スズキからネイキッドタイプのロードスポーツ「ジクサー(GIXXER)」の2023年モデルが発表された。カラーバリエーションが全色変更され新グラフィックが登場したほか、エンジンも令和2年排ガス規制に適合しエンジン諸元が一部変更された。発売は2023年1月27日(金)価格は38万5000円で、従来モデルからは3万3000円の価格向上となる。

排ガス規制適合によりエンジン出力微減

ジクサーは2017年発売のロードスポーツで、排気量154ccの4サイクルOHC単気筒エンジンを搭載する軽二輪モデル。先行してインド等アジア向けに販売されており、軽量コンパクトさと高速道路も走行できる排気量、高い燃費効率で大きな人気を集めている。2020年のモデルチェンジでヘッドライトが縦置きのLEDに変更されたほか、ABS、スイングアーム装着のリアフェンダーといったスポーティなスタイルに進化を遂げた。

2023年モデルでは装備は変わらず、グラフィックが全色変更。ベースカラーは従来のグラススパークルブラック・トリトンブルーに加えて、新たにオレンジ基調の「ソニックシルバーメタリック/パープルブレイズオレンジ」が追加。従来のパールミラレッドに代わることとなった。グラフィックもサイドカバーのロゴが大きく変更されている。またスペック面では、最新の令和2年排ガス規制に適合し、エンジン出力等に小変更が加えられた。カタログ燃費がやや低下(55.3km → 51.0km)したほか、最高出力も低めに変更(14PS/8000rpm → 13PS/8000rpm)となっている。

発売は2023年1月27日(金)、価格は38万5000円。従来モデルから3万5000円値上がりする形だ。

ジクサー(2023)

発売日:2023年1月27日(金)
メーカー希望小売価格:¥385000

ソニックシルバーメタリック/パープルブレイズオレンジ(新色)

GSX150RLZM3_1.eps

GSX150RLZM3_2.eps

トリトンブルーメタリック(継続・グラフィック変更)

GSX150RLZM3_1.eps

グラススパークルブラック(継続・グラフィック変更)

GSX150RLZM3_1.eps

ジクサー(2023)主要諸元

・全長×全幅×全高:2,020mm×800mm×1,035mm
・軸間距離:1,335mm
・シート高:795mm
・装備重量:139kg
・エンジン:空冷4サイクルOHC2バルブ 154cc
・最高出力:9.6kW〈13PS〉 /8,000rpm
・最大トルク:13N・m〈1.3kgf・m〉/5,750rpm
・燃料タンク容量:12.0L
・変速機形式:常時噛合式5段リターン
・ブレーキ形式(F/R):F=油圧式シングルディスク(ABS)・/R=油圧式シングルディスク
・タイヤサイズ(F/R):F=100/80-17M/C 52H / R=140/60R17M/C 63H

情報提供元 [ SUZUKI ]

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. 匿名 より:

    スズキは最近カラーリングいいよね

コメントをもっと見る
コメントを残す

スズキ ジクサー 150の価格情報

スズキ ジクサー 150

スズキ ジクサー 150

新車 130

価格種別

中古車 51

本体

価格帯 24.35~32.95万円

30.25万円

諸費用

価格帯 7.43~7.43万円

6.35万円

本体価格

諸費用

本体

27.17万円

価格帯 8.92~38万円

諸費用

3.82万円

価格帯 4.8~9.07万円


乗り出し価格

価格帯 31.78~40.38万円

36.61万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

30.99万円

価格帯 18~42.8万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

【PR】スズキ ジクサー 150 関連のおすすめ車両 関連のおすすめ車両