ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。
今回は、トライアンフ「トライデント660」についてオーナーの生の声をお届けします!

ぶっちゃけトライデント660ってこういうバイク!!

トライアンフのミドルネイキッド、トライデント660最大の特徴は、なんと言っても並列3気筒エンジンでしょう。バイク全体を見回しても3気筒エンジンは少数派ですが、トライアンフは長年このシリンダーレイアウトのエンジンを作り続けてきているのでノウハウは豊富。バイクレースの世界最高峰motoGPのmoto2クラスは、トラインフ製3気筒エンジン搭載車によるワンメイクレースとなっているほどです。

トライデント660の発表は2020年。世界的な流行のネオクラシックテイストを取り入れたデザインの、スタンダードなネイキッドスポーツとして誕生しました。エンジンの排気量は660cc、それ以前にもトライアンフは同排気量の3気筒エンジンをラインナップしていましたが、トライデント660はボア×ストロークを見直した完全新設計。ポイントはロングストローク化されたことで、ほとんどの回転域で最大トルクの90%あまりを発揮するという広いパワーバンドです。

ミドルクラスの多気筒エンジンは、最高出力の高さを追求すると低中速トルクが細くなりがち。600ccクラスの4気筒スーパースポーツモデルが、上級者向きといわれるのは、そのピーキーなエンジン特性が理由のひとつです。トライデント660は最大トルク64Nmを、6,250rpmで発生させます。かたや同じ最大トルクを持つホンダCBR600RRの最大トルク発生回転数は11,500rpmと、ほぼ倍の回転数までエンジンを回す必要があります。つまり、トライデント660は高回転まで回さなくてもパワーを引き出せることになります。

トライデント660の最高出力は80PSほどですから、スペックだけを見ると物足りなく感じるかもしれませんが、低中回転域でパワフルであることは、計り知れないメリットがあります。街中でのダッシュ力の高さは言うに及ばず、小さなコーナーが多い日本のワインディングロードでは無類の速さと扱いやすさをみせてくれます。高回転を使わずに走れることで、高速道路での長距離走行でも乗り手を疲れさせません。ツーリングの相棒としても、かなり魅力的な存在なのです。装備重量で190kgを切る軽さなので、取り回しの良さも見逃せません。

シート高は805mmですから取り立てて低くはありませんが、上半身がリラックスしたアップライトなポジションですし、車重も軽いので足つき性に不安を感じることはないでしょう。体力に自信がない人や、小柄な人にもお勧めできます。また、ビッグバイクビギナーならば、是非一度乗って欲しい一台です。大型二輪免許を取得すると、ついフルサイズのリッターバイクに目が向いてしまいますが、気軽に扱える車格で扱いやすいエンジン特性のトライデント660は、魅力的な選択肢だといえるでしょう。外車ですから目立ち度も十分、しかもプライスは100万円を切るお手頃価格なのです。

Webikeユーザーはトライデント660をどう感じている?

詳細はコチラをクリック

TRIDENT 660
新車平均本体価格:99.3万円
中古車平均本体価格:95.8万円
口コミ件数:7件
※データは2022年10月19日現在

オーナー平均満足度は5点満点中で3.80!(評価人数: 57人)

特筆すべきは燃費、走り、ルックス、とりまわしが4点以上と高水準であることでしょう。一方、コメントでもありましたが積載性は2点台と評価は高くありません。
まだデビューから間もないこともあり、口コミ件数は多くはないものの、ポジティブな意見が目立ちます。

トライデント660のざっくりまとめ

良いところ

・低回転時から充分なトルクがあり非常に乗りやすい
・車体がコンパクトかつ軽量
・3気筒特有のサウンドとフィーリングが楽しい
・新車で100万をきるのでコストパフォーマンスが高い
・トライアンフのネイキッドルックスは最高

悪いところ

・見た目に全振りしているため、積載性が皆無
・ETCも車検証も工夫が必要
・高速は風がモロに当たるので長時間はツラい
・外車なのにクセがないのでつまらない

トライデント660オーナーの声

ここでは数ある口コミの中でも特に印象的だった声を紹介します。

wankoさん

購入動機・用途・比較車種 ミドルクラスで3、4気筒車が発売されるのを待っていました。他にXSR900が候補になりましたが、最新のトライデントを選択しました。評価に関しましては、ミドルクラス内で価格も見合わせた評価にしています。
長所・満足な点 大型バイクで軽量(189kg)
低回転時から充分なトルクがあり非常に乗りやすい。
6速、40km/hからでも再加速が楽に出来る。
楽な運転姿勢で300kmオーバーのツーリングも腰が痛くならなかったです。
走りについては、ミドルクラス660ccと考えると、まずまずの性能かと思います。
大型バイク多気筒車の中では特に燃費が良い、1リットルあたり23kmの燃費です。
トライアンフのネイキッドルックスは最高です。
短所・不満な点 エンジンのロングストローク化か、電子制御スロットルのせいか、低回転時のアクセルのつきが悪い。前後ギヤともにトルク側に振られているので、低速ギヤでは回転がすぐに上がり気味でチェンジが忙しい。まるで250マルチの様です。フロントスプロケットを1丁増やして、若干マシになりました。
多機能メーターの性能は良いがスピードツインの様な2眼メーターが欲しかった。
リヤサスは固め。1番低くセットしておりますが、かなり跳ねます。リヤタイヤ空気圧を2.9k(標準値)から2.7kに設定する事で跳ねがマシになりました。
ブレーキは前後共に及第点ですが、ハイペースでのブレーキングではABSの効きが早すぎる感じがします。
アイドリング(1200rpm)が高めで、アイドリング(CPU管理)の調節が出来ない。
これから買う人へのアドバイス 以前乗っていたストリートトリプル85 が故障が無かったので、トライデント660も大丈夫だと。
購入して1年が過ぎましたが、故障は1度もありませんでした。メーカーからのリコール(サイドスタンド)のみです。ディーラーでのオイル交換費用はフィルター交換時で約15000円弱、定期点検費用はオイル交換無しで23100円です。

