ブラックのボディカラーに映える足まわり&マフラー選択

フルブラックのボディやフレーム、エンジンまわりにホワイトのホイールを履くことで、カワサキZ900RSの持つネイキッドらしい点をうまく引き出した印象のある1台。Z900RSを多く手がける0024ワークスによるものだ。同店で多いのはアメリカンドリーム製カフェレーサーカウルキットをやや低くマウントし、セパレートハンドルを組み合わせるというものだが、このようにシンプルなネイキッド仕様もきっちりまとめるのも得意。そのあたりの勘どころを0024ワークス・大西さんに聞いた。

「これはもう、単純に“ネイキッドスタイルがいい”というお客さんのオーダーというか希望を、話を聞いてまとめたものです。ネイキッドと言ってもハンドルの位置やシートの形、全体的な印象などは本当にさまざまあります。それを、お客さんがどんなイメージを持っているのかとか、どんなものが好みか、例えば色だったり形だったりとかを聞きます。そうすると私の方でだいたいの形がまとめられますから、そこから提案をしていきます」

0024ワークス Z900RS ネットワークも広い視野も活用して楽しむ

大西さんはパーツ個々に対しても色や形の組み合わせといった引き出しを持っていて、それも提案に加える。お客さんにとってはまとめにくい要素が次々と具体的な形で現れるから、詰めもしやすくなるというメリットも出てくる。

「この車両でも(他の0024ワークス・Z900RSのお客さんの多くと同じく)メーターパネルやトップブリッジカバーを換えています。カウルありかなしかを始め、何を選ぶかは本当にお客さんの好み。Z900RSはそのどちらにも振れますから、どちらを選んでもいいんです」と大西さん。ベースの持つ自由度の高さを受け入れつつ、個性を発揮する視野。それに多くのパーツメーカーのリリースにしっかりアンテナを張るネットワーク。その組み合わせが、うまく機能しているということだ。


Detailed Description 詳細説明

0024ワークス Z900RS ネットワークも広い視野も活用して楽しむ

メーターパネルは純正のブラックからホワイト化し、左の速度計にRS、右のエンジン回転計に900/DOUBLE OVERHEAD CAMSHAFTの文字が入る。ハンドルはハリケーン・セパレートで、0024ワークス製Z900RSトップブリッジカバーを追加。フロントマスターは純正でクラッチホルダーはコーケン製とし、ともにレバーをEFFEXに変更、右にはヨシムラ・レバーガードを追加。グリップは左右ともdomino製だ。



0024ワークス Z900RS ネットワークも広い視野も活用して楽しむ

ダブルタイプのシートはオリジナルでホワイトステッチをアクセントにしたタックロールタイプに。テールランプもZ2タイプに変更済み。



0024ワークス Z900RS ネットワークも広い視野も活用して楽しむ

エンジンはZ900RSノーマルで、エンジンスライダーやラジエーターコアガードがヨシムラ、フレームスライダーはビート。アメリカンドリーム・Z900RSカーボンインジェクションカバー・綾織りでアクセントを付ける。マフラーは撮影時はSCプロジェクト製スリップオンとなっていたが、現在は他のパーツに合わせてヨシムラとのこと。ステップキットはヨシムラX-TREAD、フレームプラグもヨシムラだ。



0024ワークス Z900RS ネットワークも広い視野も活用して楽しむ

φ41mm倒立のフロントフォークやブレーキまわりは純正で、前後ホイールを3.50-17/6.00-17サイズのゲイルスピード・TYPE-GP1Sに換装。



0024ワークス Z900RS ネットワークも広い視野も活用して楽しむ

片押し1ピストンのNISSINキャリパーやリヤディスク、ホリゾンタルバックリンク式のリヤショック&スイングアームはそれぞれ純正のままだ。


主なカスタム内容(カワサキZ900RS)

エンジン
*エンジンカバー類含む
YOSHIMURA レーシングスライダーキット「PRO SHIELD」
YOSHIMURA ラジエターコアプロテクター
エキゾーストシステム SC-PROJECT S1-GP スリップオンサイレンサー&フルチタンリンクパイプ
フレームスイングアーム BEET マシンプロテクター
YOSHIMURA フレームキャップ Z900RS(18-22/23)、Z900RS CAFE(18-22/23)
ホイール周り
フロント
GALE SPEED 【TYPE-GP1S フロント】アルミニウム鍛造ホイール 3.50-17
ホイール周り
リア
GALE SPEED 【TYPE-GP1S リア】アルミニウム鍛造ホイール 6.00-17
ステップ YOSHIMURA ステップKIT X-TREAD
ハンドル周りステアリング
*ステダン、ミラー含む
0024WORKS トップブリッジカバー
コーケン クラッチホルダー
EFFEX スムースフィットレバー
YOSHIMURA ブレーキレバーガード
domino レースタイプ グリップ
シート 0024WORKS オリジナルシート(タックロール)
外装 AMERICAN DREAM インジェクションカバー(綾織り)



0024ワークス Z900RS(カワサキZ900RS)
取材協力:0024Works TEL080-6350-5063(担当・大西さん) 〒938-0054富山県黒部市岡362-3-2
2022年 8月 29日



情報提供元 [ ヘリテイジ&レジェンズ ]

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
         
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

カワサキ Z900RSの価格情報

カワサキ Z900RS

カワサキ Z900RS

新車 97

価格種別

中古車 115

本体

価格帯 143~228万円

153.17万円

諸費用

価格帯 9~11.85万円

7.05万円

本体価格

諸費用

本体

131.76万円

価格帯 99.9~235.5万円

諸費用

17.11万円

価格帯 9.61~21.61万円


乗り出し価格

価格帯 154.85~237万円

160.22万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

148.87万円

価格帯 121.51~245.11万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す