え装備重量248kgの取り回しに苦労します。
初心者にも勧めるインプレもある中、これは相当愛が要るでしょう。
スマホとBT接続しBMWアプリと連携できますが、2021年時点で本邦の地図情報がないためナビ機能は使用できません。(それでも航続距離と残燃料がスマホで観れるのは便利)
あと、トリップメーターのリセットに操作が多く少々手間に感じます。
サイドスタンドは国産車と比較して傾きが浅く止める場所に気を遣います。
これから買う人へのアドバイス 納車後に気付いたのですがネジ類はすべてトルクスです・・・
外車の性なのかブレーキダストがかなり多いので乗ったらお手入れしてあげましょう。
なお、バイク本体に積載性は殆どありません。

>>このMyバイクの詳細はこちら

サウンド重視で探したい人にオススメの大型バイク(1001cc以上)

独国某P社のカエルに似た車と同じエンジン形式。回すと図体に似合わない高性能スポーツカーの咆哮が出る。

購入動機・用途・比較車種 モデルチェンジして、かっこよくなったので。
長所・満足な点 5ヶ月間乗ってみての感想。言い尽くされてるかもしれないが低重心で低速域でも高速域でも安定している。当たり前だがギヤチェンジがお上手。ゆったり走りたい時はecoモードでその手のバイクになるし、sportsモードだと一般人の私には手に負えないくらいのモンスターに豹変する。DCTがNM4-02より洗練されている。峠でブレーキを踏むと的確にシフトダウンする。必要のないシフトダウンを感じたことはない。7速からでも瞬時に加速するトルク。シフトダウンレバーを押してスロットルを開けると、後ろのアウディもすぐミラーからいなくなる。高速道路では普通に走ると2000回転くらい。3000回転超えると、別のバイクになった様な錯覚を覚える。それ以上は前を見ていないと怖いので4000とか5000とか確認できないビビリの自分。...
短所・不満な点 不満ではないが、キャラが急変するのでスポーツモードは怖くて使ってません(何度か使ってみました。やっぱり怖いです)。公道では必要ないかも?かと言ってタイヤ変えてサーキットに行くバイクではないですが。年配の、車に乗っている紳士に何ccと良く聞かれた。400kmくらいぶっ通しで走ると、MN4-02よりも少し腰が痛くなります(バックレストで解消しました)。走っている時はまさに黄金の翼が生えたような機敏さですが、停めているとき、まだメインスタンドがかけられません。短所というより、自分のせいです。...
これから買う人へのアドバイス 目を三角にしないで、ゆったりと長距離を楽に移動したいかたにはおすすめです。あと、取り回しに力を使いたくないかたにも。ゆっくり走ってるとどんどん追い抜かれますが、本当は、乗れる人が乗ればかなり速いと思います。退屈と思われているのかもしれませんが、マニュアルモードを駆使して走る技を身につければかなりの刺激があると思います。「人生に、Dreamを」の言葉に後押しされたら...

>>このMyバイクの詳細はこちら

【バイクライフからバイクを探す】
サウンド重視で探したい人にオススメのバイクを探す
個性的なバイクから探す
すべてのバイクライフからバイクを探す

この記事にいいねする

コメントを残す

カワサキ ZX-25Rの価格情報

カワサキ ZX-25R

カワサキ ZX-25R

新車 161

価格種別

中古車 75

本体

価格帯 78.9~93.5万円

90.32万円

諸費用

価格帯 3.5~7.89万円

4.53万円

本体価格

諸費用

本体

84.87万円

価格帯 73.4~107.8万円

諸費用

5.7万円

価格帯 2.2~5.6万円


乗り出し価格

価格帯 82.4~101.39万円

94.85万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

90.58万円

価格帯 79~110万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

BMW R1250Rの価格情報

BMW R1250R

BMW R1250R

新車 2

価格種別

中古車 0

本体

価格帯 195~202.1万円

198.55万円

諸費用

価格帯 14.35万円

14.35万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 209.35~216.45万円

212.9万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ―万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ ゴールドウイングの価格情報

ホンダ ゴールドウイング

ホンダ ゴールドウイング

新車 0

価格種別

中古車 10

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

281.76万円

価格帯 153.78~418.04万円

諸費用

29.17万円

価格帯 7.04~64.12万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

310.94万円

価格帯 217.9~425.08万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す