hide88445さん

購入動機・用途・比較車種 友人のバイク購入に付き添いで行ったバイク屋にたまたま置いてあり、ふと跨ってみたら急に欲しくなり、ほぼ一目惚れ状態で購入。
元々3気筒のバイクに乗ってみたいと思っていたこともり、良い機会だと思った。
長所・満足な点 エンジン
→3気筒特有のサウンドとフィーリングが楽しいです。トルクもしっかり、高回転もしっかりとどの領域でもパワーが出るので、場所を選ばず乗ることができます。

車体サイズ
→コンパクトで取り回ししやすいです。

見た目
→マットブラックにユニオンジャックの組み合わせが渋くてかっこいいです。

価格
→輸入車にして珍しく、新車で100万をきるのでコストパフォーマンスが高いです。

短所・不満な点 積載性
→正直言って皆無です。ETCも車検証も工夫が必要です。

足つき
→167cmの私にとっては少々足つきが悪い。

アフターパーツ
→発売から間もない輸入車なので仕方ありませんが、マフラーも満足に選べません。

これから買う人へのアドバイス 価格帯、サイズ感から見て、初めての大型・初めての輸入車という方にオススメできるバイクです。3気筒のエンジンを積んだバイクはそう多くないので、気になる方は選択肢の一つに入れてみるといいかもしれません。

Takkyさん

購入動機・用途・比較車種 週末の日帰りツーリング用。
長所・満足な点 取り回しが軽い。5000回転からの加速が強烈で飛んでいきそうなくらい速い。前傾がゆるくポジションが楽。丸目が好き(ストトリ、スピトリの二眼ライトがあまり好みでは無い為)。峠道がとても楽しい。コーナリング中も挙動が安定している。トルクが太いので、峠でも細かいギアチェンジをしなくてもストレスを感じない。
短所・不満な点 高速は風がモロに当たるので長時間はツラい。ノーマルマフラーでも音がまぁまぁ大きくやや近所迷惑。ヒュルヒュルするエンジン音があまり好みでは無い。キーを抜くときに位置を間違えると、ライトが点灯したままになり、そのまま放置するとバッテリーが上がる。
これから買う人へのアドバイス 初期不良で、納車後数週間でブレーキランプが点灯しなくなり、燃料計の表示値が異常となったので、品質はやはり外車。新車保証があった方がいいと思います。クイックシフターは部品が3ヶ月待ちです。

 

 

トライデント660のライバルをチェックする

600cc〜700ccといったミドルクラスは、ツインエンジン搭載車が優勢で、トライデント660のようなマルチエンジンモデルは少数派です。レースに使用される関係で、600cc4気筒スーパースポーツはそこそこモデル数がありますが、ネイキッドとなると現行車ではホンダCB650Rくらいしか見当たりません。

CB650Rは、フルカウルスポーツのCBR650Rと基本コンポーネンツを共有するネイキッドスポーツ。ストリートオリエンテッドで開発された排気量648ccのエンジンは、ゴリっとしたトルク感が魅力。車格もリッタークラスほど大柄ではありませんが、乗車感覚は大きく感じます。フレキシブルに使える、ホンダらしい隙のない一台です。

ツインエンジンに目を向けると選択肢は大きく増えますが、日本国内で入手しやすいのはヤマハMT-07でしょう。スマッシュヒットを飛ばしたモデルなので、中古車のタマ数も豊富です。車重は四気筒や3気筒に比べればさらに軽く、車体もスリムで取り回し性の良さは抜群です。ワインディングでも軽さを活かした鋭い走りが楽しめます。一方、新型という点ではZ650RSが注目です。まだ、中古車はもちろん新車も満足に出回っていない状態ですが、見逃せない存在でしょう。

それでは、ライバルの口コミが気になる方は、コチラもチェックしてみましょう!
※オーナー平均満足度や口コミ数は2022年10月19日現在です。

ホンダ・CB650R

CB650R
オーナー平均満足度3.92(評価人数: 709人)
新車平均本体価格:81.22万円
中古車平均本体価格:63.86万円
口コミ件数121件

詳細はコチラ

ヤマハ・MT-07

オーナー平均満足度3.92(評価人数: 709人)
新車平均本体価格:81.22万円
中古車平均本体価格:63.86万円
口コミ件数121件

詳細はコチラ

カワサキ・Z650RS

オーナー平均満足度4.16(評価人数: 23人)
新車平均本体価格:103.4万円
口コミ件数3件

詳細はコチラ

この記事にいいねする

コメントを残す

トライアンフ TRIDENT 660の価格情報

トライアンフ TRIDENT 660

トライアンフ TRIDENT 660

新車 4

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 99.5万円

99.5万円

諸費用

価格帯 19.24万円

19.24万円

本体価格

諸費用

本体

95.8万円

価格帯 95.8万円

諸費用

4.11万円

価格帯 4.11万円


乗り出し価格

価格帯 118.74万円

118.74万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

99.91万円

価格帯 99.91万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す