やっぱり気になりますよね、バイクの足つき性

2019年に日本で一番売れたバイクってご存じですか?正解はホンダのレブル250(原付除く)。
これってもちろん、レブルが乗りやすく、スタイリッシュでいいバイクだから。それに加えて、あちこちのバイクショップさんがレブルに関して、同じことを口にします。「足つき性がいいから」。

今現在、国内メーカーの新車で、安心して足がつくバイクはレブル250しかない、といってもいい状況。始めての1台を買おうとしているライダーや、久しぶりにバイクに乗るライダーはこぞってレブル250を選ぶんだそうです。バイクに対して少しでも不安があるライダーにとって、足つき性はバイク選びに重要な要素ってことなんです。

そんな中で、スズキのST250Eタイプ。今や日本製250㏄クラスにラインナップがない、シンプルなクラシックスタイル。空冷シングル、でもFIだから始動性も安心。シート高はレブル250より高いけど、20キロ以上軽く、安心を生む車体の軽さ。

250㏄バイクを買うライダーが、みんな若くてスポーティなイメージのバイクを好むわけではないですよね。シンプルなクラシックタイプのスズキST250Eタイプ、今も新車で販売していれば、と思わざるを得ないモデルです。

バイクショップ ロード☆スターさんのこの1台は、お手頃価格でカスタムベースにしても良し、シンプルにそのまま乗っても良し。スズキST250Eタイプ、今だからこそ、手に入れたいモデルです。

ST250 Eタイプ:スペックや新車・中古バイクはこちらから
ST250 Eタイプのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
ST250 Eタイプの新車・中古バイク一覧を見る
クラシックタイプの一覧を見る
コメントを残す

スズキ ST250 Eタイプの価格情報

スズキ ST250 Eタイプ

スズキ ST250 Eタイプ

新車 0

価格種別

中古車 24

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

56.58万円

価格帯 22.8~87.78万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

40万円

価格帯 25.8~62.16万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す