ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。
今回は、モトグッチ「V85 TT」についてオーナーの生の声をお届けします!

ぶっちゃけV85 TTってこういうバイク!!

V85 TTは、2018年に発表され2019年から日本国内へのデリバリーが開始された、モトグッチのアドベンチャーツアラーです。同社にとってはステルビオ1200以来、ほぼ10年ぶりのオフロードを意識したモデルとなります。

エンジンの排気量は853cc、縦置きクランクシャフトを持つシリンダー挟み角90度のVツインを搭載しています。車体の左右に斜めに突き出したシリンダーは、モトグッチのアイデンティティともいえる部分です。同社のクルーザーモデルV9シリーズと同じ排気量を持ちますが、クランクケースまで別物の完全新設計エンジンで、最高出力も20PS以上向上しています。

世界的に大流行しているアドベンチャーツアラーですが、V85 TTは独特の存在感を放っています。その理由の一つが、大径の丸型二眼ヘッドライト。これは、1980年代にモトグッチがパリ-ダカール・ラリーに取り組んでいた時の車両、V65 TTから受け継がれたものです。V65 TTへのリスペクトは、車体デザインのあちこちに見られ、丸みを帯びたタンクをはじめとしてどこか懐かしいフォルムをまとっています。さしずめ、ネオクラシックアドベンチャーツアラーといった風情です。

スタイルはオーセンティックなV85 TTですが、装備は現代的。スロットル制御は、ライド・バイ・ワイヤーを採用。ロード・レイン・オフロードの3種のライディングモードを選択可能で、トラクションコントロールやABSの介入度合いもモードに合わせて最適化されています。また、クルーズコントロールも装備しています。オプション設定ですが、スマーフォン連携機能のMOTOGUZZI MIAを使用すれば、各種の車両情報やインカムの制御などの機能も利用可能です。

フレームはスチールの高張力管製、エンジンを上側から囲むようなダイヤモンド形状で、トレリス構造で補強しているイメージです。エンジンを剛性メンバーとして積極活用しているようで、剛性感は必要十分。特に、高速走行時の安定感の高さは、アドベンチャーツアラーとしての実力の高さを感じさせます。ドライブトレインは、メンテナンスフリーなシャフトドライブ。ロングツーリングで頼れるメカニズムです。ホイールサイズはフロント19インチ、リヤ17インチ。ホイールトラベル量は前後共に170mmが確保されているので、未舗装路でのツーリングもこなせる本格派です。

伝統の縦置きVツインエンジンとノスタルジックテイストを取り入れたフォルム。そして最新の電子制御。V85 TTは、お洒落にツーリングを楽しみたいライダーに薦めたい一台です。

WebikeユーザーはV85 TTをどう感じている?

詳細はコチラをクリック

V85 TT
新車平均本体価格:159.83万円
中古車平均本体価格:108.9万円
口コミ件数:4件
※データは2022年11月25日現在

オーナー平均満足度は5点満点中で3.82点!(評価人数: 28人)

特筆すべきはルックス、積載性が4点以上と高水準であることでしょう!
評価人数はけして多いわけではありませんが、口コミは濃いコメントが多い点も印象的でした。

V85 TTのざっくりまとめ

よいところ

空冷V型縦置きエンジンがかっこいい
フロント19インチは絶品
乗車姿勢が楽
鼓動感のあるエンジン。のんびりと走れる
満タンで500キロは走る

悪いところ

足の前にシリンダーがあるのでとにかく熱い
平均的な日本人には、やや大きすぎるし重すぎる
オイルもそうだが、部品代が高い
チューブタイヤなのでちょっと不安

V85 TTオーナーの声

ここでは数ある口コミの中でも特に印象的だった声を紹介します。

JPさん

購入動機・用途・比較車種 一目見てデザインが気になりだし購入を決めました。
長所・満足な点 ・他と被らないデザイン。
・空冷V型縦置きエンジンがかっこいい。
・タンクが大きく燃費もそこそこ良いので航続距離が長いので給油を気にせず走れる。
・峠でもそこそこ早く走れる。
・必要十分な装備がある。
・クラッチが非常に軽くオートシフターがなくても手が疲れない。
短所・不満な点 ・空冷で足の前にシリンダーがあるのでとにかく熱い。
・足つきがイマイチ。真っすぐ足を下すとステップにあたる。
・スイッチがグニャグニャで節度感がない。
・高速ではかなり風を受ける。
・チューブタイヤなのでちょっと不安。
これから買う人へのアドバイス MOTOGUZZIは初めてなのでよくわかりませんが、特に気にせず乗れるバイクです。高速道路を頻繁に使用するなら大型のスクリーンに交換したほうがいいかもしれません。低速でのんびり走っても楽しいバイクです。

エルモさん

購入動機・用途・比較車種 モトグッチ縦型Vツインは、一度は乗ってみたかったバイク。
V7スペシャルと悩みましたが、どうせ乗るならモトグッチ最高傑作だと思う、
V85TTだと思いこちらに決めました。結果正解だったと思います。
この乗り味は、このバイクでないと味わえないと思います。
長所・満足な点 フロント19インチは絶品です。コーナーリングの安定性はこれでないとという感じです。取り回しは重さを感じますが、いざ走り出すとその重さは、逆に軽さを感じてしまうほど軽快にひらひら走れます。
これから買う人へのアドバイス このバイク所有してじっくり乗らないと良さがわからないかも?
でもその良さがわかると、今まで乗ったことのないバイクの感覚が味わえると思います。

今は、今まで乗ったバイクの中で最高だと思ってます。

mongouさん

購入動機・用途・比較車種 1000CCのアドベンチヤーが重くなり、軽めのツアラーを探していた時、チェーンでは無く、長距離の整備性を考えた時にこれが出た。スタイル・色がイタリアぽくて気に入った。
長所・満足な点 ★取り回しが軽くて楽
★このクラスでチェーンで無いは魅力
★鼓動感のあるエンジン のんびりと走れる。
★下のトルクがあり、発進は楽。
★スタイルも居ろも国産にはないものです。
短所・不満な点 ★耐久性、故障等未知の部分があり、心配
★オイルもそうだが、部品代が高い。
★パニアステー、トップケース基台等鉄製なので 手を抜くと錆びが出てくる。
これから買う人へのアドバイス R1200GS、F750GSが人気だが、誰も乗っていないオフロードツアラーに乗りたいならトラかこれに限る。

 

この記事にいいねする

コメントを残す

モトグッチ V85 TTの価格情報

モトグッチ V85 TT

モトグッチ V85 TT

新車 10

価格種別

中古車 2

本体

価格帯 126.5~170.5万円

161.7万円

諸費用

価格帯 16.75~16.76万円

14.29万円

本体価格

諸費用

本体

121.5万円

価格帯 120~123万円

諸費用

4.5万円

価格帯 3~6万円


乗り出し価格

価格帯 143.25~187.26万円

175.99万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

126万円

価格帯 123~129万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す