『カタログは時代を映すバックミラー』(第2回)

中学2年生でオートバイのカタログに夢中になり 後に憧れのホンダに入社。二輪車の広報マンを長年務めた高山正之さんが ”趣味” で集めた “オートバイ・カタログコレクション”!! その時代のバイクを取り巻く環境や流行などをお届けします。 オートバイカタログは「ひとつのバイク文化」なのです…。

Reporter:高山正之/1955年山形県生まれ 時々物書き。
2020年7月に46年務めた本田技研工業(二輪車広報マン)を65歳で退社。

「メグロK1」と「カワサキ 650-W1 スペシャル」のおもいで。

私が生まれ育った山形県庄内地方の片田舎の警察署には、白バイが1台配備されていました。その白バイとは、当時500ccの大排気量を誇る「メグロK1」でした。中学生の時は憧れのまなざしで見ていました。

中学3年の夏休みの自由研究では、「メグロK1」の後継モデルとして進化した「カワサキ 650-W1 スペシャル」を鉛筆で精巧に書いて提出しました。

私が初めて買った 1969年12月号の ”モーターサイクリスト” です。中面のアルバム写真にあるこの「カワサキ 650W1 スペシャル」を見本に拡大した鉛筆画で、スポークを1本1本書く作業が大変でした。 残念ながら鉛筆画は残っていません。

高校生になりバイク通学していた時には、「メグロK1」の白バイは大魔王のような存在でした。なにせ90ccのスズキ「ハスラー」では逃げ切れません。あの図太い ”4ストサウンド” を響かせて疾走する姿には、畏怖の念をいだいていました。

→全文を読む

情報提供元 [ SPANGSS ]

この記事にいいねする


コメントを残す