日本に新たなクルーザー・ライフを提案するヒョースンから、本格クルーザーのフィーリングが楽しめるVツイン250ccエンジンを搭載した話題のクルーザーが登場!

【PR】ヒョースンモーター・ジャパン

250ccとは思えない迫力ある存在感が魅力

新型のGV250DRA、とにかく目を引くのは既存のGVシリーズとはひと味違うモダンなスタイリングだ。しかも大容量18Lタンクを備えたことで250ccとは思えない存在感を放っている。ただ跨って驚くのは、その迫力とは裏腹にコンパクト目に設定されたポジション。“足着きはいいんだけど腕が伸びきってしまって…”なんてことが、このGV250DRAに限ってはなさそうだ。

走りはモダンな外観どおりスポーツ路線。高めの最低地上高210mm、太めの17インチフロントタイヤ&倒立フォークは伊達ではなく、軽快にコーナーを駆け抜けてくれる。

250ccクラスということで高速道路も走ってみたが、DOHCを採用したV型2気筒エンジンは、今回のモデルで6速化されており巡航性能も十分。大容量18Lタンクと相まってどこまでも走っていけそうだ。

ヒョースン GV250DRA

ヒョースン GV250DRA

ヒョースン GV250DRA

クルーザーの鼓動が味わえるVツインエンジンと高めの最低地上高で、バイク本来のスポーツ走行も堪能できる。

スタイリング

ヒョースン GV250DRA

ヒョースン GV250DRA

ヒョースン GV250DRA

太めのタイヤとスタイルでクルーザーというジャンルながら、250ccという扱いやすさと172kgの軽量な車重が街乗りからロングツーリングまで快適に楽しめる。

【主要諸元】■全長2200 全幅840 全高1125 軸距1460 シート高750(各mm) 車重172kg ■空油冷4ストDOHC 75°V型2気筒249cc 26.9ps/9000rpm 2.12kg-m/8500rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量18L ブレーキF=φ300mmディスク R=φ270mmディスク タイヤサイズF=120/80-17 R=150/80-16

POSITION&FOOTHOLD ※ライダー172cm 75kg

ヒョースン GV250DRA

シート高は750mm。クルーザーなので数値だけ見ると高めな印象を受けるが、シート形状などの設計により足着き性はよくライダーを選ばない。ポジションもコンパクトめで扱いやすく、ハンドルとシートの距離も快適なのだ。

ディテール

ヒョースン GV250DRA

オイルクーラー付きの挟角75°空冷DOHCのエンジンは、歴代ヒョースンモデルに搭載され熟成を重ねており、250ccながら本格的な鼓動感が楽しめる。

 

ヒョースン GV250DRA

17インチ&幅120mmの太めのタイヤと倒立フォークの組み合わせで、クルーザーながらストリートからスポーツ走行まで幅広いシーンで走りを楽しめる。

 

ヒョースン GV250DRA

丸目一灯のヘッドライトの光源は玉切れの心配がないLED。フェアリングとプロジェクタータイプのレンズのデザインが現代的なスタイルをまとめている。

 

ヒョースン GV250DRA

扱いやすいマルチユースなテーパーハンドルはコックピットとともに黒で統一。LCDメーターはギアポジション表示しサイドにはUSBソケットも備えている。

 

ヒョースン GV250DRA

18Lが確保された大容量タンク。メーカーによれば燃費は約28km/Lとのことで、ワンタンクで約500kmも走ることができる計算になる。

 

ヒョースン GV250DRA

ガンファイターシートは前目にセットされており、日本人には嬉しいコンパクトなポジション設定に。あらゆるシーンでオーナーの使い勝手に順応する。

 

ヒョースン GV250DRA

跳ね上がったフェンダーレス風のテールカウル&ナンバーステーのデザインがストリートモデルの印象を強めている。さらにウインカーにもLEDを採用。

 

情報提供元[ ヒョースンモーター・ジャパン ]

この記事にいいねする


コメント一覧
  1. まる より:

    誰も待ってねーよw

  2. 匿名 より:

    LEDは玉切れしない…わけではないです。基盤が焼けたりするので。

  3. 特命課長 より:

    ヒュースンを購入する人って
    余程の物好きか変態か(笑)
    在日○国人さんくらいかな?

コメントをもっと見る
コメントを残す