ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。
今回は、ホンダ「レブル250」についてオーナーの生の声をお届けします!

ぶっちゃけレブル250ってこういうバイク!!

車検の必要ない排気量の“軽二輪クラス”において、売れに売れまくっているベストセラーモデルがこのレブル250です。

登場は2017年、開発チームは現代のバイクには、「若者が気軽に乗ることができるバイクがない」ことに着目。とにかく扱いやすく、価格も低めの“ちょうどいいバイク”を目指してレブルシリーズの開発がスタートしました。

最大のセールスポイントは、足着き性の良さです。690㎜というかなり低いシート高に加え、極限まで絞り込まれたシートや跨り部のおかげで非常に足着き性がよく、足着きが心配でバイク購入に悩んでいるなら、まずレブル250に跨ってみるといいかもしれません。

乗り味に関しても、ロー&ロングで大柄に見えるスタイリングに似合わず、コーナリング特性は非常にニュートラルで扱いやすいことも特徴として挙げられます。

またレブル250は、カスタムのベース車として、かなりの工夫が盛り込まれているのも特徴です。例えばヘッドライトやメーターを別のものに交換しやすかったり、ライダーシートより後ろのリヤフェンダーがボルトを外すだけでごっそり取り外せるようになっていたりします(配線類は除く)。購入したらこのレブル250を使って自分好みのバイクにカスタムしていくのも楽しそうですね。

最新のレブル250は、2020年にモデルチェンジしており、基本的な走行性能に変わりはありませんが、ヘッドライトを含む灯火類がすべてLED化されたほか、メーター機能にギヤポジションインジケーターを採用するなどのブラッシュアップを受けています。

 

Webikeユーザーはレブル250をどう感じている?

Rebel250

新車平均価格: 66.55万円
中古車平均価格: 77.09万円
口コミ件数35件
※データは2022年9月20日現在

オーナー平均満足度は5点満点中で3.98点!(評価人数: 539人)

詳細はコチラ

オーナーの声を見てみると、やはり多いのが「カッコいい」という声。250ccクラスに見えないボバースタイルがカッコいいというだけでなく、ライダーの格好を選ばないスタイルも支持されていますね。スタイル重視の影響で容量も比較的少なめなタンクですが、燃費がとても良く300kmは無補給で走ってくれるそうです。走りの面では、街中やちょっとそこまでの距離でも気軽に乗れるフレンドリーさと、ツーリングもしっかりと楽しめる懐の深さも魅力です。人気車種となり各メーカーからカスタムパーツも豊富に出ているので、カスタムも楽しめます。

気になる部分として、人によってはノーマルのポジションのままでは遠くて辛いという声がありました。後はスタイルからもわかるように収納、積載スペースに難があり、キャリアやサイドバッグを追加している方が多くみられます。

レブル250のざっくりまとめ

良いところ

・とにかくカッコいい
・シート高が低いので足つきが良い
・足つきも良く軽いので取り回しも楽
・燃費がとても良い
・カスタムパーツが豊富

悪いところ

・人によってはポジションが辛い
・収納、積載スペースが皆無
・シートが薄く腰やお尻が痛くなってくる
・意外と故障がある

 

