往時の輝きを取り戻すべく、RCMで現行車に匹敵する走行性能を与える

1970〜80年代にリリースされた当時のフラッグシップモデルを中心に、現代的な走行性能を与え、再びフラッグシップモデルとしての存在感や性能を与えようというのが、サンクチュアリー本店を旗艦店とするサンクチュアリーグループが手がけるコンプリートマシンRCM。このZ1000MkⅡもその1台だ。

長くバイクフリークたちに愛されてきたカワサキの空冷Zシリーズも、製造から40〜50年近い年月が経過して希少化が進み、価格が高騰化している。とりわけわずか2年で生産が終了したZ1000MkⅡなどは、今や最新スーパースポーツモデル2〜3台分の価格になってしまった。「子供のころにあこがれだった空冷Zを、今こそ」という人も少なくないだろうが、もはや一般的なサラリーマンが安易に買い求められる存在ではなくなった。

このマシンのオーナーは、そんな厳しさが増す流通事情の中でも最高峰のマシンに乗りたいとサンクチュアリー本店にZ1000MkⅡベースのRCM製作を依頼。そのオーナーの熱意に応えるべく、RCMとして培ったノウハウが注ぎ込まれているのだ。

KAWASAKI Z1000MkⅡ

RCMの根幹には同社が長年つちかってきたノウハウにより、一定の基準が存在する。その一つがシャーシだ。現代的な走行性能を得るうえで17インチ・ハイグリップラジアルタイヤは欠かせない。しかし空冷Z純正の華奢なフレームのままでは、現代のハイグリップタイヤの応力に負ける。それにフロント19インチ・リヤ18インチ(※Z1R-1は前後18インチ)のホイールを前後17インチにすれば、車体姿勢や重量配分などまるで変わってしまう。17インチホイール・タイヤには17インチに適した専用の車体姿勢やフレーム構成、そして足まわりのパーツといったモノが必須になるわけだ。

そこで車体姿勢の適正化のため、同社ではスカルプチャーと名付けられた機能パーツを開発。17インチ化することでの前傾姿勢を矯正するアッパー&アンダーブラケットやスイングアームはスカルプチャー製だ。これを根幹としてフレームはオリジナルの補強メニューとなるステージⅡとし、ハイグリップタイヤの応力に応じた強度を得た。また、現代のスポーツモデル用17インチラジアルタイヤの主流は180サイズとなり、純正よりかなりワイドになっているにも対応し、ドライブチェーンのオフセット用軌道を確保するインライン処理も加わる。

足まわりはというと、現行スポーツモデルに匹敵する走行性能をとO・Zレーシング製アルミ鍛造ホイールや、オーリンズ製前後ショックユニット、サンスターやブレンボ製ブレーキパーツといった世界的に高く評価されている第一級のパーツで構築。現代でも通用する走行性能が追求されている。

全体を見るとこのZ1000MkⅡも豪華な構成となっているが、これも「高性能なパーツを用いればイコールで高い走行性能が得られる」という単純な話ではない。つまるところ高い走行性能とはあらゆるシチュエーションで発揮されるべきであり、それは乗りやすくなくては実現できないものだ。マイペースに街中を流しているときも、ワインディングでスポーツ走行を楽しもうとするときも、はたまた高速道路をクルージングしているときにも乗りやすく、操りやすい状態であることが望ましい。その高い理想を実現するために、そしてはるか昔に輝いた空冷Zの栄光を取り戻すうえでも、全体のバランスを考えつつハイレベルなパーツでマシンを構築する。そこに妥協は潜ませない。それがサンクチュアリーのRCMに共通する哲学でもあるのだ。


カスタムポイント

RCMにおいてエンジンのチューニングメニューは2パターン存在する。一つがパワーパッケージで、もう一つがライフパッケージだ。このマシンではライフパッケージを選択し、ピスタルレーシングの1㎜オーバーサイズピストンで1,045㏄とした以外にスペック上の大幅な変更点はない。しかし対策パーツやPAMS製ESTライナー、クランクの芯出し修正やバルブまわりのオーバーホールなどを経て、純正を上回る出力と安心感を得た仕様とした。

