エンジンでとくに進むコンプリート内容のアップデート

初期型のイエローボールパターンをキャンディゴールドで仕上げ、ブラックで引き締めた足まわりと対比させたZ1。ACサンクチュアリーのコンプリートカスタム、RCM(Radical Construction Manufacture)。シリアル(通算製作番号)589という新しいナンバーが付いている。近作として変化があるのか、同店・中村さんに聞いてみよう。

「オーリンズサスやブレンボブレーキシステム、O・Zモーターバイク製鍛造ホイールといったハイブランドの高質パーツを使う点では変わりはないのですが、それぞれの内容がアップデートされています。まあこれは各メーカーの製品進化もあるので当たり前。これらを受けるフレームも、前後17インチホイール化への適合など、確立した加工で一定水準以上を続けてます。それで今は、エンジンが大きく進化しています。外からは見えない部分なんですけどね」

Zがカスタムブームに火を付けて30年以上。その中で対策品も含めてかなりのパーツが揃い、空冷4気筒への加工手法も揃い尽くしたと思える部分だが、何が変わったのだろうか。

ACサンクチュアリー Z1(KAWASAKI Z1)エンジンにも車体にも外観にも精緻な作りを反映する

「一番は加工です。DiNx(ディンクス)社で行うのですが、精密度が上がりました。Zでダメージの出がちなバルブガイドは、DiNxオリジナルφ[STD:7→]5.5mmステムの軽量ビッグバルブとのセットで高精度に組める。ガイドを抜いた時に邪魔なくポート加工ができるので、それも利点になってます。シートカットもより精密化できたし、他のパートも同様です。

クランクもZでは中古の純正品を使おうにも、もう2本に1本はダメという感じになってきていて芯出しでは足りない。それでフルリビルドするのですが、その際にベアリングも新品にしますし、組み上げるうちのメカニックもびっくりするくらいにスムーズになる。

そんなアップデートです。今まではこうした内燃機加工はオーバーホールメニューと捉えていたのが、チューニング的なプラスアルファの要素が乗る。この車両にもそれが反映されています。今後はスチール鍛造製コンロッドや64チタン製のコンロッドもメニューに入ってきます」

静かでスムーズで長く乗れる要素がより強まるという進化。従来製作した車両にもオーバーホール時などにこうした要素をプラスできるという点も、魅力的だ。車体に外観に、エンジンに。精緻な作りはさらに進化を重ねるということだ。


Detailed Description 詳細説明

ACサンクチュアリー Z1(KAWASAKI Z1)エンジンにも車体にも外観にも精緻な作りを反映する

フロントフォークを大径化するとともに前後17インチホイール化に適したフォークオフセット量を設定する、スカルプチャーφ43ステムキットTYPE-1にZの純正メーター、自然なポジション設定ができるデイトナRCMコンセプトハンドルバーを組みこむ。左右マスターシリンダーはブレンボRCSだ。



ACサンクチュアリー Z1(KAWASAKI Z1)エンジンにも車体にも外観にも精緻な作りを反映する

いわゆる初期イエローボールと火の玉をミックス&アレンジしたようなキャンディゴールドの火の玉パターンは奥進で塗装されるもの。



ACサンクチュアリー Z1(KAWASAKI Z1)エンジンにも車体にも外観にも精緻な作りを反映する

シートもRCMに必要な性能を持ち、リプレイスにも有用なデイトナ・RCMコンセプトシートを装着している。ウインカーは小ぶりなものをチョイスした。



ACサンクチュアリー Z1(KAWASAKI Z1)エンジンにも車体にも外観にも精緻な作りを反映する

ステップはナイトロレーシング。フレームは現代17インチラジアルタイヤのグリップを生かすサンクチュアリーST-II補強やワイドリヤタイヤに適合するチェーンラインオフセット軌道確保加工、リヤショックレイダウン加工など、必要な作業が行われている。



ACサンクチュアリー Z1(KAWASAKI Z1)エンジンにも車体にも外観にも精緻な作りを反映する

エンジンはヴォスナーφ73mm鍛造ピストンで1105cc化される。DiNx製φ5.5mmステム軽量ビッグバルブ&専用ガイドを組み、同じくDiNxでのシートカット加工や面研、ボーリング&精密ホーニング、クランクフルリビルド、ツインプラグ加工等が行われる。ほかに組み上げ時にはミッションのドッグクリアランスシム調整やクランクケースポンピングロス低減加工も行われるなど、長く元気よく使える仕様への工夫もなされているのだ。



