これからバイクに乗ってみたい。今どんなバイクが人気あるの。できるなら、懐かしのあの頃のバイクがいい。いったいどれくらいで買えるんだろう。そんなギモンを抱いている人たちのためにウェビックバイク選びの人気ランキングの中から、ここ1年における上位5台を抽出。今回は80年以降の絶版名車(751~1000cc)編を紹介します。中にはシブいモデルも!

【人気総合ランキングとは?】
各車種が過去1ヶ月間にウェビック バイク選びで閲覧された数をもとにランキングを作成しています。今回は絞り込み条件に「絶版名車(1980年~)」「大型バイク(~1000㏄)」を加えて抽出しています。
ランキングは毎週金曜日に更新されます。
絶版名車・751~1000㏄の「人気総合ランキング」ページはコチラ

※当ランキング記事は12月4日に制作したものになります

1位 カワサキ・GPZ900R

巷では中古価格がおいそれと手が届かない青天井になったZの代わりに、絶版人気車の大本命とも噂されているのが、この初代ニンジャことGPZ900R。

カワサキが世界最速を狙うために初の水冷直4として84年にデビュー。86年の映画「トップガン」でも大きく目立ちました。ただ、80年代はまだ日本国内では排気量上限が750までだったので900は輸出専用車。国内は排気量を落とした750cc版が発売されていました。

日本での900は90年代に大きく火が点いた感じで、逆輸入車ブームに加えて排気量の国内上限規制撤廃の追い風で正式に国内仕様900も91年からラインナップされることに。大型二輪免許発足時にも多くのニンジャオーナーを生み出しました。当時の思い出を取り戻したい人たちにとって、今では似たものがない独自の硬派フォルムを持っているのも絶版人気となるのに納得です。

現在流通している中古車は、当時の定番カスタムであったアップハンドル&集合管に交換されたものがほとんどで、フルノーマルは数えるほど。特にアンダーカウルは集合管の取り回しとの相性が良くなかったことから取り外されているものが多く、今となっては貴重なアイテム候補と言えるかも。

ウェビックバイク選びに掲載中の中古車は99万円~248万円。フロント16インチのA6型までと17インチ化したA7型以降で相場は大きく分けられ、さらに6ポットキャリパーやラジアルタイヤとなった最終形態といえるA12型以降がもっとも人気となっています。全掲載台数は90台と圧倒的に豊富。さすが売れたモデルだけあります。

2位 ヤマハ・FZR1000

2位はヤマハが87年~95年まで生産していたFZR1000。輸出車としてのみ作られていたため、日本にあるのはすべて逆輸入となります。

FZRという名やレーサーレプリカスタイルを持っているものの、750や400などに対して1000の性格としてはスポーツツアラーに近いもの。ギンギンに回して攻めるより、排気量と135ps(初代当時)のビッグパワーを生かして余裕ある走りを楽しめる乗り味のマシンとなっていました。

しかし、このクラスは90年代に入るやカワサキZZR1100が最速ツアラーというコンセプトで席巻。FZRは倒立フォークなどスポーツ面で差別化を図る熟成を重ねていくも、最終的には96年にすっかりフラッグシップツアラーらしいカウルをまとったYZF1000Rサンダーエースへとなっていったという背景を持っています。FZRは初代87~88年と2代目89~90年までが丸目2眼のいかにも当時のレプリカっぽいスタイル。一方、3代目91~93年はプロジェクタータイプの1レンズ、4代目94~95年は猫目2眼となりツアラー風味が濃くなっていました。

ウェビックバイク選びに掲載中の中古車は3代目とアップハンにカスタムされた4代目の2台のみとわずか。もともとタマ数も少ないモデルであるため、絶版車として雰囲気を楽しめそうな初代や2代目はなかなか見つけることは難しそうです。2位にランクインしたのは、そんなレアものを探しているコアなマニアが探してる?

