2022年10月31日をもって、いよいよホンダCB400SF/SBが生産終了になる。これで400ccの並列4気筒車は現行車から消滅するわけだが、前々から当webで報じているとおり、ホンダは次期モデルを検討している模様。現時点でわかっている情報を全て放出しよう!

文/ベストカー編集部、CG/SRD
※当記事は2022年10月27日に「ベストカーWeb」に掲載されたものです。

次期CB400向けにハイパーVTECなしの並列4気筒を新規開発か!?

2022年11月1日からバイクに「平成32年(令和2年)排ガス規制」が全面適用される。50ccを除き、規制に対応していないバイクは、この期日までに規制をクリアしないと日本で販売できなくなる。

現在、世界唯一の並列4気筒400ccモデルであるCB400スーパーフォア(SF)は、1992年のデビュー以来、モデルチェンジで排ガス規制を乗り切ってきた。しかし今回の規制には対応せず、派生モデルの同スーパーボルドール(SB)ともに絶版が決定している。

生産終了がホンダから正式発表されたのは、初代発売からちょうど30年後の2022年4月28日。大きな衝撃が走り、慌てて入手しようとしたファンも多かったが、既に生産分は予約で完売状態だった。

あと一週間足らずで30年の歴史にフィナーレが訪れる……わけだが、当Webの得た情報によると「後継機が開発中」らしい。その詳細は不明ながら、エンジンはDOHCヘッドの水冷並列4気筒なのは確実。ただし、回転数に応じてバルブ数を切り替える現行のハイパーVTECは採用しないという。

次期CB400の予想CG(編集部製作)。丸眼ヘッドライトと2眼メーターほか、王道のスタイルはそのままと思われる。後述の理由からイメージソースを往年のヨンフォア(CB400フォア)とした

今年10月末で生産終了となるCB400スーパーフォア(NC42)。写真のカラーリングは2018年から続くCBX400F風のレッド。88万4400~92万8400円

ハーフカウル付きのCB400スーパーボルドールも同様にディスコン。高速道路二人乗りが解禁された2005年から設定された。104万600~108万4600円

中国市場でCB1300が販売中、その普及版として次期CB400が投入される!?

メイン市場として中国が計画されている模様だ。エンジンは莫大なコストをかけた新開発で、500ccの4気筒モデルを投入するらしい。その400cc版が次期CB400として日本向けに発売されると見られる。日本仕様も「しっかりコストをかけて造り込まれる」との情報だ。

現在の中国ではカワサキZ900RSなど丸目ネイキッドのスタイルが人気を博しつつある。ホンダの現地法人「本田中国」でも、CB400SF/SBの兄貴分であるCB1300SF/SBをはじめ、空冷直4のCB1100をラインナップ。一方、300~500cc以下のミドルクラスには丸眼1灯のスタンドードなネイキッドが存在しない。

CB1300はトップモデルの一つとして君臨しており、価格は19万1000人民元。日本仕様の156万2000円に対し、390万円相当と超高額で、なかなか手が出せる価格ではない。そこに普及価格帯のミドル直4CBが登場すれば、受け入れられる土壌は十分にあるだろう。

「本田中国」のwebサイト。中国で丸1眼のスタンダードなネイキッドは、CB1300SF/SB、CB1100が販売されているが、400~500cc帯にはまだラインナップされていない

中国でホンダは400~500ccクラスに2気筒のCB400F、CB500F、CBR400R、CBR500Rらを展開。フルカウルやストリートファイター系で、CB400SFのような王道モデルはない

“ヨンヒャクCB”の50周年を祝うメモリアルモデルの可能性も

発売時期は2024年以降と予想。「ヨンヒャクCB」の元祖である名車CB400フォアの誕生50周年にあたり、「新時代CB」をデビューさせるのに最高のタイミングとなる。

それゆえ冒頭のCGでは、CB400フォア(ヨンフォア)風スタイルとした。現在、レトロでバイクらしいフォルムの“ネオクラシック”は世界的に人気。現行CB400SFよりさらに懐古的なデザインとなるが、幅広い国や地域で受け入れやすいはずだ。

何より国内でヨンフォアは、以前よりプレミア相場が続く人気車で、現在も全国平均338.3万円、最高577万円で取引されている(「Webike バイク選び」調べ。ちなみに1975年モデルの当時価格は32万7000円)。

次期CB400がヨンフォアスタイルなら、特に1970~80年代に青春を送ったオジサン(筆者もその一人)に拍手をもって迎えられる可能性大。また、若者にはGB350などのようにレトロスタイルのネイキッドとして人気を博すかもしれない。

往年のCB400フォア(右)と予想CGを並べた。CGは本誌の妄想だが、昔を知る人には懐かしく、若者の目にはシブいネオレトロに映るはず。管楽器を思わせる集合管はぜひ再現してほしい!

