コロナ禍の物流停滞や後の半導体不足によってバイクの新車供給が不安定になって久しいが、ついに新車供給が好転傾向にあることがわかった。また、新作のホンダCL250とカワサキ エリミネーターの受注が好調。新型の登場によって生産が再開された人気車GB350も供給が増える見込みだ。

 こうした新車供給の安定により、高値安定だった一部の中古車価格が下落傾向となっている。人気バイクの新車&中古車事情を探ってみた。

文/ベストカー編集部、写真/ホンダ、カワサキ
※当記事は2023年6月28日に「ベストカーWeb」に掲載されたものです。

レブレ250は夏頃からフル生産で買いやすくなる見込み

 本誌調査によると、大ヒットモデルであるホンダのレブル250、およびCT125ハンターカブの生産体制が好転するようだ。

 レブル250は、部品供給不足や、排ガス規制対応の準備などの要因から、2022年に一時供給停止。その後、2022年12月に排ガス規制に対応した新型が発売され、順調に供給されていた。

 4月のリコール対策で供給がストップしたが、夏ごろにはフル生産で遅れを取り戻し、販売が大幅に回復するという情報だ。

 現行レブルは2022年12月に発売され、国内における年間の販売計画台数は1万7000台。昨年の販売台数は約1万台、2017年の発売から最もセールスが多かった2020年でも約1万4000台だっただけに、いかに本気の供給体制かがわかる。

 なお人気モデルは出荷制限(販売店ごとの台数割り当て)があるのが普通だが、レブルにはなく、今後かなり買いやすい状況となるだろう。

 また、中古価格も下落傾向だ。品薄で新車が入手しにくく、中古車に一時80万円近い値がついた(新車価格は61万500円)。しかし供給が安定し、5月には中古価格が平均60万3800円まで下落している。

レブル250の新車供給が安定し、中高相場にも影響。5月には、ついに新車価格を下回る「正常化」に転じた。 ※グラフは「Webikeバイク選び」提供

2017年のデビュー以来、126~250ccクラスのベストセラーに君臨しているレブル250。シンプルながら洒落たスタイルと抜群の足着き性などで人気を博す。2023年はいよいよ手に入りやすくなるか

125で一番人気のハンターカブは即納状態の店舗もアリ

 原付二種(51~125cc)クラスのレジャーバイクを牽引しているのがCT125ハンターカブだ。2020年に発売され、2021年には約1万5000台、2022年には約1万1000台を出荷。スクーターを除けば同クラスでダントツの1位を記録し続けている。

 2022年12月には、排ガス規制に対応した新型がデビュー。既に店によっては在庫も潤沢で即納状態だという。筆者も肌感覚として新車をバイクショップで見る機会が多くなった。

 ホンダは同クラスのPCXも好調で、2023年1~5月の出荷実績では前年比165%と大幅伸張。シェアは74%と圧倒的だ(本誌調べ)。なおモンキー125は受注が一時停止となっている(2023年6月1日時点)。

 ちなみにスズキが3月にバーグマンストリート125EXを投入し、5月単月では前年比394%もの伸びを示したが、それでもホンダのシェア(同月)は78%とむしろ伸びている。

2023年1~5月における51~125ccクラスの出荷実績では、ホンダとスズキが大幅増。とはいえ、同クラスで人気車揃いのホンダのシェアは盤石だ。※データは本誌調べ

名車CT110のスタイルを現代に甦らせ、ハイマウント吸気口など本格的なオフロード装備で人気のCT125ハンターカブ。現行型はロングストロークエンジンなどを採用した。44万円

新作CL250、わずか1か月で年間計画の半分=3500台を販売!

 今年登場したブランニューではホンダのCL250とカワサキのエリミネーターが好調だ。

 CL250はレブル250ベースの水冷単気筒を搭載するスクランブラー。5月18日の発売から1か月で3500台の受注に達した(ホンダモーターサイクルジャパン=HMJ調べ)。国内の販売計画台数は7000台なので、既に半分をクリア。年代構成は30代以下が半分を占めており、他のモデルに比べて若いライダーが占める割合が多いという。

 今のところ出荷制限がかかっているが、こちらも増産によって制限が解除されることを期待したい。

CL250の購入層は、30代以下が6~7割を占めているレブル250より少し高め。車体色はグレーの人気が高いという。豊富なアクセサリーで容易にスタイルチェンジできるのも魅力

復活のエリミネーターも好調ながら、供給に遅れが?

