スズキ バンディット1250F オーナーレビュー

ウェビックコミュニティ「愛車を語ろう!」キャンペーンより、バンディット1250Fに乗る「とど」さんの熱い語りをご紹介!
良いところや不満なところなど、オーナーだからよくわかるバンディット1250Fのインプレ・レビューを語ってくれました。

1.【簡単な自己紹介】

・バイク歴、普段のバイクの楽しみ方
→高校生の時に取得した原付バイクが始まり、県内でも原付で走るのが楽しい時。
 大学生で中型免許を取得。キャンプツーリングにハマり、北海道から九州まで走り回る。
 留年中に大型免許を取得。社会人になって大型バイクに乗り換え、とにかく日本各地をは走り回る。
 バイクは主に旅の手段、乗っているだけでも良いけども、やっぱり旅をしてこそのバイクだと思う。

・このバイクを乗っていた期間
→2011年8月から今現在も乗ってます。13万キロを越えても順調順調♪

・購入動機
→2010年に販売開始して、市内で行われていたスズキの試乗会で乗ってみて、ひとめぼれ。
 狭い市場コースでも乗りやすいトルクの強さに惚れた!

2.【満足している点・長所】

・用途に対して
→基本的に旅バイク。
 スズキが出している湯呑みで、車へんに旅と当て字で表現しているくらいに、旅に向いたバイクです。
 タンデム走行がほとんど、2人乗っても機動性に変わりがない頼もしさ。

・走りに対して
→高回転がいらない、4,000回転までで全て完結できるのがとても走りやすい。
 高速でも狭路でも扱いやすいバーハンドルなのが良い。
 でっかいサイレンサーでとても静かなのも良き。

・見た目に対して
→GSX譲りのフロントマスクが、かっこいい。それでいて長いのが良い。

3.【不満な点・短所】

・用途に対して
→当たり前ですが、がれた道は向いてないです。初ゴケも砂利道。
 下り方向を頭にしてのUターンは厳しいので、注意が必要。
 ガソリンタンクがも少し大きいと給油回数も減って良かったのに。
 ウィンドウが純正だと少し短いので頭に風が当たる、ゼログラビティのツーリング用に変更して解決。

・走りに対して
→舗装路については、文句なし。
 カウルのびりびり音がするのが少し気になる。

・見た目に対して
→メーターまわりが寂しいデザイン。時計とODOが一緒に表示できない。
 カウルに多少安っぽさがある。
 フロントライトの中が結露で曇ることが多い。

4.【まとめ(こういう人におススメ等)】

・遠くに旅したい、とにかくそんな人にはもってこい。
・いつも旅はタンデムなのですが、タンデムだって走りやすい。
・フルカウルのリッターバイクの割に、軽い。
・リッターバイクとは思えないほどに安い!
・荷物の積載性が良い。キャンプ道具も余裕。
・あまり見かけないので、被ることが少ない。

とどさん、バンディット1250F愛がひしひしと伝わってくる語りをありがとうございました!

バンディット1250F:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
バンディット1250Fのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
バンディット1250Fの新車・中古バイク一覧を見る

【ウェビック バイク選びオススメ情報】
「バンディットシリーズ」の新車・中古バイクを見る
「ツアラー」の一覧を見る

この記事にいいねする

コメントを残す

スズキ バンディット1250Fの価格情報

スズキ バンディット1250F

スズキ バンディット1250F

新車 0

価格種別

中古車 3

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

63.86万円

価格帯 56.1~74.99万円

諸費用

7.33万円

価格帯 6.91~9.09万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

71.2万円

価格帯 63.01~84.08万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す