KAWASAKI Z1000MkⅡ


カスタムパーツギャラリー

細かいポイントだがスイッチ類はすべて高年式車の純正を流用。古いスイッチ類は誤作動の恐れがあるし、信頼性を高めるうえでこの手の転送類の刷新はごく定番。当然、同社でもすべて新品に交換



ブレーキとクラッチのマスターはともにブレンボ製RCSを採用。ラジアル式とすることでタッチ感がつかみやすく、操作性も向上するとしてレースシーンはもちろんストリートでも使用率が高いパーツだ



ブレーキホースは同社が取り扱うイタリアのアレグリ製。ブレーキホースは油圧の伝導率といった性能はもちろん取り回しも同社では㎜単位でこだわっている部分であり、バンジョーの角度や位置も微調整を重ねて決定される



フロントフォークはオーリンズ製正立タイプ。同社ではフロントフォークと、フロントフォーク交換時に必須となるフロントフェンダーやフェンダー取り付けステー、キャリパーサポートをセット販売するE×M(エクスチェンジモード)パッケージとして展開中



リヤショックはオーリンズ製。同社ではとくに指定がなければ非常に高い確率で選択するブランドだが、高い人気に裏付けられるように豊富なセッティングデータが揃い、性能をオーナー好みの特性で仕上げている



O・Zレーシング製ガスRS-Aアルミ鍛造ホイール、サンスター製RCMコンセプトローター、ブレンボ製キャリパーなどなど、足まわりには一級品を投入してステージを問わない操縦性を追求している



ステップはシンブルな造形で人気を博しているナイトロレーシング製。動作部にはベアリングを内蔵することで操作性を高めているのもポイントだ。マスターが前向きなのはブレーキフルードカップをサイドカウル内に収めるための措置



輪切りにしたチタンパイプを一つひとつ溶接し、エンジンに極力近付けつつパイプを曲げた際に潰さないようにという意図でスタートしたウェルドクラフト製法で製作されたエキゾーストハイプが独特の存在感で美しい



ピボット周辺のフレームパイプはインライン処理し、ワイドな180サイズタイヤに対応。スプロケットもオフセットされた。またスプロケットカバーはメンテナンス性も考慮したナイトロレーシング製。分割式なのは色替えもできるようにという意図。またスピードメーターセンサーも取り付け可能だ



リヤブレーキは単なる制動力というより、ブレーキンクによりコーナリングでの車体姿勢を制御しやすいよう意図的に制動力そのものは弱化。そのぶん踏み代を増し、パニックブレーキを防ぎつつコントロール性を高めている



スイングアームは空冷Z系を17インチ化した際の最適な車体姿勢を得るため専用開発されたスカルプチャー製。これは市販品とは異なり、RCM専用のチェーン引きで差別化。またメンテナンススタンドフックをあえて赤色とし、全体のアクセントとしている


「Z1000MkⅡ by サンクチュアリー本店」の主なカスタム内容

エンジン総排気量 1,045cm3
ピストン ピスタルレーシング
キャブレター ヨシムラTMR-MJNφ38mm
エキゾーストシステム ナイトロレーシング
電装系 ASウオタニ SPⅡ
オイルクーラー ナイトロレーシング×アールズ
ホイール (F)O・Zレーシング ガスRS-A 3.50-17
(R)O・Zレーシング ガスRS-A 5.50-17
タイヤ ピレリ ディアブロ
Fブレーキ キャリパー:ブレンボ4ポット
ローター:サンスター
マスター:ブレンボ ラジアルポンプ
ホース:アレグリ
Rブレーキ キャリパー:ブレンボ2ポット
ローター:サンスター
Fフォーク オーリンズ
ブラケット スカルプチャー
Rショック オーリンズ
スイングアーム スカルプチャー
ハンドルバー ポッシュ
ステップ ナイトロレーシング


問い合わせ
サンクチュアリー本店
住  所 : 千葉県柏市大井554-1
電話番号 : 047-199-9712
Webサイト : http://www.ac-sanctuary.co.jp


情報提供元 [ カスタムピープル ]

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

カワサキ Z1000 MkIIの価格情報

カワサキ Z1000 MkII

カワサキ Z1000 MkII

新車 0

価格種別

中古車 19

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

530.51万円

価格帯 256.5~663.9万円

諸費用

万円

価格帯 2.5~7.5万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

518.41万円

価格帯 264~666.4万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す