ACサンクチュアリー Z1(KAWASAKI Z1)エンジンにも車体にも外観にも精緻な作りを反映する

キャブレターはTMR-MJNφ38mmのヨシムラ・デュアルスタックファンネル仕様。ファンネルにはボディカラーに合わせたブラック×ゴールドを使った。



ACサンクチュアリー Z1(KAWASAKI Z1)エンジンにも車体にも外観にも精緻な作りを反映する

フロントフォークはオーリンズRWUフォーク(φ43mm)をサンクチュアリー・E×M(エクスモード)パッケージで装着。フロントフェンダーもパッケージに含まれている。フロントブレーキはブレンボ .484キャリパー+サンスター・プレミアムレーシング“RCM”コンセプトディスクだ。



ACサンクチュアリー Z1(KAWASAKI Z1)エンジンにも車体にも外観にも精緻な作りを反映する

リヤブレーキはブレンボCNC P2 34キャリパー+サンスター・RCMコンセプトディスクφ250mm。排気系はナイトロレーシング・ウエルド・チタンを装着する。



ACサンクチュアリー Z1(KAWASAKI Z1)エンジンにも車体にも外観にも精緻な作りを反映する

スイングアームはスカルプチャーR.C.M.専用ワイドスイングアーム。ホイールはO・Zレーシングのアルミ鍛造、GASS RS-Aで3.50-17/5.50-17サイズ。


主なカスタム内容(KAWASAKI Z1)

エンジン
*エンジンカバー類含む
WOSSNER φ73mm鍛造ピストン
WEB ハイカムシャフト
SANCTUARY MECHANIC BRAND ZハイプレッシャーオイルポンプKIT YRPレーシングタイプ
SANCTUARY MECHANIC BRAND リジッドアイドラー オールワン パッケージ
キャブ/インテーク YOSHIMURA TMR-MJNφ38mmキャブレター
YOSHIMURA DUAL STACK FUNNEL SYSTEM ベーシックKIT for TMR38
YOSHIMURA TMR-MJN/TMR38用 ヨシムラオリジナルアルミファンネル
エキゾーストシステム NITRO RACING 4in1“ウェルド”クラフトチタン 3D EX マフラー
NITRO RACING グレネードチタンサイレンサー V-III ハーフポリッシュ
フレームスイングアーム SANCTUARY オリジナルフレーム補強 ST-II
SCULPTURE φ43フォーク用SPステムKIT Type1 バーハンドル仕様 フラットトップ
SCULPTURE R.C.M.専用ワイドスイングアーム レーシングスタンドフック ブラックコート
ブレーキ周り
*マスター含む
フロント
BREMBO RCSブレーキマスターシリンダー
BREMBO 484 カフェレーサー キャリパー
SUNSTAR プレミアムレーシングディスク“RCM”コンセプト モデル ホールタイプ
ALLEGRI ショルトシリーズ ブレーキホース
ブレーキ周り
*マスター含む
リア
NISSIN φ1/2マスターシリンダー
BREMBO GP2-SS CNC 2P リアキャリパー
SUNSTAR RCMコンセプトディスクφ250mm
ALLEGRI ショルトシリーズ ブレーキホース
ホイール周り
フロント
O・Z MOTORBIKE GASS RS-A 3.50-17
ホイール周り
リア
O・Z MOTORBIKE GASS RS-A 5.50-17
サスペンション
フロントフォーク
OHLINS FSシリーズφ43mm(NOBLEST 正立OHLINS“E×Mパッケージ・ラジアルマウント”同梱品)
サスペンション
リアショック
OHLINS レジェンドツイン
ステップ NITRO RACING バックステップKIT
NITRO RACING 汎用タンデムステップ ブラケットKIT タイプ-2
ドライブシステム駆動系
*スプロケット、カバー含む
NITRO RACING クラッチレリーズプレートKIT Type2
EK CHAIN EK530RCM (BK;GP)ドライブチェーン
ハンドル周りステアリング
*ステダン、ミラー含む
DAYTONA “RCM”コンセプトLOW ハンドルバー
BREMBO RCSクラッチマスターシリンダー
オイルクーラー NITRO RACING OILクーラーKIT 9インチ13段 フラットタイプ
シート DAYTONA COZYシート“RCMコンセプト”
電装系 PAMS ジェネレーターコンバートKIT TYPE3
AS UOTANI SP2フルパワーキット





情報提供元 [ ヘリテイジ&レジェンズ ]

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
 
       
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

カワサキ Z1 (900SUPER4)の価格情報

カワサキ Z1 (900SUPER4)

カワサキ Z1 (900SUPER4)

新車 0

価格種別

中古車 22

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

575.11万円

価格帯 199.12~917万円

諸費用

43.7万円

価格帯 11~171.42万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

618.81万円

価格帯 370.54~928万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す