ホンダ・スーパーカブ110・JA44と新型JA59 旧型オーナー目線で乗り比べ。一言目はやはり「ブレーキの効き味」

長い歴史を持つスーパーカブは、世界一売れてるバイクです。そして世界中に多くのファンを持ち、コミューター、ビジネス、レジャーにと大活躍しています。大幅なモデルチェンジが行われて2022年3月に国内販売を開始した新型スーパーカブ110(JA59)もまたまた人気モデルになりそうですが、従来型となってしまったスーパーカブ110(JA44)ユーザーでもあるボクにしてみれば、ちょっとショックではあります。そこで従来型の乗り味を熟知しているボクが、新型との違いをチェックしてみました。

PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

→全文を読む

情報提供元 [ モーターファンバイクス ]

この記事にいいねする


コメントを残す

ホンダ スーパーカブ110の価格情報

ホンダ スーパーカブ110

ホンダ スーパーカブ110

新車 452

価格種別

中古車 76

本体

価格帯 22.32~33.05万円

25.59万円

諸費用

価格帯 2.1~2.72万円

3.47万円

本体価格

諸費用

本体

22.07万円

価格帯 16.27~28.54万円

諸費用

2.66万円

価格帯 2.38~2.98万円


乗り出し価格

価格帯 25.05~35.15万円

29.06万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

24.74万円

価格帯 19.25~30.93万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す