BMW K1200R オーナーレビュー

ウェビックコミュニティ「愛車を語ろう!」キャンペーンより、K1200Rに乗る「Zack」さんの熱い語りをご紹介!
良いところや不満なところなど、オーナーだからよくわかるK1200Rのインプレ・レビューを語ってくれました。

1.【簡単な自己紹介】

バイク歴40年のおじさんです。

以前は通勤メインでしたが、今はツーリングメインです。
2019年末まで国産車オンリーでしたが、「上がりのバイクは大人のBMW」と思い、買い換えました。
だからまだ半年しか乗ってません。

購入時の走行距離、10,400km。現在12,000km。

2.【満足している点・長所】

この「おじさんバイク」は只者じゃ無い。コーナーはレールの上をなぞるかの様に滑らか。異次元のフロントサスペンション。テレスコには戻れない。シャフトの挙動を感じさせないリヤのテレレバー。なのに120kw(163ps)の出力。280km/hまで刻まれたメーター。性能はブラックバードとほぼ一緒。ちょっとアクセルをワイドに開ければ、次の瞬間にワープマシンと化します。

優しいおじさんの、笑顔の陰に隠れた凄味。
「おじさん、その背中の傷は?」
「若い頃、アフリカ戦線でな…」
そんな感じ。

発売当時、日本国内には200台強しか登録されていないとか。全国平均、都道府県あたり4台。これは珍しい。もはや走るUMA。ドイツのツチノコ、バイエルンのチュパカブラ。特に不人気のシルバー、もしも見かけたら、あなたに幸運が訪れるかも知れない?

3.【不満な点・短所】

希少車なのでカスタムパーツはほとんどありません。しかもBMW、とにかく純正パーツが高い!ハンドルグリップが片側工賃抜き10000円!?
カスタムも、下手をすると自己診断でエラー判定するので、簡単には出来ません。ライトやウインカーの球切れでもエラーが出ちゃうから、LED化も抵抗が必要なほど。どうにか手を入れたのは、ハンドルミラーをカウリングミラー化した事ですね。

あとは装備重量が250kg。そこそこ重い。前車が装備重量270kgじゃなければ挫けてる。

それと、無いなりに買うと高いキャリア。パニアを乗せたいと探してみたら、20000円以上。いくら優しいかみさんにも、気軽に「欲しい」とは言えません。言えないなら作る。自分で作れば1/10。2000円。お小遣いでやりくり出来ました。どうですかね、これ。

4.【まとめ(こういう人におススメ等)】

1)他人と同じが嫌な人
2)一度はメガスポーツっぽいバイクに乗ってみたい人
3)長距離を楽に走りたい人
4)大塚明夫風に渋くキメたい人。
5)シュトロハイムの様に叫びたい人

ノーマルでは積載性が悪いですが、パニアケースを付ければキャンプ用具も積めちゃいます。そしてこんなに積んでも安定して走りますよ。

Zackさん、K1200R愛がひしひしと伝わってくる語りをありがとうございました!

K1200R:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
K1200Rのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
K1200Rの新車・中古バイク一覧を見る

【ウェビック バイク選びオススメ情報】
「Kシリーズ」の新車・中古バイクを見る
「ツアラー」を見る

この記事にいいねする

コメントを残す

BMW K1200Rの価格情報

BMW K1200R

BMW K1200R

新車 0

価格種別

中古車 3

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

57.72万円

価格帯 49.5~71.98万円

諸費用

7.76万円

価格帯 1.68~7.82万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

65.49万円

価格帯 51.18~79.8万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す