12月4日にパシフィコ横浜で開催された「横浜ホットロッドカスタムショー2022」には、カスタムバイクも出品されており、ハーレーに限らず日本メーカーのモデルも数多くベース車に使われている。ここではGANESHA⁺(ガネーシャ)が出品したモンキー125改をご紹介!

タイのノート氏がデザインしたモンキーレーサーレプリカ

1950年代のレーシングバイクをモチーフにしたというモンキー125は、「モンキーレーサーレプリカ」と名付けられた作品。タイのカスタムバイクデザイナーであるノート・ケブラー氏が手がけたもので、日本でも159万5000円でコンプリート販売されている。

レーサーレプリカと言われても…という方もたくさんいると思うが、これは紛れもなくドラゴンボールで描かれた「ブルマのバイク」がモチーフになっている。さらに言えば、ブルマのバイクのモチーフが1950年代のレーサーという流れだろう。

ちなみにブルマのバイクの元ネタとして有力なのは、モトグッツィの水冷V8エンジン搭載のGP500レーシングマシン、「オットーチンドリ」(イタリア語で8シリンダーを意味)。1955年から参戦を開始したが、優勝することなく撤退した悲運のバイクだ。

現在もミュージアムに展示されているオットーチンドリは、ブルマのバイクと同じグリーンのカラーでサイドカウルにゼッケンが貼られている。ブルマのバイクではカウル正面のゼッケンはヘッドライトとし、ダクトを同じ位置に設置している。さらに機銃を追加していたがモンキー125でも再現された。

モンキーレーサーレプリカ [GANESHA⁺(ガネーシャ)] ブルマのバイクをリアルに再現したモンキー125改。斜めに回転させたゼッケン「19」まできっちり作りこんでいる。

オットーチンドリ [MOTO GUZZI] 世界グランプリに参戦したV8エンジン搭載のレーサー。多気筒化で高回転高出力を目指した究極形だ。これがブルマのバイクのモチーフだろう。

ヘッドライトはモンキー125の丸型LEDユニットを再利用していると思われる。両サイドの銃口部にはフォグランプが設置されている。

ハンドルはパイプハンドルからセパレートハンドルに変更されトップブリッジ下にマウント。タンクのカプセルコーポレーションは、ホイポイカプセルを販売する会社名だ。

シートはブルマのバイクと同様にブラウンの表皮に変更。モンキー125にはない右側サイドカバーも用意されている。

ブルマのバイクと同じように、両側のサイド部分がドアのように開くようになっている。

ホットロッドショーでは、グロムアドベンチャー(キット:22万9000円、フルパーツキット:39万6000円、完成車:89万6000円)も展示していた。GANESHA⁺(ガネーシャ)の公式サイトはこちらへ。

この記事にいいねする


コメントを残す

ホンダ モンキー125の価格情報

ホンダ モンキー125

ホンダ モンキー125

新車 81

価格種別

中古車 110

本体

価格帯 40.7~48.51万円

43.74万円

諸費用

価格帯 2.56~2.89万円

2.91万円

本体価格

諸費用

本体

39.88万円

価格帯 30.69~82万円

諸費用

3.46万円

価格帯 3.77~4万円


乗り出し価格

価格帯 43.59~51.07万円

46.66万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

43.34万円

価格帯 34.46~86万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す