『カタログは時代を映すバックミラー』(第4回)

中学2年生でオートバイのカタログに夢中になり、後に憧れのホンダに入社する。二輪車の広報マンを長年務めた高山正之さんが ”趣味” で集めた “オートバイ・カタログコレクション”!! その時代のバイクを取り巻く環境や当時の流行などをお届けします。 オートバイカタログは「ひとつのバイク文化」なのです…。

Reporter:高山正之/1955年山形県生まれ 時々物書き。
2020年7月に46年務めた本田技研工業(二輪車広報マン)を65歳で退社。


学園ドラマの「青春シリーズ」と「青春の90ccロードスポーツ!」

1960年代後半から1970年代中頃にかけて、10代の若者の間で「90cc スポーツバイク」が大人気でした。 この当時の二輪免許は、50cc以下の ”原付免許” と、一発試験で取れる排気量の上限なしの ”自動二輪免許” の2種類でした。

バイクに興味を持つ当時の高校生たちは、免許取得ができる年齢、16歳になるのが待ちきれません。同じクラスメイトでも4月生まれと3月生まれでは、天国と地獄ほどの差があり、私も多くの友人たちも”一発試験”で自動二輪免許を取得しました。

「90cc スポーツバイク」は、新車で7万円代、中古車では2万円くらいからあり、夏休みにアルバイトに励むと程度の良い中古車を買うことができました。親の援助があると 念願の新車も夢ではありません。 当時の125ccは、イメージとしては ”本格的なスポーツバイク” でしたから、親にとっては 90ccくらいのバイクなら安心感もあったのだと思います。

当時の流行と言えば、日本テレビの「青春学園シリーズ」が挙げられます。1965年から1974年まで、一世風靡したといっても過言ではないでしょう。日曜日の夜の放送を見て翌朝学校に行くと番組の話で盛り上がりますから、見逃すわけにはいきません。※このテレビ番組については後述します。

→全文を読む

情報提供元 [ SPANGSS ]

この記事にいいねする


コメントを残す