1974年12月に発売された初代CB400フォアは、空冷直4を搭載。今なお高い人気を誇る。排気量は408cで、翌年に「中型限定」二輪免許が導入されたのは有名な話。後に398ccが追加された

1997年型CB400フォア(NC36)。CB400SFをベースに4本出しマフラーを与え、車体は往年のヨンフォアをイメージした。当時不人気で短命に終わったが、現在はプレミア価格。美車は150万円近い

生産終了間近に初代CB400SFがホンダ本社で展示、これが意味するものは……?

2024年発売となれば、2023年は空白期間となるが、ホンダではモンキー(50cc)が2017年に生産終了し、翌年グローバルモデルとして復活した例もある。

従来型は国内専用で、規制対応してもコスト回収が困難だった。これが今回の排ガス規制強化に対応しなかった理由の一つと関係者は語る。しかし次期型でグローバル展開されればスケールメリットが生まれ、現行のCB400SF/SBよりセールスやコスト回収が見込めるのだ。

ちなみに往年のCB400フォアは欧州でも販売されたグローバルモデル。国内は免許制度や販売年数が短かった影響もあるが、生産台数は圧倒的に欧州の方が多かった。もし新型がフォア風ならば日中以外にもマーケットが広がる可能性があるか!?

ホンダとしても、30年にわたって何度もベストセラーを獲得したCB400SFの系譜をここで終わらせたくないハズ。そんな思惑があるせいか、ホンダ本社のプレスルームでは、10月末に生産終了するタイミングで初代CB400SFが展示されていた。ホンダとしてCB400SFの終了を惜しみつつ、この部屋を訪れるジャーナリストに向けてメッセージを発しているかのように思えてならない。

――ともあれ、ひとまずは30年にわたってライダーに愛されてきたCB400SFに感謝を込めつつ、別れを惜しもう。そして次期型の続報を待ちたい!

10月18日にホンダ青山本社のプレスルームで撮影した1992年型の初代CB400SF。生産終了間近のタイミングで、別れを惜しむように展示されていた

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. 名無し より:

    このスタイルならリアはツインショックじゃないと…

  2. 匿名 より:

    408cc
    で出して欲しいな!

  3. evh5150 より:

    フロントはダブルディスクにして欲しいな。出来れば倒立フォークでラジアルキャリパーで!

コメントをもっと見る
コメントを残す

ホンダ CB400スーパーフォアの価格情報

ホンダ CB400スーパーフォア

ホンダ CB400スーパーフォア

新車 0

価格種別

中古車 233

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

133.52万円

価格帯 47.85~238.8万円

諸費用

万円

価格帯 0.55~3.56万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

131.2万円

価格帯 48.4~242.36万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ CB400スーパーボルドールの価格情報

ホンダ CB400スーパーボルドール

ホンダ CB400スーパーボルドール

新車 0

価格種別

中古車 100

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

117.2万円

価格帯 49.8~178.8万円

諸費用

万円

価格帯 3.56~10万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

112.29万円

価格帯 59.8~182.36万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ CB400FOUR (空冷)の価格情報

ホンダ CB400FOUR (空冷)

ホンダ CB400FOUR (空冷)

新車 0

価格種別

中古車 28

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

287.06万円

価格帯 139~550万円

諸費用

18.93万円

価格帯 7.5~27万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

306万円

価格帯 146.5~577万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ CB400FOUR (水冷)の価格情報

ホンダ CB400FOUR (水冷)

ホンダ CB400FOUR (水冷)

新車 0

価格種別

中古車 17

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

132.58万円

価格帯 82.8~200万円

諸費用

8.64万円

価格帯 7.51~9.2万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

141.22万円

価格帯 92~207.51万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す