ネイキッドバイクブームの中登場したCB400SF

1980年代のレプリカブームが飽和状態になりつつあった時に、突如として現れこれまでの性能至上主義をひっくり返したのは、カワサキの「ゼファー」。カウルのない、スタンダードな佇まいをした、必ずしも高性能でなくても「オートバイらしいオートバイ」を世は求めていたのだろう。

しかしこれを追うように1992年に登場したホンダの「CB400スーパーフォア」こそが、後追いではあるが、1990年代、2000年代を席巻したネイキッドブームの中心にいたモデルであり、名車ということに誰も異論はあるまい。

CB400SFの登場背景

1980年代からのいわゆる「バイクバブル世代」でも、そして今のライダーまで、ほぼ誰でもスーフォアの愛称で親しまれたCB400SFは知っているはずだ。

30年間も現役を続けてきた長寿モデルであることに加え、教習所で使われたこともあり、知っているだけでなく普通二輪免許以上を取得しているライダーにとっては「乗ったことがある」バイクとしてもチャンピオンかもしれない。

そんなスーパーフォアが生まれる前には、CB-1というネイキッドモデルがあった。ゼファーがネイキッドという提案をしたかのように語られることが多いが、実はこのCB-1、そしてスズキのバンディット400もまた同時期に登場しており、各社共に「レプリカの次の提案」を模索していたのが伺える。

ただCB-1、そしてバンディットもレプリカの強心臓を搭載しモダンなフレームワークをしていたこともあり、ゼファーほどクラシック/スタンダードへと割り切っていなかったゆえにか、ゼファーほどのインパクトを世に残さなかったのかもしれない。

→全文を読む

情報提供元 [ Bike Life Lab ]

この記事にいいねする


コメントを残す

ホンダ CB400スーパーフォアの価格情報

ホンダ CB400スーパーフォア

ホンダ CB400スーパーフォア

新車 0

価格種別

中古車 260

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

112.07万円

価格帯 33.98~238.8万円

諸費用

万円

価格帯 3.56~8.48万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

110.66万円

価格帯 42.46~242.36万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す