カスタム関連記事はコチラ

レブル250オーナーの声

ここでは数ある口コミの中でも特に印象的だった声を紹介します。

購入動機・用途・比較車種 SR400からの乗り換えです。車検費用が負担になり、車検不要のレブルにしました。足付きがよく安心感抜群です。アフターパーツも豊富ですので、自分好みの仕様に出来ます。新車で購入しましたが幸い店頭在庫があり即納でしたが、在庫がなければ半年待ちを覚悟する必要があります。
長所・満足な点 クルーザースタイルなのでサドルバッグが似合います。積載性が皆無なのもあって必須装備です。あと、足付きはいいのですがカッコ優先でエンジンガードも着けました。街乗りでは動力性能に不満はありません。見た目は250ccには見えないくらい大柄でカッコいいです。意外とバンク角も深くて未だにステップ接地してません。
短所・不満な点 街乗りはいいのですが高速走行では快適なのは90km/hくらい。ヤル気になれば120km/hは出そうですがエンジンが苦しそうなので出したくは無いです。収納が全く無いのとシートの脱着が6角ボルトなのは不満点です。あと、ウインカーボタンが押しにくい(特に右折時)です。ハンドルが少し遠いので小型な方は試乗することをオススメします。
これから買う人へのアドバイス 令和4年現在、かなりの人気車で新車は6か月待ちのようですが、色によっては販売店に在庫がある場合があるので確認すること。足付きはいいですが長身の方は少しポジションが窮屈かも。ハンドル位置の確認も含めて試乗、出来ればレンタルでゆっくり試すことをオススメします。
購入動機・用途・比較車種 某漫画の扉絵(笑)で存在を知り、一目惚れ。遊びに通勤に大活躍です
長所・満足な点 ☆それなりに走ります
★取り回しがいいです
☆バイクに興味のある女性に色々聞かれます
★あちこち色々イジりたくなります
☆気楽に乗れます
短所・不満な点 ☆一速が使いづらいです※忠男マフラーで改善
★アチコチで見かけるので面白くないです
☆ハンドルが遠いです※社外ハンドルで改善
★新型も旧型も電装系装備が野暮ったいです
☆注文してからひたすら待たされます(笑)
これから買う人へのアドバイス もうかなり出回っているのと、性能が全然アメリカンしてないので、刺激が欲しい方や飽きっぽい人には向いてない…かも知れません。
ですが多くを求めなければ持っていると幸せになれるバイクです。
でもとりあえずマフラーはすみやかに替えましょう(笑)
購入動機・用途・比較車種 免許取り立てで優しいバイクに乗りたかった。
通勤をはじめとして、長距離ツーリングにもよく行く。
長所・満足な点 とにかく見た目がかっこいい。ネオレトロの250ccのバイクで手を出しやすい新車はレブルくらいだと思う。
また取り回しが楽ちん。足がべたべたなので、チャリ感覚で押し引きできる。
良くも悪くも無理できないバイクなので、気持ちよく流しているとだいたい法定速度に収まる。下道でストレスなく乗れる。
コーナリング性能については、足全体でふんわり車体を感じながら尻で曲がる感覚を覚えると癖になる。意外と素直に曲がって楽しい。
タンク容量は一見少なく見えるが、燃費がアホみたいに良いので下道なら余裕で300km以上無補給で走れるので十分。
短所・不満な点 さすがに3万キロも乗っていると故障が増えてくる。もともとの部品精度がまちまちなのと、組み立てでグリスアップが不十分だったりすることに起因するトラブルがちょこちょこ出てきた。
クラッチレバー一式の精度があまくてザクザククラッチを切りまくったり、スイッチボックスが突然死したり、80キロで走っていたら突然エンジンブローしたり。
値段なりのバイクといったところか
これから買う人へのアドバイス 気楽に下道を流すのにうってつけ。
個体差はあるものの、外れを引くとトラブルがちょこちょこ出てくるので新車で買ったほうがいい。

 

レブル250のライバルをチェックする

690㎜という現代のバイクにおいてはダントツの低さをほこるレブルのシート。シート高で思いつくライバルは、かつてヤマハから発売されていたドラッグスター250。レブルと同じくロー&ロングなフォルムが特徴のアメリカン系のモデルですが、シート高もレブルに迫る670㎜。車体も非常に軽いため、こちらも初心者に扱いやすいバイクになっています。

それでは、ライバルの口コミが気になる方は、コチラもチェックしてみましょう!
※オーナー平均満足度や口コミ数は2022年9月20日現在です。

YAMAHA ドラッグスター250

DRAGSTER250
オーナー平均満足度:3.74(評価人数: 217人)
新車平均価格: ―万円
中古車平均価格: 66.24万円
口コミ件数40件

詳細はコチラ

コメントを残す

ホンダ レブル 250の価格情報

ホンダ レブル 250

ホンダ レブル 250

新車 90

価格種別

中古車 91

本体

価格帯 57~89.5万円

61.85万円

諸費用

価格帯 2.95~7.3万円

4.71万円

本体価格

諸費用

本体

71.93万円

価格帯 49.8~142.8万円

諸費用

4.9万円

価格帯 7~8.15万円


乗り出し価格

価格帯 59.95~96.8万円

66.57万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

76.84万円

価格帯 57.95~149.8万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す