専用アフターパーツが多く、カスタムメニューが豊富なGPZ750Rで、自分らしさを出そうとカスタムに着手。ドレスアップで個性を出し、定評あるパーツと流用パーツで走行性能をアップさせた。

自分流のポイントはオールペイント

GPZ900R/750Rは、カスタムメニューが非常に多い車種である。その状況下で、「自分流のカスタムにしてほしい」と車両オーナーから要望を受け、アクセルモータービルドが手を加えた車両が、このGPZ750Rだ。

→全文を読む

情報提供元 [ カワサキイチバン ]

この記事にいいねする

コメントを残す