画像は編集部が制作したCG

気負わずにストリートでも楽しめて、サーキットではいい汗をかけるスーパースポーツとして、ミドルクラスに鮮烈なデビューを飾ったYZF-R7。MT-07のエンジンを使ったということは、MT-09ベースの3気筒版も…? と期待した人も多いのではないだろうか?

情報提供元:月刊オートバイ2022年12月号(11月1日発売)
CG:宮窪伸治

YZF-R9登場の真相に迫る!

国内では2022年にYZF-R7が発売されたばかりだが、新たにYZF-R9も加わるとの噂をキャッチ! 名前からご想像の通り、MT-09をフルカウルスポーツに変更したモデルになる
ようだ。

YZF-R7は、MT-07の足回りを倒立フォークにするなど強化。さらにセパレートハンドルの
スポーティなライディングポジションにすることで、基本を変えずにスーパースポーツ化を果たしたモデル。これまでとは全く異なるアプローチだったが、評価は高く、ヤマハはおそらく、R9でも同様の手法を実践することだろう。

そして、将来的にYZF-R9は、ストリートで楽しむSSシリーズの最上位として位置づけられる可能性が高い。R1は現行型以上に進化はしない模様なので、R9の果たす役割は大きい。来年はYZF-Rシリーズ誕生25周年。新たな門出になりそうだ。

YZF-R9 [YAMAHA] 画像は編集部が制作したCG。予想登場時期:2023年秋

YZF-R9 [YAMAHA] MT-07の並列2気筒とスチールフレームをベースにSS化。旧YZF
-R7とは全くコンセプトが異なり、99万9900円の価格も話題を呼んだ。

プラットフォーム共用で全く異なる3車を開発

2022年のYZF-R7でヤマハのプラットフォーム戦略が完成に至ったと言えるだろう。ヤマハは、2014年にMTシリーズをリリースした際に、これを皮切りに様々な機種を発売することを公表していたのだ。

第2弾はXSR700で、MT-07をネオクラシックカスタムにイメージチェンジし2015年に欧州で発売。この後、2022年のテネレ700が挟まり、YZF-R7で基本シリーズが出揃ったと言えるだろう。

ヤマハは、同一プラットフォームで、ネイキッドスポーツ/ネオクラシック/スーパースポーツの3車を揃える横串連携の戦略を推進しており、実際に海外では125ccと150ccクラスでもこれを推進している。

そして、いよいよ2024年には、MT-09ベースのYZF-R9が発売されるだろう。開発も進んでいるようで、実車でのテストが行われている模様だ。その姿は、YZF-R7のようにM字ダクト内にバイファンクションヘッドライトが設置され、Rシリーズのイメージを踏襲しているようだ。

また、搭載する並列3気筒エンジンはMT-09で120PSを発揮することから、生産終了したYZF-R6の領域もカバーできるだろう。

YZF-R9 [YAMAHA] 画像は編集部が制作したCG。予想登場時期:2023年秋

2021年型MT-09国内仕様 [YAMAHA] 2021年にフルモデルチェンジしたMT-09は、並列3気筒エンジンを従来の845㏄から888㏄に拡大し、シャーシも刷新している。価格:110万円

2022年型XSR900国内仕様 [YAMAHA] 新型MT-09をベースに2022年にフルモデルチェンジ。スペックはMT-09と同様で、ネオクラシックスタイルでも中身は高性能だ。価格:121万円

Moto2の3気筒765ccよりもパワフル?

ヤマハ3気筒のルーツは1976年のXS750まで遡る。これが、2014年にMT-09で復活し、往年のXSを襲名したXSR900が2016年に発売された。YZF-R9は3気筒のフルカウルスポーツとしては最大の888ccとなり、ライバルのトライアンフよりもパワフルに仕上げてくるか!?

MT-09シリーズの特徴は並列3気筒エンジンで、2021年にユーロ5に対応すると同時に排気量を888ccに拡大した。電子制御スロットルを採用するなど最新鋭の装備を誇る。

トライアンフも1960年代から3気筒エンジンを採用している。現在は765ccのMoto2用エンジンを供給しており、2020年には同系エンジンのデイトナ765を限定販売している。

新型MT-09SPベースなら戦闘力は高い!

YZF-R9のベースになると思われるMT-09は2021年のフルモデルチェンジで大幅な性能アップを果たしている。シャシーは、フレームとスイングアームで従来比2・3㎏、前後ホイールで700gの軽量化を達成。さらに自社開発の小型IMUを採用し、バンク角も反映したトラクションコントロールやスライドコントロールなどより高度な電子制御も導入。R9でもこれらを活用するだろう。

MT-09SPが採用するフロントのKYBサスは、フルアジャスタブル+圧側は高速・低速の調整が可能。さらにリアはオーリンズ製サスを採用する。

新型MT-09のアルミフレームは薄肉化を促進。

ホイールは新製法で製造され鍛造に匹敵する強度を確保する。

自社製IMUは50%小型化された。

この記事にいいねする

コメントを残す