ヤマハは、海外向け新モデル「XSR700 レガシー」を発表した。スペック等は従来モデルと同様だが、各種装備を本格的なスクランブラースタイルへ変更。ヘリテイジモデルらしいストロボカラーのタンクや、ガード付きのLEDヘッドライト、ブレース付きのアップハンドルを装備し、オプションパーツとしてアップマフラーやハンドルガードも供給される。なお、日本国内の発売予定はない見込みだ。

最新カスタムシーンのモードを取り入れたスポーツヘリテイジ

2016年に登場、2022年に最新排ガス規制に適合するモデルチェンジを受けたXSR700は、YZF-R7と基本設計を共有するクロスプレーン並列2気筒エンジンを搭載したミドルスポーツだ。XSRファミリーは日本国内では700cc、900ccの2モデルながら、海外では125cc、155ccといった各種排気量にラインナップされており、「スポーツヘリテイジ」モデルとして高い評価を受けている。

今回新登場した「XSR700 レガシー」は、既にXSR125でも前年に登場していたバリエーションモデルだ。ロードスポーツ感を全面に押し出していたスタンダードモデルに対し、オフロードモデル向けの各種装備をそなえつつ、クラシカルな印象のカラーリングである「レガシー」バージョンは、XSRシリーズのスクランブラーモデルという位置づけとなる。エンジンはスタンダードモデルと同一だが、ガード付きのLEDヘッドライト、ブレース付きのアップハンドルを標準装備。タイヤもピレリのブロックパターンモデルを採用しており、プロモーションムービーではフラットダートを駆け抜ける走行性能を見せつけた。

魅力的な「XSR700 レガシー」だが、残念ながら日本国内での発売見込みはないと思われる。国内モデルの更なる進化に期待していきたい。

 

news_xsr700_20221108_02

XSR700は2022年のマイナーチェンジにより、LEDヘッドライトや最新排ガス規制への適合を果たした。「レガシー」はクラシカルさに磨きをかけたスクランブラーモデルだ。

 

news_xsr700_20221108_03

従来モデルと同様のLEDライトにはガードを採用。ハンドルもアップタイプかつブレースを装備した本格的なオフロードテイストを高めた。

 

news_xsr700_20221108_04

エンジンはYZF-R7と基本コンポーネントを共有する並列2気筒で、73.4PSを発揮。クロスプレーンクランクシャフトによりスポーティな性能を発揮する。

 

news_xsr700_20221108_05

ホイールは前後17インチ。一見スポークホイールに見えるほどの細いキャストホイールを採用している。タイヤはピレリ製のブロックパターンを採用し、オフロード走行のポテンシャルを感じさせる。

 

news_xsr700_20221108_06

オプションパーツとして、アクラポビッチ製アップタイプマフラーやハンドルガードも発売。いっそうのオフロードテイストを高めるパーツだ。

XSR700 レガシー(2023)主要諸元

・全長×全幅×全高:2075×865×1120mm
・ホイールベース:1405mm
・シート高:855mm
・車重:190kg
・エジンン:クロスプレーン水冷4ストローク並列2気筒DOHC 689cc
・最高出力:54.0kW(73.4PS)/8750rpm
・最大トルク:67.0N・m(6.8kgf・m)/6500rpm
・燃料タンク容量:14L
・変速機:コンスタントメッシュ6段
・ブレーキ:F=Wディスク、R=ディスク
・タイヤ:F=120/70 ZR 17M/C(58W)、R=180/55 ZR 17M/C(73W)

情報提供元 [ YAMAHA EUROPE ]

この記事にいいねする

コメントを残す

ヤマハ XSR700の価格情報

ヤマハ XSR700

ヤマハ XSR700

新車 42

価格種別

中古車 28

本体

価格帯 89.8~100.1万円

94.73万円

諸費用

価格帯 3.7~9.48万円

6.28万円

本体価格

諸費用

本体

80.47万円

価格帯 74.8~85.65万円

諸費用

8.59万円

価格帯 8.15~8.95万円


乗り出し価格

価格帯 93.5~109.58万円

101.02万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

89.07万円

価格帯 82.95~94.6万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す