ホンダがミラノショーで2023年型フォルツァシリーズを発表した。すでにフォルツァ350についてはタイで先行発表されていたので、ここではフォルツァ125を紹介したい。日本では未発売モデルだが、このゴージャスさはすごい!

「すべての最高のものを備えた究極の 125cc スクーター」を目指した

2015年に欧州でブランニューモデルとしてデビューしたフォルツァ125は、簡単に説明するとビッグスクーターのボディに125ccのエンジンを搭載したモデル。ボディは日本でも発売されているフォルツァ250と共通で、全長はともに2145mm(国内PCXは1935mm)になっている。

これが欧州で好調なセールスを記録しており、2022年8月までに9万8000台を販売している。コンセプトは「すべての最高のものを備えた究極の125ccスクーターを作ることでした。優れた高速性能とクラス最高の加速の両方を提供します。上品でプレミアムなスタイルで、実用性と快適性に重点を置いています」と初代モデルの開発責任者は語る。

装備はフォルツァ250と共通で、2018年型以降は125ccスクーターに関わらず電動調整式のスクリーンまで装備しているのだ。2023年型は、4バルブエンジンやトラクションコントロールを装備した2021年型を踏襲しつつ外装やメーターを刷新し、350と共通の2眼ヘッドライトを装備している。

エンジンはPCXと同系の水冷単気筒4バルブだが、最高出力は14.5PSとPCX(国内PCXは12.5PS)を2PSも上回っている。最高速は108km/h、巡行速度は90km/h前後と発表されているので、164kg(国内PCXは132kg)という車重のハンデはそれほど影響がないのかも知れない。

フォルツァ125は2015年の東京モーターショーに参考出品され国内での市場調査も実施されたと思われるが、導入されるという情報は現在までのところ得られていない。

2023年型FORZA125 [HONDA] 究極の125ccスクーターとしてリリースされ欧州でヒットモデルとして定着しているシリーズの末弟。写真は赤ホイールのスペシャルエディション。

往年の250cc国内フォルツァをイメージさせる2眼ヘッドライトにスタイルを刷新。この変更はシリーズ頂点モデルのフォルツァ750(日本未発売)に合わせたものになる。

2023年型フォルツァシリーズはメーター外周を発光させ液晶表示を更新。写真のスペシャルエディションはメーターを赤く発光させてゴージャスさを強調する。

2018年型から採用する電動調整式スクリーンは180mmの調整幅がある。

2023年型フォルツァ125欧州仕様主要諸元

・全長×全幅×全高:2145×754×1350mm
・ホイールベース:1505mm
・シート高:780mm
・車重:164kg
・エンジン:水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ 125cc
・最高出力:14.54PS/8750rpm
・最大トルク:1.25㎏-m/6500rpm
・燃料タンク容量:11.7L
・変速機:CVT
・ブレーキ:F=ディスク、R=ディスク
・タイヤ:F=120/70-15、R=140/70-14

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. yassy より:

    フォルツァ125 国内発売を熱望しています。

  2. まる より:

    フォルツァ125‼︎
    なぜ日本で発売しない⁈⁈
    スペシャルエディションカッコいい‼︎

コメントをもっと見る
コメントを残す

ホンダ フォルツァ 125の価格情報

ホンダ フォルツァ 125

ホンダ フォルツァ 125

新車 1

価格種別

中古車 0

本体

価格帯 58.8万円

58.8万円

諸費用

価格帯 3.2万円

3.2万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 62万円

62万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ―万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す