この記事は2021年11月14日にForRに掲載されたものです。

ADV150は、なぜADV125ではなく150でデビューしたのか?

ADV150は、PCX150をベースに2020年にデビューしたスクーター。PCXシリーズは日本一売れているバイクなので、さらに派生機種まで出して台数を増やす必要はそれほどないはず。それでもADV150をリリースしたのは、普通免許スクーターの盛り上げが目的となる。

→全文を読む

情報提供元 [ ForR(フォーアール) ]

この記事にいいねする

コメントを残す

ホンダ ADV150の価格情報

ホンダ ADV150

ホンダ ADV150

新車 55

価格種別

中古車 76

本体

価格帯 38.65~45.53万円

41.76万円

諸費用

価格帯 3.38~5.85万円

4.97万円

本体価格

諸費用

本体

46.8万円

価格帯 37.8~58万円

諸費用

1.81万円

価格帯 4.04~5万円


乗り出し価格

価格帯 44.5~48.91万円

46.73万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

48.62万円

価格帯 41.84~63万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す