パーツ間で統一された黒に効く差し色シルバー

マット=つや消しカラーはこのところのバイク界のトレンドのひとつだ。各メーカーから送り出される車両にも純正カラーとしてマットの名が付くものが用意されるようになった。かつてはメンテナンスの難しさがあったが、今ではワックスやコーティングもできるように進化し、身近感を高めている。

そんな中でストライカーワークスが送り出したこの車両。一瞬、「Z900RSにブラックエディションがラインナップされて、それを元に手を入れたのか?」とも思える仕上がり。

KAWASAKI Z900RS

そうではなかった。同店の店長、鈴木さんは「当店のZ900RSコンプリートカスタム“SZ-020”(’21年オーダー分はSZ-021となる)であることに違いはないんです。そのオプションメニューにあるフルペイントによって、マットブラック仕上げにしたんですよ」と言う。

それにしても、だ。ただつや消し黒で外装を塗っただけでは、こうはいかない。つや消しはムラも出やすいのだが、ボディパーツにそれがまったくない。そしてフレームの黒(ここはつやありだ)、フロントフォークのアウターチューブやエンジン、ホイールまわりのつや消し黒。これらとの対比というか、マッチングがいい。

加えて、GストライカースイングアームやSTC(スポーツ・ツーリング・コンセプト)ステップキット。それに人気が高いというストリートコンセプトフルエキゾースト・チタンブラックラインといった、Z900RS用のストライカー各パーツのトーンが揃っている。その上で、タンクのKawasakiやサイドカバーのZ900RSロゴにヘッドライトリムなどのシルバー、マフラーエンブレムのレッドが差し色となって、単にモノトーンだけでない動きのある色調を作り出している。

“SZ”はZ900RSをコンパクトに感じ、乗りやすくしてくれるパッケージとして定評あり。ならばこのカラーもSZの“ブラックエディション”として設定してしまっては? と思える仕上がりを得ているのだ。

Detailed Description 詳細説明

自然なフロント荷重をかけられ、垂れ角(0/5度調整可能でハンドル位置も2段の計4ポジション)やコーナリング時に肘が自然になるような幅まで吟味した、Gストライカー・セパレートハンドルを同ビレットトップブリッジとともに装着。マスターまわりはノーマルのままだ。



燃料タンク/サイドカバー/テールカウルはストライカーワークス・コンプリートカスタムZ900RS=SZのオプションメニューによって、TMガレージがマットブラックで塗装。メーカー純正で最初からこうだったのでは? と思える均質なマット感がきっちりと表現される。



シートは表皮を張り替え、ストライカーワークスのロゴを白で入れている。こうしたシートまわりのメニューもSZには用意されているのだ。



アルミプレートでなく、削り出しによる立体パーツでナンバーをホールドするアルミビレットフェンダーレスキットもSZメニュー。



エンジンとFI、そしてフレームはノーマルで、ラジエーターコアガード(ステンレス製で、シルバーなのもマットブラックに対するアクセントとなっている)とSTRIKERガードスライダーを追加。エンジン/フレームまわりの艶ありブラックとマットブラックの対比もいい。



インナーチューブ径φ41mmでマットブラック仕上げのアウターチューブを持つ倒立フォークやネイキッドスタイルに合う、マルチスポークデザインの3.50-17/5.50-17サイズホイール、そしてブレーキまわりはいずれもZ900RS純正パーツ。フロントフェンダーは塗装でマットブラック化している。



スイングアームは、SZ-020メニューではセパレートハンドル&ビレットアンダーブラケットとの選択制(もちろんオプションで両方装着可能)となっている。このバイクでは、7N01異型目の字断面材製のGストライカースイングアーム・セラコートブラック仕上げ仕様を装着してある。



KAWASAKI Z900RS

マフラーはサブサイレンサーや消音ボックスを持たないデザインで、超軽量のエキパイに真円チタンサイレンサーを組み合わせたストライカー・ストリートコンセプト・フルEX JMCA 4-1STDチタンを、耐久性の高いセラコートで仕上げたチタン ブラックライン。ステップはSTRIKER STCコンセプトでタンデムステップもストライカーブランドだ。


主なカスタム内容(カワサキZ900RS)

エンジン
*エンジンカバー類含む
STRIKER ガードスライダー
STRIKER ラジエターコアガード
エキゾーストシステム STRIKER STREET CONCEPT チタンフルエキゾースト JMCA 4-1 STD Z900RS/CAFE ラウンド(真円)サイレンサー
フレームスイングアーム G-STRIKER スイングアーム セラコート仕上げ
ステップ STRIKER Sports Touring Concept”STC” STEP KIT 4ポジション
Sports Touring concept オリジナルタンデムステップバー“STC” カワサキType1
ハンドル周りステアリング
*ステダン、ミラー含む
G-STRIKER セパレートハンドルキット
G-STRIKER セパレートハンドル用 トップブリッジ
シート STRIKER オリジナル シート表皮張替え
外装 TM GARAGE カスタムペイント
STRIKER アルミビレットフェンダーレスキット



ストライカーワークスZ900RS(カワサキZ900RS)
取材協力:ストライカーワークス TEL045-949-1347 〒224-0046神奈川県横浜市都筑区桜並木5-7
URL:https://www.striker-works.com
2021年 5月 03日

情報提供元 [ ヘリテイジ&レジェンズ ]

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. 匿名 より:

    ストライカーバックステップは値段だけいっちょ前でへにょへにょして気持ち悪かった
    絶対にベビーフェイスがいい
    マフラーもハンドルもだがストライカーはなんでこのクオリティでこんなに高いんだ?

コメントをもっと見る
コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

カワサキ Z900RSの価格情報

カワサキ Z900RS

カワサキ Z900RS

新車 0

価格種別

中古車 110

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

178.25万円

価格帯 126.8~330.8万円

諸費用

10.86万円

価格帯 7.04~17.66万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

189.12万円

価格帯 144.46~337.84万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す