史上最強400ccレプリカはRC30→NC30と同じく
RC45→NC35でペア開発

隆盛を極めたレーサーレプリカも、1990年代に入るとあまりのエスカレートぶりにユーザーが追従できず、徐々に下火になりはじめていた。
そんな終焉期だからこその集大成マシンをホンダが1994年にリリース!
車名も「RVF」と排気量を表示しない「ワークスマシン」そのものを連想させる勢いに溢れていた。

400ccクラスへ初のV型4気筒、VF400Fを投入したのは1982年。
2気筒と同じスリムさ、しかしシリンダーがV字に前後へ展開するフォルム、さらにはスポーツバイクを操るカギとなるスロットル・レスポンスや、トラクションとして旋回加速を強める実質トルクの特性など、はじめてならではの課題から従来のインライン4(並列4気筒)との違和感が先行、すぐには認められにくいデビューだった。

そこから1986年にレース・シーン人気の波に乗り、カムギアトレーンのレース技術を投入した先鋭化マシン、VFR400Rで一躍表舞台の主役に。
ワークスマシン参戦、750cc制覇に続き400ccでもV4強しのイメージが浸透し、そこへVFR400Rがいかにもレーシングマシン然とした仕様でリリースされた。

→全文を読む

情報提供元 [ RIDE HI ]

この記事にいいねする


コメントを残す

ホンダ RVF400の価格情報

ホンダ RVF400

ホンダ RVF400

新車 0

価格種別

中古車 11

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

161.14万円

価格帯 119~215万円

諸費用

13.52万円

価格帯 5~7.64万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

174.66万円

価格帯 126.64~220万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す