作り得る良コンディションに必要なスープアップを追加

純正初期型カラーをまとい、新車のように仕立てられた油冷GSX-R1100J。

「この車両は、長く乗り続けてくださってる当店のユーザーさんが新型に乗り換えるのでなく、今後も油冷GSX-R1100に安心して乗り続けたいということで相談を受けたものです。しっかり手を入れましょうとお答えして入庫し、手を入れていきました」とTG-RUNの杉本さん。続けて聞いていこう。

「フレームは見直ししてきれいにし、各部はオーバーホールとアップグレードを組み合わせて再構築しています。電気系も一新し、エンジンは当店のストックエンジンに載せ替えた上でヨシムラST-1カムを組んでいます。

ホイールは純正に同じ前後18インチ径で、すごくいい出来になっています。このような見直し作業は、カワサキZ系だと割と当たり前に受け入れられていますけど、GSX-Rなど油冷ではまだまだという感もあります。でも、純正パーツの価格が高騰し廃番もどんどん増えている今、この車両で施したようなリフレッシュとアップグレードはやってほしいですね」

SUZUKI GSX-R1100

油冷はGSX-R1100も、限定車RKを主としたGSX-R750も多く扱ってきたTG-RUN。動力系は筑波サーキットラップタイム59秒入りを2006年11月の筑波モトルネッサンスで達成し(鉄フレームレギュレーションのため車両はGS1200SS)、その際にもストリート用オリジナルクロスミッションを使うなど、ストリート車で使えるものをベースに構築したパフォーマンスと耐久性へのノウハウがある。

車体や足まわりについても同様。多くの車両を手がけてきたからこその組み合わせができるし、今回履いたブリヂストンT32のように、最新タイヤとの相性という要素も取り込まれている。

油冷GSX-Rシリーズは頑丈だと思われがちだが、それは定期整備あってこそのこと。乗り続けるならその頑丈さにあぐらをかかず、常に手を入れ、いい状態をキープしていく。そして路面や交通状況など、時とともに変わっていく環境に対してグリップや制動力に快適性といった部分で応じられるアップグレードも行っていく。この車両はその好例、油冷GSX-Rへの今行いたい手の入れ方の見本として見ておくべき1台だ。


Detailed Description 詳細説明

外装はGSX-R1100J純正を再塗装。スクリーンはTG-RUN&スクリーンクラフトだ。ミラーはマジカルレーシング・レーサーレプリカミラー/タイプ2ヘッドを装着する。左右マスターシリンダーはブレンボ・ラジアルのビレットボディで、ステムやメーターは純正パーツをリフレッシュした。



燃料タンクはTG-RUN&ビーター アルミフューエルタンク GSX-R1100(86-88)を使うことで軽量化し、錆びないため劣化も予防できる。



シートはTG-RUNスポーツ&コンフォートシートによって適切な形状として乗車時の快適性や姿勢が決まることでの操作性を向上。足着き性も考慮される。この世代のGSX-Rにも、現行GSX-Rなど各モデルでも注目のパート。ノーマルシート持ち込みでの加工で表皮色変更も可能だ。



ステップもアルミ削り出しのTG-RUNバリアブルステップキットによって高剛性化し、車体のホールド性や反応性、操作性を高めている。



1052ccの油冷直4エンジンはTG-RUNでストックしていた状態の良い個体を整備し、ヨシムラST-1カムを装着して換装。実質フルリフレッシュ+スープアップされた状態となった。吸排気系はFCRφ37mmキャブレター+4-2-1のGSX-R1100(86〜88)K-FACTORYチタンフルエキゾースト。



フロントフォークはGSX-R1100J純正のφ41mmをオーバーホールした上でセッティングしている。フロントブレーキはブレンボ・アキシャルP4 30/34キャリパーをTG-RUN&サンスター・レーシングディスクに組み合わせ、制動力とコントロール性の向上を図っている。



リヤブレーキはブレンボP2 34キャリパーをTG-RUNキャリパーサポートでマウントし、サンスター・プレミアムレーシングディスクにセットする。



リブ入り角アルミ材製のスイングアームはGSX-R1100J純正で、リヤのリンクはTG-RUN車高調リンク。リヤショックはオーリンズだ。前後ホイールはMAGTAN JB1で3.00-18/4.50-18サイズ。これに組み合わされるタイヤは18インチに適合するブリヂストンT32(110/80ZR18・160/60ZR18)だ。


主なカスタム内容(SUZUKI GSX-R1100)

エンジン
*エンジンカバー類含む
YOSHIMURA GSX-R1100(86-90) カムシャフト
キャブ/インテーク KEIHIN FCRφ37キャブレター
エキゾーストシステム K-FACTORY GSX-R1100(86〜88)チタン4-2-1フルエキゾースト
ブレーキ周り
*マスター含む
フロント
BREMBO Axial キャストキャリパー P4 30/34
BREMBO RCSラジアルブレーキマスター
SUNSTAR レーシングディスク
ブレーキ周り
*マスター含む
リア
BREMBO P2 34キャリパー
SUNSTAR プレミアムレーシングディスク
ホイール周り
フロント
JB-POWER MAGTAN JB1 3.00-18
ホイール周り
リア
JB-POWER MAGTAN JB1 4.50-18
サスペンション
リアショック
OHLINS S46HR1C1
ステップ TG-RUNバリアブルステップキット GSX-R1100(86-88)/GSX-R750(85-87)用
ドライブシステム駆動系
*スプロケット、カバー含む
RK JAPAN 530XXW ドライブチェーン EDブラック
ハンドル周りステアリング
*ステダン、ミラー含む
MAGICAL RACING レーサーレプリカミラー/タイプ2ヘッド
BREMBO RCS ラジアルクラッチマスター
シート TECHNICAL GARAGE RUN スポーツ&コンフォートシート
外装 TG-RUN&スクリーンクラフト クリアースクリーン GSX-R1100(86-88)/750(85-87)用
TG-RUN &ビーター アルミフューエルタンク SUZUKI GSX-R1100(86-88)用



テクニカルガレージ GSX-R1100(SUZUKI GSX-R1100)
取材協力:テクニカルガレージRUN TEL043-309-5189 〒260-0001千葉県千葉市中央区都町2-2-7
URL:https://www.TG-RUN.com
2022年 12月 19日

情報提供元 [ ヘリテイジ&レジェンズ ]

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

スズキ GSX-R1100の価格情報

スズキ GSX-R1100

スズキ GSX-R1100

新車 0

価格種別

中古車 6

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

120.8万円

価格帯 67.8~181.5万円

諸費用

10.59万円

価格帯 7.48~7.7万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

131.39万円

価格帯 75.28~189.2万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す