ヤマハはタイで、SR400リミテッドエディションを発表した。排出ガス規制の関係で海外では生き残っているレジェンドに、誕生44周年を祝うスペシャルカラーを施し、400台限定で発売する。その車体色は1978年に登場した初代SR400を再現しつつ、専用エンブレムなどを追加したものだ。

43年で歴史に幕……と思ったら続きがあった!(タイで)

平成32年排出ガス規制の壁、ABS義務化、そして灯火類の追加レギュレーション……。日本ではさまざまな理由から継続生産ができなくなり、2021年モデルをもって殿堂入りとなってしまったSR400。初代から連綿と続くスタイリングを崩さずに生産が続き、シングルスポーツとも呼ばれたSR400はいつしかリアルクラシックに。2021年に発売されたファイナルエディションおよびファイナルエディションリミテッドは、前後ワイヤースポークホイールにキックスターターと、初代当時からのアイデンティティをそのまま継承しながら、現代のバイクと同じようにフューエルインジェクションを装備するなど、可能な限り姿形を大きく変えることなくゴールへとたどり着いた。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

この記事にいいねする

コメントを残す

ヤマハ SR400の価格情報

ヤマハ SR400

ヤマハ SR400

新車 1

価格種別

中古車 237

本体

価格帯 104.5万円

104.5万円

諸費用

価格帯 7.46万円

7.46万円

本体価格

諸費用

本体

77.6万円

価格帯 37.4~200万円

諸費用

9.61万円

価格帯 5.6~8.29万円


乗り出し価格

価格帯 111.96万円

111.96万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

87.21万円

価格帯 43~208.29万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す