『カタログは時代を映すバックミラー』(第8回)

中学2年生でオートバイのカタログに夢中になり、後に憧れのホンダに入社する。二輪車の広報マンを長年務めた高山正之さんが ”趣味” で集めた “オートバイ・カタログコレクション”!! その時代のバイクを取り巻く環境や当時の流行などをお届けします。 オートバイカタログは「ひとつのバイク文化」なのです…。

Reporter:高山正之/1955年山形県生まれ 時々物書き。
2020年7月に46年務めた本田技研工業(二輪車広報マン)を65歳で退社。Profile Page

フラッグシップマシンの「XS1 650」が「650 XS1」に車名変更された!

ヤマハは1969年の東京モーターショー(昭和44年10月24日~11月6日 晴海で開催)に、ヤマハ初の ”4ストロークエンジン” を搭載したフラッグシップマシン「XS1 650」を出品しました。

この年は、8月にホンダから 高性能な ”4ストローク4気筒750ccエンジン” を搭載した「ドリームCB750FOUR」が発売。 9月にはカワサキから ”2ストローク並列3気筒エンジン” を搭載した「カワサキ500-SS マッハIII」が発売されました。

ヤマハにとっては、大型バイク市場で後塵を拝する形になりましたが、「XS1 650」は、ホンダやカワサキとはコンセプトが異なっていました。

数値上の性能を誇るものではなく、”バーチカルツイン(直立型の2気筒)” という、英国のトライアンフなどに見られる伝統的なエンジン形式と、スリムな車体が生み出す軽快な走り味をアピールしていました。

→全文を読む

情報提供元 [ SPANGSS ]

この記事にいいねする


コメントを残す