250ccツイン最強の呼び声も高いCBR250RRが戦闘力を向上してリニューアルする模様。先立って発表されたインドネシア仕様と、9月に行われた日本GPに展示された日本仕様を元に、モデルチェンジの内容を予想したい。

新型は、エンジン内部の改良で最高出力をアップするとともに、クラス初となるウイング付きエアロ外装、トラコン、SFF-BP倒立フォークなどを獲得。国内独自の2色を含む3カラーが用意され、来年デビューか?

文/ベストカー編集部
※当記事は2022年10月9日に「ベストカーWeb」に掲載されたものです。

モトGP日本ラウンドで2023年型国内仕様を初披露!

Ninja250、YZF-R25に続いて、2017年に発売されたホンダCBR250RRは、新設計の並列2気筒に当時クラス初の電子制御スロットル+パワーモードなどの装備でライバルを圧倒した。

これを打倒すべく、カワサキが2020年9月に並列4気筒のNinja ZX-25Rを発売。13年ぶりに復活したニーゴー直4は、CBR250RRを上回る45ps+ラムエアを実現したほか、クラス唯一のトラクションコトンロール、クイックシフターなどを採用。瞬く間に250スポーツの一番人気を獲得した。

一方、CBR250RRは2020年型で38→41psにパワーアップしたほか、オプションでアップ&ダウン対応のクイックシフターを用意し、迎撃の構えを見せた。

ホンダの動向に注目が集まる中、発表されたのが次期CBR250RRだ。まず9月19日、インドネシア仕様を正式発表。そして9月22~25日、モトGP日本ラウンドが行われたツインリングもてぎで日本仕様が公開された。

ツインリングもてぎに展示された2023年型CBR250RR日本仕様。国内現行型のパールグレアホワイトは赤が差し色だったが、新型では水色に。フレームは赤→ツヤ消し黒としている

250ツインの盟主が42psに到達、トラコンやSFF-BPも獲得した

登場6年目を迎える2023年型の注目はまずエンジンだ。インドネシア仕様では、シリンダーヘッドやカムシャフト、吸排気ポートなどを変更し、圧縮比を12.0→12.5にアップ。最高出力は41→42psとなり、250ccツイン最高の馬力をさらに増強した。

日本仕様の詳細は不明ながら、やはり最高出力がアップするのは確実の模様だ。もちろん2022年11月から適用される新排ガス規制にも対応する。

さらに日本仕様はトラクションコントロール(ホンダセレクタブルトルクコントロール=HSTC)の導入がトピック。インドネシア仕様は非搭載ながら、もてぎで公開された日本仕様にはHSTCのスイッチが追加されていたのだ。

現行250クラスにおけるトラコン採用車は、ZX-25Rに続いて2車種目。なお、出力特性を3パターンから選べるパワーモードは新型でも健在だ。

さらに新型は、ZX-25Rも採用するSFF-BP倒立フロントフォークを獲得。CBR250RRはもともとSFF-BPと同様に片側のみスプリング構造のサスを採用し、軽さが自慢だった。新型ではより高い路面追従性を実現するだろう。

またハザードランプに加え、急減速の際にブレーキランプが点滅するエマージェンシーストップランプも新採用している模様だ。

フロントフォークトップにはSFF-BPのロゴが確認できる。新型ZX-25RRのようなイニシャルアジャスターは非装備。左ハンドルスイッチ前方にハザードとトラコンのスイッチが追加された

CBR1000RR-R譲り、250初のウイングレット内蔵カウルを獲得

さらに空力特性を向上したカウルも導入した。

従来のスタイリングデザインにおけるキーワード「Speed Shape」はそのままに、フロントからサイドカウルにかけて立体的なレイヤー構造を採用。ダウンフォース効果を得られるウイングレットと同様のインナーカウル形状としている。これはCBR1000RR-Rのダクト状ウイングと狙いは同じだ。

このようなウイングレットは250クラス初の装備となる。

なお、従来の鋼管トラスフレームや左右非対称のアルミ製スイングアーム+プロリンクサスは踏襲。2023年型では、これにビッグバイク並みに豪華なトラコンやSFF-BP倒立フォーク、エアロデバイスを加え、全方位的に進化を果たすのだ。

新型CBR250RRはミドルカウルがインナーとアウターの二重構造に。内側のカウルにはウイングレット状の機能が追加されている

日本仕様のカラーリングは計3色、白のほかツヤ消し黒も登場か

本誌がつかんだ情報によると、国内仕様は3カラー設定の模様だ。

日本専用色は、もてぎに展示されたパールグレアホワイト。白のメイン色にツヤありシルバーのアンダーカウルを備え、ツヤありホワイトのホイールを履く。

さらに日本独自のツヤ消しブラックも用意される見込み。インドネシア仕様STDのマットガンパウダーブラックメタリックに近いが、フレームがツヤ消しブラックで、ホイールにリムストライプがないようだ。

そしてインドネシア仕様と同じホンダトリコロールも選べる模様。CBR1000RR-Rに設定される「グランプリレッド」と同じイメージだ。

2023年型インドネシア仕様のホンダトリコロールが国内にも導入される見込み。国内現行型のクランプリレッドに代わるカラーで、最もレーシングイメージが強い

国内には2月頃登場? 新ライバルZX-25RRとのRR対決にも注目!

