ライダーへのなじみや扱いやすさ強化の利点を表現

テクニカルガレージRUN(TG-RUN)が展開するバージョンアップ・コンプリートの1台として手がけた、ヤマハMT-10。ブラックのボディカラーやフレーム/エンジンをベースに、オーリンズフロントフォーク&リヤショックのイエロー&ゴールドがカラーアクセントとなっている。

前後のマルケジーニ・アルミ鍛造ホイールやブレンボキャリパー等の装着もバージョンアップコンプリートとしておなじみのメニューだが、確実な軽さを生み、現代リッタークラスネイキッドがミドルクラスのようなサイズ感で取り回しできる。オーリンズサスは跨がっただけの段階でも、柔らかいのに腰があるように仕立てられている感じが伝わってくる。

ところでMT-10には電子制御のオーリンズ製前後サスペンションを持つMT-10 SPも純正設定されているが、この車両のようなコンプリート化では、そこに近づけることになるのだろうか。それとも別の思惑があるのか。TG-RUN・杉本さんは言う。

YAMAHA MT-10

「車両のコンセプトとしては“SPを超えるSTD”を立てています。街乗りを主体にされているオーナーさんですから、そのために各部は細かく上質な動きをさせたい。ブレンボキャリパーやラボ・カロッツェリア扱いのオーリンズサスを使うのはそこなんです。

電子制御も素晴らしいのですが、まだ現時点の性能であれば電子制御されるよりも、きちんとセッティングして、それが決まった通常タイプのサスペンションの方がベターだと私は考えます。同様にブレーキも、鈴鹿8耐やTOTからストリート仕様での経験も含めて、アフターマーケットのハイグレード品によってアップグレードする。単にブランドだからでなく、どう考えてどうセットアップして使うかです」

確かに市販車も純正でブランドパーツを導入することによって質は確実に高まっている。その上で、より高質なアフターマーケットパーツも進化を続けている。その特性を実践から知り、バイク本来の機能を高めるように使う。だからこそ魅力は高まるし、楽しさも増していくことになる。この車両もそうなっているのだ。


Detailed Description 詳細説明

クラッチレバーはZETAフライトレバーに換装、フロントマスターシリンダーはブレンボレーシング。操作性やタッチも向上させている。



特徴的なフロントマスクの下にはオーリンズ・ステアリングダンパーを追加する。サス同様にきちんとセットアップされているのだ。



フェンダーレスキットスタイルでプレートサイドにMTシリーズのロゴと車名が入るナンバープレートホルダーは純正アクセサリーだ。



削り出しによるアルミ製ステップキットはテクニカルガレージRUNオリジナルがセットされ、操作性とポジションを好適化している。



並列4気筒999ccのエンジンやフューエルインジェクション、フレームなどはノーマルのまま。ケイファクトリー製フレームスライダーやGBレーシング製エンジンカバー、エッチングファクトリー製ラジエーター/オイルクーラーコアガードが装着される。排気系はアクラポヴィッチのスリップオンマフラーだ。



フロントフォークはオーリンズ倒立タイプ、リヤショックもオーリンズ。フロントブレーキはブレンボ2PCレーシングキャリパー+サンスター・ワークスエキスパンドディスクに換装され、タッチの上質化と制動力強化を行う。カーボンフェンダーはマジカルレーシング製。



リヤブレーキやアルミスイングアームはMT-10純正。リヤインナーフェンダーもマジカルレーシング製カーボンで精悍さと軽さを作る。



3.50-17/6.00-17サイズの前後ホイールはマルケジーニのアルミ鍛造7本スポーク、M7RSジェネシ。タイヤはブリヂストンS22をチョイスした。


主なカスタム内容(YAMAHA MT-10)

エンジン
*エンジンカバー類含む
K-FACTORY エンジンスライダー (MT-10/SP -’20)
GB Racing FIM公認 エンジンカバー(2次カバー )
ETCHING FACTORY ラジエター&オイルクーラーガードSET
エキゾーストシステム AKRAPOVIC 政府認証マフラー SLIP ON LINE チタン
ブレーキ周り
*マスター含む
フロント
BREMBO RCSラジアルブレーキマスター
DIRT FREAK ZETA フライトパーチレバー
BREMBO 2PCレーシングキャリパー
SUNSTAR ワークスエキスパンドディスク
ホイール周り
フロント
marchesini M7 RS GENESI 3.50-17
ホイール周り
リア
marchesini M7 RS GENESI 6.00-17
サスペンション
フロントフォーク
OHLINS 倒立フロントフォーク“FG R&T”
サスペンション
リアショック
OHLINS TTX GP リアショック
ステップ TG-RUN ライディングステップキット
ハンドル周りステアリング
*ステダン、ミラー含む
OHLINS ステアリングダンパー
外装 Magical Racing カーボンフロントフェンダー
Magical Racing カーボンリアフェンダー



テクニカルガレージRUN MT-10(YAMAHA MT-10)
取材協力:テクニカルガレージRUN TEL043-309-5189 〒260-0001千葉県千葉市中央区都町2-2-7
URL:https://www.TG-RUN.com
2022年 10月 31日

情報提供元 [ ヘリテイジ&レジェンズ ]

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

ヤマハ MT-10の価格情報

ヤマハ MT-10

ヤマハ MT-10

新車 35

価格種別

中古車 24

本体

価格帯 189.8~218.9万円

201.82万円

諸費用

価格帯 2.7~9.44万円

5.61万円

本体価格

諸費用

本体

129.05万円

価格帯 109.85~147.35万円

諸費用

7.87万円

価格帯 7.64~15.9万円


乗り出し価格

価格帯 192.5~228.34万円

207.43万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

136.92万円

価格帯 125.75~154.99万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す