アメリカ最古のモーターサイクルメーカー、インディアンモーターサイクル(以下インディアン)が本格的なロードスポーツを提案したのは2017年のEICMA(ミラノショー)でのこと。2023年モデルはFTR スポーツという新ファミリーが登場となり、先日開催されたミラノショーでお披露目された。

●文:ミリオーレ編集部(村田奈緒子) ●外部リンク:インディアンモーターサイクル[ポラリスジャパン]

フラットトラックレーサーを継承するストリートバイク

2017年、インディアンはファクトリーマシンであるFTR750でアメリカンフラットトラックレースに本格参戦。圧倒的な強さでハーレーワークスを撃破するという衝撃的なデビューを飾り、それ以降優勝も含めて輝かしい戦績を残している。そして同年のEICMAで、その市販バージョンであるFTR1200を発表した。

この伝説の始まりとなったFTR1200は、2019年より市販化。新たなるフラットトラッカーの潮流として少しずつファンを開拓し、FTRシリーズのバリエーションも増えていった。

そして2023年はFTRのミッドレンジモデルとしてFTR スポーツが新しく登場。FTRは新しいカラーをまとい、FTR R カーボンは装備がバージョンアップするなどの進化形がお目見えしたが、2022年モデルとしてラインナップしていたFTR ラリーは残念ながら日本に上陸しないことが発表された。

さっそくアップデートされた最新のFTRからチェックしてみよう!

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

この記事にいいねする

コメントを残す