3位 BMW・K100RS

BMWのKシリーズは水平対向2気筒のRシリーズと並び、縦置き直列4気筒という独自のレイアウトを採用したモデルたち。その第1弾が83年登場のK100RSです。

縦置きとなったのはシャフトドライブと組み合わせるため。また重心を下げるためシリンダーは90度寝かされていました。80年代といえば4輪でもBMWは羨望の外車ブランド。2輪のBMWオーナーたるやバイク少年たちには遠い存在でした。

当時のBMWオーナー像として、いかにも社会的に成功してそうで体型もスッキリしたダンディなオジサンたちを思い出してしまうのは、けっしてステレオタイプではなかった気がします。3位にランクインしたのは、そんなBMWオーナーに憧れた当時のバイク少年たちが同じような年齢を迎えて探しているからかも。

デザイン的にも国産とは一線を画した工業大国ドイツ製らしい佇まいで、絶版車の中でもひと味もふた味も違う風格を味わいたい人にピッタリでしょう。

ただ、ウェビックバイク選びに掲載中の中古物件は残念ながらゼロ! 当時から高嶺の華で選ばれし人のレアモデルだっただけに気長に探すしかないのかも。

4位 カワサキ・GPZ1000RX

4位はGPZ900Rからわずか2年の86年にデビューしたGPZ1000RX。

900Rから一変して空力性能を意識したフルカバードフォルムへと進化し、ウインカーもビルトイン。これは日進月歩で進化していく当時のバイク技術を反映しているかのようで、フレーム面も角型ツインスパーを採用。ただ1000RXでは材質はまだスチールで、形式的にもダブルクレードルの範疇。タイヤもバイアスの前後16インチ。ここからまた2年後のZX-10Rでアルミツインスパーフレーム&前17/後18インチラジアルへと進化していったのでした。

当時としては先代900Rの人気の方が高くてセールス的には今ひとつに終わった感のある1000RXですが、今となっては80~90年代のカワサキ最速マシンの系譜を歩んだ1台として歴史的な価値が。また、当時の国内でヒットしたGPZ400Rに通じるフォルムも懐かしさに輪をかけてる部分があるでしょう。

ウェビックバイク選びには、200万円の中古車が掲載中。ただ、一般的にはまだ50万円前後で取引されることが多いかたちです。もっともタマ数は多くなく、またカスタムされた車両が多いためにフルノーマルは希少となっています。

なお後継のZX-10は6位にランクインしていました。

5位 カワサキ・Z1000J

カワサキ空冷Zの後期を代表するモデルが81年モデルが初代となるZ1000J。

AMAスーパーバイクレースでも大活躍した高い戦闘力が自慢で、ローソンレプリカZ1000Rのベースにもなっています。その人気にあやかり90年代Zブームの折にはJの塗装をライムグリーンに塗り替えてビキニカウルとKERKERマフラーを装着した“なんちゃってローレプ”も多数出現したほど。もっとも、そんなローレプ風Jでも今ではれっきとしたお宝。

このあと空冷ZはZ1100GP→GPz1100へと進化していくのですが、それらは水冷ライバルの登場にどんどんと影が薄くなってしまい、空冷Zが最強として輝きを放った最後がこのJだったと言えるかもしれません。

Jの2代目までは北米向けと欧州向けでタンク形状が異なり、北米向けが丸タンクで欧州向けが角タンク。83年の3代目からは北米向けも角タンクとなっています。これらの中で人気が高いのは角タンク。やっぱりローレプのイメージが大きいのでしょうね。

ウェビックバイク選びに掲載中の中古車は185万円~350万円。Z1やZ2、Z1000mk2などより求めやすくはなっていますが、それでも絶版車としては高い人気を集めており、これからも相場は上昇していくと思われます。

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. 匿名 より:

    普通にテールカウルが有る。当たり前だが綺麗に見える。

  2. セントウ より:

    ヤマハFZR。此れに乗りたくて限定解除しました。

コメントをもっと見る
コメントを残す

カワサキ GPZ900Rの価格情報

カワサキ GPZ900R

カワサキ GPZ900R

新車 0

価格種別

中古車 14

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

165.22万円

価格帯 104.5~223万円

諸費用

2.56万円

価格帯 3.98~18.7万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

167.79万円

価格帯 108.48~241.7万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

カワサキ GPZ1000RXの価格情報

カワサキ GPZ1000RX

カワサキ GPZ1000RX

新車 0

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

200万円

価格帯 200万円

諸費用

4.47万円

価格帯 4.47万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

204.47万円

価格帯 204.47万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

カワサキ Z1000Jの価格情報

カワサキ Z1000J

カワサキ Z1000J

新車 0

価格種別

中古車 9

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

226.77万円

価格帯 143.5~314.9万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

198.99万円

価格帯 155~238.7万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ヤマハ FZR1000の価格情報

ヤマハ FZR1000

ヤマハ FZR1000

新車 0

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

182万円

価格帯 182万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

182万円

価格帯 182万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す