12月4日にパシフィコ横浜で開催された「横浜ホットロッドカスタムショー2022」には、カスタムバイクも出品されており、ハーレーに限らず日本メーカーのモデルも数多くベース車に使われている。ここではタイのK-SPEEDが出品したスーパーカブ110改をご紹介!

ここまで仕上げてワンオフではなく、130万円でコンプリート販売中

レブル、CT125ハンターカブ、ダックス125などを筆頭にカスタムパーツをリリースしている「K-SPEED」は、タイのインダストリアルデザイナー、タナデット氏の作品を販売するカスタムブランド。日本のブランドにはないデザイン性が人気を集めている。

今回、ホットロッドショーに出品された「K-SPEED CUB」は、日本でも130万8000円で販売されているもの。ベースはタイ仕様のスーパーカブで、これをベースにタイでコンプリートで製作したものが車両ごと日本に輸入され、全国12店舗で取り扱い中だ。

量産モデル言えども、K-SPEEDカブはまるでワンオフで製作されたかのうような完成度。スーパーカブの面影を残しつつ、全身フルカバードされたボディはただならぬ雰囲気を醸し出しており、大型のクルーザーカスタムのような迫力がある。

それでいて、中身は超好燃費と圧倒的な信頼性で群を抜くスーパーカブ110なので、安心して乗れるのがいいところだろう。ちなみにタイカブは、日本仕様と異なりフロントドラムブレーキの前後スポークホイール仕様で、それをベースにしたカスタムになる。

これがあのスーパーカブ110!? K-SPEEDがクラシックカスタムに転生【ホットロッドショー2022】

K-SPEED CUB [K-SPEED] 日本のスーパーカブ110と同じエンジンや車体を持つ、タイのスーパーカブをベースにしたコンプリートカスタム。マットブラックとホワイトの2色を用意する。

ホワイトは、エンジンをノーマルと同じシルバーにしている。スイングアームは延長&ローダウンされているのが分かる。マフラーはK-SPEEDがプロデュースするDiablo製だ。

サスだけでなく全体をロー&ロングにする一環でメーターを移設。メーターはノーマルを生かしており、液晶窓にはギアポジション表示も可能だ。

カブに装備されているセル、ホーン、ウインカー、ライト切り替えの4つのスイッチは、無骨な汎用スイッチに変更してカスタム感を演出。

シートもDiablo製で、おむすび型のスーパーカブとは趣が異なる上品なデザイン。

ヘッドライトは、スーパーカブ用のLEDヘッドライトを、ハンドルからボディに移設。ちなみにウインカーはフォークカバー部やリアフェンダーにさりげなく装着されている。

K-SPEEDの公式WEBサイトはこちら

ギャラリーページへ

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

ホンダ スーパーカブ110の価格情報

ホンダ スーパーカブ110

ホンダ スーパーカブ110

新車 168

価格種別

中古車 51

本体

価格帯 22.72~30.2万円

27.64万円

諸費用

価格帯 3.35~4.58万円

3.65万円

本体価格

諸費用

本体

27.42万円

価格帯 17.6~43.78万円

諸費用

1.33万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 27.3~33.55万円

31.3万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

28.75万円

価格帯 19.3~43.03万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す