 エリミネーターは、Ninja譲りの400cc並列2気筒を積むクルーザー。1980年代から存在してきた伝統の車名が約15年ぶりに復活した。

 本誌調査によると、4月25日の発売から5月末までの登録台数は1050台。エリミの登場によって、2023年1~5月における251~400ccクラスの登録台数は、カワサキが前年比157%を記録し、シェアではホンダの34%を上回る35%となった。ホンダはCB400SF/SBが生産終了した影響が大きいようだ。

 その一方で当面の間、エリミネーターは入手がやや難しくなりそう。情報筋によると「東西MCショーの反響から前倒しで4月に発売したが、その分、供給に遅れが発生。夏場は生産せず、10月頃から供給が再開されるのでは」という。

 なお、カワサキ公式HPでは「現時点では、お客様からのご要望が入荷予定台数を大きく上回ることが見込まれており、弊社からカワサキ正規取扱店への納品が追い付かないことが予想されております。製品が入荷次第、順次お届けしてまいりますので何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます」とアナウンスしている。

2023年1~5月の小型二輪(251~400cc)登録台数はホンダとヤマハが前年から大きく減少し、カワサキだけ大幅増。エリミが好調の上に、Ninja400とZ400が前年比94%に留まったのも影響した

好調のエリミネーター。往年のエリミSEを彷彿とさせるビキニカウル付きのSE(写真)は、ドラレコをバイクで初めて標準搭載したことでも話題に。75万9000円/85万8000円

GB350が7月から復活、ついに中古価格が下落へ

 251~400ccクラスで躍進するカワサキに対し、ホンダも黙ってはいない。一時生産中止していたGB350が新型になって登場するからだ。

 2021年に登場したGBは、新開発の空冷単気筒を搭載。雑味のない鼓動感やクラシカルな装いで人気を獲得している。2022年の販売台数では251~400クラスでブッチギリ1位の1万2000台を記録。レブル250の1万台を超える人気ぶりだったが、2022年11月から適用された新排ガス規制に対応せず、一時生産中止。ついに規制をクリアした新型が7月6日から発売される。

 年間の販売計画台数は1万1000台。2021年の初代は計画台数3500台だっただけに3倍以上を誇る。また、同クラス帯のエリミネーターに対抗する意味でも、かなり力を入れて供給するだろう。

 レブル250と同様、新車の供給が安定することで、高値安定だったGB350の中古車が一段と安くなる可能性はある。昨年は中古価格が新車を上回る80万円を突破していたが、現在は平均65万円台までダウン(STDの新車価格は55万円)。新型が潤沢に供給されれば、中古価格はさらに下落するだろう。

 ――新車が手に入りにくく、人気モデルの新車&中古価格にプレミアがついていた昨今。生産体制が安定し、いよいよ価格が落ち着くことを願うばかりだ。

GB350が7月から復活、ついに中古価格が下落へ

排ガス規制に対応した新型GB350/S。味のある走りは現行型と同様という。年間の計画販売台数は1万1000台で、前年と同様のセールスを見込んでいる。56万1000円/60万5000円

この記事にいいねする


コメントを残す

カワサキ エリミネーター400(2023-)の価格情報

カワサキ エリミネーター400(2023-)

カワサキ エリミネーター400(2023-)

新車 121

価格種別

中古車 3

本体

価格帯 75.9~95.33万円

89.1万円

諸費用

価格帯 9.12~9.86万円

7.66万円

本体価格

諸費用

本体

91.46万円

価格帯 80~104.5万円

諸費用

5.9万円

価格帯 5.36~6.98万円


乗り出し価格

価格帯 85.76~104.45万円

96.76万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

97.37万円

価格帯 86.98~109.86万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ レブル 250の価格情報

ホンダ レブル 250

ホンダ レブル 250

新車 488

価格種別

中古車 247

本体

価格帯 47.88~65.5万円

59.67万円

諸費用

価格帯 6.92~7.94万円

4.77万円

本体価格

諸費用

本体

52.72万円

価格帯 34.98~79.8万円

諸費用

5.75万円

価格帯 4.19~7.59万円


乗り出し価格

価格帯 54.8~73.44万円

64.44万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

58.48万円

価格帯 39.17~87.39万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ CT125 ハンターカブの価格情報

ホンダ CT125 ハンターカブ

ホンダ CT125 ハンターカブ

新車 479

価格種別

中古車 125

本体

価格帯 40.6~58.29万円

45.87万円

諸費用

価格帯 2.9~3.72万円

3.07万円

本体価格

諸費用

本体

37.77万円

価格帯 30.85~44.94万円

諸費用

3.35万円

価格帯 3.32~3.59万円


乗り出し価格

価格帯 43.5~62.01万円

48.95万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

41.13万円

価格帯 34.44~48.26万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ GB350の価格情報

ホンダ GB350

ホンダ GB350

新車 46

価格種別

中古車 58

本体

価格帯 57.4~70.3万円

58.24万円

諸費用

価格帯 7.69~12.29万円

7.9万円

本体価格

諸費用

本体

51.97万円

価格帯 39.98~72.8万円

諸費用

5.95万円

価格帯 3.78~5.5万円


乗り出し価格

価格帯 65.09~82.59万円

66.15万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

57.92万円

価格帯 43.76~78.3万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ CL250の価格情報

ホンダ CL250

ホンダ CL250

新車 297

価格種別

中古車 8

本体

価格帯 47.5~72.78万円

58.41万円

諸費用

価格帯 5.3~6.74万円

4.33万円

本体価格

諸費用

本体

52.23万円

価格帯 45.8~54.78万円

諸費用

5.29万円

価格帯 6.48~6.76万円


乗り出し価格

価格帯 52.8~79.52万円

62.75万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

57.52万円

価格帯 52.28~61.54万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す