『カタログは時代を映すバックミラー』(第5回)

中学2年生でオートバイのカタログに夢中になり、後に憧れのホンダに入社する。二輪車の広報マンを長年務めた高山正之さんが ”趣味” で集めた “オートバイ・カタログコレクション”!! その時代のバイクを取り巻く環境や当時の流行などをお届けします。 オートバイカタログは「ひとつのバイク文化」なのです…。

Reporter:高山正之/1955年山形県生まれ 時々物書き。
2020年7月に46年務めた本田技研工業(二輪車広報マン)を65歳で退社。


【ホンダ編】1970年初頭、国内4メーカー各社は ”ロードスポーツ”をシリーズ化した!

「国内4メーカー フラッグシップが揃う」編 でも紹介しましたが、1960年代後半から各社は、ユーザーの熱い要望に応える形で次々と新製品を投入しました。 その当時の日本経済のトピックを幾つか挙げてみたいと思います。

1964年に開催された東京オリンピックは、東海道新幹線の開通をはじめ、モータリゼーションの発展に大きく寄与しました。開催後も景気はおおむね順調で、1969年には、東名高速道路(東京IC~小牧IC,347km)の全線開通。そして1971年は首都高速と東名高速が接続され、利便性が大幅に向上しました。まだまだ大都市圏や大都市を結ぶ高速道路網でしたが、日本にもハイウエイ時代が到来したのです。

そして1972年には、時の総理大臣・田中角栄氏が提唱した日本列島改造論が吹き荒れ、各地で建設ラッシュとなりました。 私は、高校生の時に山形県酒田市で田中角栄氏の演説を遠くから聞く機会がありました。大きな公園でしたが、あふれんばかりの観衆が集まり熱気に包まれていたのを記憶しています。

1973年まで続いた好景気は、1974年の第一次オイルショックによって足踏み状態になります。

→全文を読む

情報提供元 [ SPANGSS ]

この記事にいいねする


コメントを残す