――ホンダもカワサキに対抗して4気筒を出すとの憶測もあったが、デビュー6年目を迎えるCBR250RRを隙なく徹底熟成し、追撃を図ると見られる。

国内仕様の価格は不明だが、現状の82万1700~85万4700円をキープか、数万円アップで収まると嬉しい。新型の国内仕様は年末頃に発表され、2023年2月頃に発売と予想したい。

一方ライバルのカワサキは、10月1日にインドネシア仕様の2023年型Ninja ZX-25Rを発表。クラス唯一のカラー液晶メーターを採用したほか、豪華な足まわりの「ZX-25RR」もラインナップした。
元祖“RR”の名に賭けてCBR250RRは、クラス唯一のウイングレットをはじめ、パワーアップしたエンジンとSFF-BPフォーク、トラコンの導入で戦う。

従来までこの2台は、高速コーナー主体のサーキットを除けば、軽さとトルクに優れるCBRのラップタイムが速いと評判。ZX-25Rはレッドゾーン1万7000rpm以降という並列4気筒のフィーリングが唯一無二で、最高速も上回る。どちらも楽しいバイクであることに変わりはなく、この方向性は変わらないだろう。とはいえ、ZX-25RRが国内導入された際は、“RR”対決の行方が見物だ!

2023年型としてインドネシア仕様に設定されたNinja ZX-25RR。カラー液晶のほか、フロントフォークにイニシャル調整、リヤサスにZX-10R譲りのフル調整式BFRC liteを導入した

【画像ギャラリー12枚)】新旧CBR250RRのディティール、ZX-25Rスペック比較を見る!

公道走行モデルのほか、ホンダのモトGPライダーであるマルク・マルケスのゼッケン93をあしらったレーサーも展示



スムーズにパワーが立ち上がるツイン最強の心臓部は41→42psにパワーアップ。シリンダーヘッドをはじめ、ピストンリング、カムシャフト、吸排気ポートを変更し、圧縮比もアップした



現行モデルのミドルカウル。フロント側は一層構造で、ウイングレットを内蔵していない。下部に整流板を備えるが、新型では非採用



2023年型のアッパーカウル。ヘッドライトは目尻が一段と切れ上がり、ポジション灯の下部形状がより複雑に。下アゴが一段と張り出している



IMG_7420

現行型の顔。上部のポジション灯まわりがシンプルで、下アゴが左右に分割されている。インドネシア仕様はポジション灯がウインカーを兼ねるが、日本仕様は法規上ウインカーが別体式



新型のタンクカバーは従来型と同様に見えるが、サイドカウルは全く形状が異なる。上部にスリットがなく、ハンドル下に通気口が設置された



IMG_7407

従来型CBR250RR。こちらもリヤ側がレイヤードカウルだが、新型はより空力を重視した設計だ



新型CBR250RRのテールカウルはエッジが一段と立った形状。尾灯は下段がブレーキランプで、エマージェンシーランプが採用される見込み



IMG_7414

従来型のテール。貫通したダクト部の面積は新型の方がより大型化された



従来型のメーター。ハウジング自体に変更はない模様だが、液晶パネルにトラコンの表示が追加されるか?



2023年型インドネシア仕様のマットガンパウダーブラックメタリック。日本仕様はフレームとホイールがマットブラックになるようだ



最高出力ではZX-25R、トルクではCBRに軍配。ZX-25Rはラムエア加圧時に最高出力46psにアップする。クイックシフターは、日本仕様CBRでオプション、ZX-25R SEで標準装備


情報提供元 [ ベストカーWeb ]

この記事にいいねする

コメントを残す

ホンダ CBR250RR (MC51)の価格情報

ホンダ CBR250RR (MC51)

ホンダ CBR250RR (MC51)

新車 149

価格種別

中古車 132

本体

価格帯 70.3~90.75万円

81.95万円

諸費用

価格帯 5.3~7.89万円

5.18万円

本体価格

諸費用

本体

66.51万円

価格帯 52.8~99.8万円

諸費用

5.78万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 75.6~98.64万円

87.13万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

72.29万円

価格帯 57~89.85万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す