『カタログは時代を映すバックミラー』(第7回)
中学2年生でオートバイのカタログに夢中になり、後に憧れのホンダに入社する。二輪車の広報マンを長年務めた高山正之さんが ”趣味” で集めた “オートバイ・カタログコレクション”!! その時代のバイクを取り巻く環境や当時の流行などをお届けします。 オートバイカタログは「ひとつのバイク文化」なのです…。

Reporter:高山正之/1955年山形県生まれ 時々物書き。
2020年7月に46年務めた本田技研工業(二輪車広報マン)を65歳で退社。

2ストロークメーカーの威信をかけたスズキの「GTシリーズ」!

1969年は、日本の大型バイクにとって記念すべき年になりました。8月にホンダの「ドリームCB750FOUR」が、9月にはカワサキから「カワサキ500-SS マッハⅢ」が発売されました。最高速度200km/hを誇るハイウエイ時代を先取りした高性能バイクが誕生したのです。

1969年当時のスズキは、2ストローク2気筒500ccの「T500」がフラッグシップモデルでした。この「T500」は、1968年に2ストローク国内最大排気量車として発売されました。

それまでは各社ともに、2ストロークでは 350ccが最大排気量でした。スズキは、世界ロードレース選手権などで培ってきた技術を基に、2ストロークエンジンでは困難と言われた”500ccの大排気量車”を完成させたのです。

しかし、1年後にはカワサキが ”2ストローク3気筒” の「500-SSマッハⅢ」を発売したことで、スズキの先進性は薄れてしまいます。

→全文を読む

情報提供元 [ SPANGSS ]

この記事にいいねする


コメントを残す

スズキ GT750の価格情報

スズキ GT750

スズキ GT750

新車 0

価格種別

中古車 5

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

228.08万円

価格帯 221.85~234万円

諸費用

5.7万円

価格帯 3.15~9.92万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

233.79万円

価格帯 225~243.92万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す