バイクで旧車が大きく注目されたのは、漫画「特攻の拓」がきっかけと言われており、この連載で描かれたモデルは現在でも高い人気となっている。今回はヤンチャ系バイクの教科書と言える「特攻の拓」に登場したモデルを紹介するForR企画の番外編第2回で、昭和50年代(1970年代後半~1980年代前半)の中型モデルを特集。

4ストロークの時代に変わっても生き続けたKH400

「特攻の拓」の拓に登場した旧車で数少ない2ストロークのカワサキ・KH400。ルーツは1971年にデビューした350SSで、500SSに次ぐ2スト3気筒シリーズの第2弾だった。これが1974年に400SSへと排気量を拡大し、1976年のモデルチェンジとともにKH400と名称も変更された。

基本構成は400SSから受け継ぐものの、点火方式はポイントのバッテリー点火からマグネトー式CDIに変更して信頼性が向上。一方、KHに車名を改めて以降最高出力は42PSから38PSにダウンし、マッハシリーズならではのじゃじゃ馬的な乗り味は鳴りをひそめている。

劇中では「爆音小僧」特攻隊長の真嶋秋生の愛車として描かれた。KH400(ケッチ)でありながらレインボーカラーのSS(マッパ)仕様にカスタムされており、見た目は初代の350SSそのものだ。セパハンはトマゼリ製でルーニーチャンバーにより48PSにパワーアップしている。

奥がKH400。写真の「特攻の拓」に登場したA7は1980年に発売された最終型。当時はすでに4ストロークのZ400FXが爆発的な人気を博しており、2ストは下火になっていた。

スズキの4ストローク進出モデル・GS400は高い完成度で現在でも人気

1970年代に入ると、スズキはカワサキのSSシリーズと同じ2ストローク3気筒エンジンのGTシリーズを投入し勢力を拡大。しかし、カワサキと異なるのは4ストロークの主力モデルがなかったことで、排出ガス規制や消費者の省エネ指向に対応するために急ピッチでGS750/400が開発された。1976年に発売されたGS400は1975年10月の免許制度改正に合わせて中型ライダーをターゲットにリリースされたもので、同年のGS750の4気筒を約半分にした2気筒エンジンを搭載していた。

GSのエンジンは後発だけにライバルを徹底的に研究して完成度を高めたもの。その性能は、カワサキZ1からスズキGS1000に乗り換えたヨシムラが1978年の鈴鹿8耐で優勝したことでも実証されている。GS400はこの技術がダイレクトに投入されたDOHCエンジンと跳ね上がったテールカウルの流麗なスタイルから一躍人気となり、1970年代後半の400ccクラスを代表するモデルとして高評価を得た。

劇中では「爆音小僧」姫小路良の愛車としてGS400E(ジーエス)が登場。旧車の中でGSの人気は非常に高く、湘南爆走族のリーダー・江口洋助の愛車だったことでも知られている。リョウのGSは、エンジンはノーマルでルックス重視のカスタムが施されており、スクリーンを前傾させた"リーゼント風防"が最大の特徴だ。

写真は「特攻の拓」に登場した1978年のGS400E。この年式から星型キャストホイールを採用したEとなり、4バルブとなったGSX400Eが発売された1980年にも併売された。

Z400FXは、400ccクラスの旧車の大本命!

1970年代の後半は、400ccクラスにおいて4ストロークの4気筒モデルはホンダのCB400フォアが生産を中止して以来存在せず、2気筒か2ストロークの3気筒しかない時期があった。そんな中、1979年に登場したのがZ400FXである。 

エンジンは待望の4気筒、しかもクラス初のDOHC直4は大型の上級モデルに匹敵する豪華なメカニズムだった。すでに免許制度が改正されてナナハンに乗るのが難しかった時代に、車体が比較的大柄なFX が歓迎され、大ヒットを記録したのは言うまでもない。

劇中では、「横浜外道」鳴神秀人の愛車としてZ400FX-E4が登場。パールホワイトにフルペイントされており集合マフラーは直管仕様だ。秀人は、主人公の浅川拓が最初に入学した横浜港ケ岡高校に転校してきたことから親友になったが、校内で起こしたトラブルが原因で二人とも転校することなってしまう。その際、拓は"男としてあと一歩も引けない時"に開くメモを秀人から預かり、これが後に拓をピンチから救っていくのだった。

写真は1979年の初代Z400FX。同じ並列4気筒エンジンのCB400フォアの36PSに対して43PSと大幅に向上しクラストップに躍進。「特攻の拓」に登場したのは1981年最終型のE4だ。

この記事にいいねする

コメントを残す