スズキがVストロームミーティング2022で新型のVストロームSXを初公開し、鈴木俊宏社長が国内での発売をアナウンスした。現地で展示された車両をチェックするとともに開発者インタビューもお届けしたい。

コンセプトはクロスオーバー、未舗装路での走破性も徹底テスト

新開発の油冷単気筒エンジンを搭載したジクサー250をベースにしたVストロームSXは、2022年4月にインドで発表されたモデル。日本での発売が期待されていたが、11月のVストロームミーティングで2023年後半に発売予定になることが明らかになった。

ベースとなるジクサー250は2020年に国内で発売されたが、令和2年排出ガス規制に対応するモデルチェンジが控えている。これを経て、同じエンジンとシャーシを使用した新型VストロームSXが日本で発売される予定だ。そのため、発売時期は2023年7月以降と予想される。

VストロームSXのコンセプトは「スポーツクロスオーバー」。S:Sports/X:Cross Overの略字でSXがオフロードとは一線を画していることが表れている。クロスオーバーはオンとオフの中間的な位置づけで、オフ走行は林道程度の未舗装路での走行を想定している。

基本はネイキッドのジクサー250を使用しつつ前後ホイールを新作し、17→19インチに大径化したフロントホイールで乗り越え性と安定性が向上。また、スイングアームも延長して直進安定性とサスストロークを確保している。エンジンセッティングはジクサーと共通だ。

VストロームSX市販予定車 [SUZUKI] 油冷単気筒250ccのエンジンの最新型。「V」はVersatile(バーサタイル/多用途)の頭文字で、SXは未舗装路まで範囲を広げて多用途性を高めた。

ジクサー250 [SUZUKi] 新油冷「SOCS(Suzuki Oil Cooling System)」を初搭載。基本は共通だが、シートレールはVストロームSXは積載を考慮した強度や寸法に変更されている。

SOCSは、シリンダーヘッドの燃焼室外周にオイル通路を設け、循環させてエンジンを冷却する方式。空冷より冷却性能に優れ、水冷式よりも軽量といったメリットがある。

足着き性はセロー250よりもかかとが浮く感じ

VストロームSXのインド仕様は、シート高は835mmと公表されている。セロー250との差はわずかプラス5mmとなるが、跨ってみると結構かかとが浮くという印象。また、シート高830mmのCRF250Lと写真で見比べてみても足着き性には差があった。

最低地上高はインド仕様で205mmになっており、ジクサー250より40mmも拡大。一方、シート高は35mmアップに留めているので足着き性も配慮されているはず。ちなみにセローの最低地上高は285mm、CRFが245mmなので本格オフロードモデルに比べると低めだ。

また、車重は167kgあり、セロー250の133kg、CRF250Lの140kgよりも装備が盛り込まれている分ヘビーとなる。このあたりからもクロスオーバースポーツコンセプトなのが分かるが、本格オフロード車よりも快適にツーリングが楽しめるはずだ。

それでも並列2気筒のVストローム250よりも20kg以上軽量で、試乗したライダーによると「軽量さと相まってバランスも良く、不整地でもかなり積極的に振り回して楽しめるので、安定志向の高いパラツインのVストローム250と違う楽しさがあった」という。

身長170cm/体重65kgのライディングポジション。大型スクリーンやハンドガード、大型リアキャリアが装備されており、ツーリングセローのようなコンセプトになる。

Vストロームミーティングで展示されたVストロームSXの市販予定車に跨った写真。同じ人物で写真のように両足かかとが浮く感じだ。

同じ人物のシート高830mmのCRF250Lの足着き性はご覧の通り。セロー250も同じ830mmとなるが、このくらいの足着き性だった。

Vストローム250 [SUZUKI] 2017年に登場。並列2気筒エンジンは粘り強いロングストローク仕様でゆったりとクルージングできる特性だ。こちらも規制をクリアして併売となる。

【開発者インタビュー】林道走行では納得していただけると思います!

開発者トークショーでマイクを握る野尻哲治氏。小排気量のファンモデルを担当しており、ジクサー250やVストローム250のチーフエンジニアも歴任した人物だ。

「2020年にジクサー250を日本で発売して好評をいただきました。また、今のVストローム250も独特な乗り味などをご好評いただいています。これを両方合体させたのがVストロームSXというのが分かりやすい表現になります。

Vストローム250はかなりオンロードに寄ったコンセプトで、エントリーユーザーの方にも乗っていただいています。そして、エントリーモデルとして好評なジクサー250のエンジンを使ってもう一台Vストロームを作りたいなと思ったのが、一番最初の狙いです。

VストロームSXはオフロード車ではなく、未舗装路に対応したモデルです。フロントホイールを19インチにしたのは、Vストローム250と差別化して新しい選択肢を増やしたいという狙いからです。ジクサー250が出た時に、あのエンジンでDRを出して欲しいという声もありましたが、エントリーモデルとして考えているので、19インチで用意しました。

VストロームSXは未舗装路対応車ですので、オフロードに対応した作り込みは決して多い訳ではないです。ですが、開発を進めるにあたってテストライダーの方も色々な所でテストしてくれて節々は作り込まれていますので、林道走行では納得していただけると思います」(談)

フレームはメイン部分がジクサー250と共通のバックボーンダイヤモンドフレーム。タイヤはセミブロックタイヤで林道での走破性も確保されている。

油冷単気筒エンジンはインド仕様で26.5PSを発揮。実は2気筒のVストローム250の24PSよりもパワフルで、CRF250Lの24PS、セロー250の20PSも上回っている。

VストロームSXは未舗装路での飛び石などを想定してオイルクーラーコアガードを装備している。ジクサー250にはない装備だ。

シートは前後セパレートで、後席下にはETC車載器程度が入るスペースを確保。アルミ製リアキャリアは6kgの積載量を確保している。

ギザギザのあるオフロードタイプのステップに溝付きラバーが載せられている。ラバーは裏側からネジで固定されているので、脱着可能と思われる。

ハンドルはかなりアップかつワイドで未舗装路でのスタンディングポジションでも扱いやすそう。メーターはフル液晶でインド仕様ではスマホ連携も可能だ。

雨風や枝などから手を守るハンドガードを標準装備。バーエンドで固定するタイプなので、転倒時のレバー保護も見込めるだろう。

メーターの左脇にはUSB電源を装備。青く光るの夜間でも使いやすい。

VストロームSXインド仕様主要諸元

・全長×全幅×全高:2180×880×1355mm
・ホイールベース:1440mm
・シート高:835mm
・車重:167kg
・エンジン:油冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ 249cc
・最高出力:26.5PS/9300rpm
・最大トルク:2.26㎏-m/7300rpm
・燃料タンク容量:12L
・変速機:6段リターン
・ブレーキ:F=ディスク、R=ディスク
・タイヤ:F=100/90-19、R=140/70-17
・価格: 21万1600ルピー(約36万5000円)

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. スーさん より:

    発売確定!に感激しております、ジクサー250に乗っていますがこのニュースが出る前からこのエンジンでOFFロードも悪くないと常々思っていました、ジクサーは初心者向け?とよく紹介されますがそれは扱いやすいエンジン故、ブン回せる快感とリカバリーできる操作性や車体価格は素晴らしいと思います。

  2. anny より:

    DR期待してます。

コメントをもっと見る
コメントを残す

スズキ VストロームSXの価格情報

スズキ VストロームSX

スズキ VストロームSX

新車 6

価格種別

中古車 0

本体

価格帯 51.8~53.4万円

52.2万円

諸費用

価格帯 7.45~7.95万円

7.88万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 59.75~60.85万円

60.08万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ―万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す