細かいこだわりを含めた多数のパーツを展開

2021年にアッパーカウルの形状など大幅なアップデートが加わったカワサキ・Ninja ZX-10R。2016~2020年モデルまでのNinja ZX-10R用カウルを製作してきたエーテックにもカーボン製カウルをはじめとした外装パーツの製作要望が非常に多く寄せられていたという。そしていよいよ販売準備が整い、11月1日から出荷予定となっている。

とくにNinja ZX-10Rが注目されていたのはレース界からの需要が高かったためでもある。エーテックはカワサキと協力関係にあり、カワサキのレーシングマシンの外装パーツを手がけることも少なくない。そういった実戦で培ってきたノウハウは他チームでも有効であり、ファクトリークラスのパーツを作り出すエーテックに熱い視線が送られていたことは想像に難くない。また、そういったファクトリークラスのパーツをストリートで愛車に取り込めるということから、一般ユーザーから市販化の時期について問い合わせが多数寄せられていたそうだ。

→全文を読む

情報提供元 [ カワサキイチバン ]

この記事にいいねする


コメントを残す

カワサキ ZX-10Rの価格情報

カワサキ ZX-10R

カワサキ ZX-10R

新車 18

価格種別

中古車 24

本体

価格帯 234.3~255.75万円

237.4万円

諸費用

価格帯 13.56~15.75万円

17.27万円

本体価格

諸費用

本体

145.64万円

価格帯 65.4~210.76万円

諸費用

34.77万円

価格帯 7.04~53.8万円


乗り出し価格

価格帯 247.86~271.5万円

254.67万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

180.42万円

価格帯 119.21~217.8万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す