ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。
今回は、ドゥカティ「SuperSport 950 S」についてオーナーの生の声をお届けします!

ぶっちゃけSuperSport 950 Sってこういうバイク!!

スポーツバイクの中でもレーシーなイメージが強いフルカウルのバイク達。現在のラインナップを大別すると、サーキットでのパフォーマンスを第一に考えたスーパースポーツ系と、スズキのハヤブサなどの高速巡航性能を強化した高速ツアラー系に分けられます。

今回紹介するドゥカティのスーパースポーツシリーズは、どちらかと言えばサーキット寄りのスーパースポーツ系のキャラクター。…なのですが、性能の100%をサーキット走行に振ったワケではないというところがミソになります。

810㎜とフルカウルモデルとしては足着き性のいいシート高に、そこまで前傾姿勢のキツくないセパレートハンドルをセット。見た目こそ同社のスーパースポーツモデル・パニガーレ風ではありますが、普段使いからツーリングまで使えるような汎用性の高いキャラクターが与えられているのです。

その証拠に、これだけレーシーなスタイリングながら、スクリーンは上下2段階でフェアリング効果を変えられるようになっていたり、リヤシートには荷かけフックが装備されていたり。このほか、オプションにはパニアケースのセットも用意されていたりします。

つまり、しっかりツーリング性能を考慮したスーパースポーツ風のデザインのバイクという訳です。ライディングモードに関しても、“SPORT”、“TOURING”、“URBAN”と3つの異なる走行シチュエーション向けのキャラクターが用意されています。

ただ、それだけで終わらないのがドゥカティのスポーツバイク。ライディングモードを“SPORT”にして走りだせば、文字通りスポーティでバイクを操る楽しさがしっかり味わえます。エンジン出力、トラクションコントロール、ABSといった電子制御介入レベルのパラメーターが非常に細かく、乗り手の好みに合わせて変更できるのも特徴といえるでしょう。

WebikeユーザーはSuperSport 950 Sをどう感じている?

SuperSport 950 S

新車平均価格: 191.4万円
中古車平均価格: -万円
口コミ件数2件
※データは2022年10月6日現在

詳細はコチラ

オーナー平均満足度は5点満点中で3.50点!(評価人数:12人)

デビューから間もないことも投稿数はまだまだ少ない状況ですが、ルックス、走りともに満点の5点をマークしておりオーナーさんの満足度は高そうです。一方、スーパースポーツの宿命である積載性やメンテナンス性、とりまわしなどは3点を下回っています。バイクの特性を理解したうえで検討するのがよさそうです。

特筆すべきは従来型であった「SuperSport」の課題が「950」にリニューアルされた際に改善されたという声があること。「かなりグレードアップされているのに、価格はほぼ変わらない」という意見も着目に値します。

SuperSport 950 Sのざっくりまとめ

良いところ

・スポーティながら長い時間乗っても疲れない
・デザインがさらに洗練
・旧型の不満点がほぼ対応されている
・TFTカラーインパネの搭載

悪いところ

・とにかく熱い
・積載性がきつい
・ミラーの視認性が悪い

SuperSport 950 Sオーナーの声

ここでは数ある口コミの中でも特に印象的だった声を紹介します。

william30483さん

購入動機・用途・比較車種 ロングツーリング用
長所・満足な点 スポーティながら長い時間乗っても疲れない。見た目がだいぶパニガーレに合わせており、前世代よりかっこよくなっている。純正に思えない音がしっかりある。
短所・不満な点 熱い、とにかく熱い。後部シリンダーが太ももの真ん中にあるため夏の渋滞は修行。物もちろん積めないので純正のパニアか、シートバッグの購入が必須。

ちゃーりーさん

購入動機・用途・比較車種 SuperSport939Sの残念だった点が全て改善されて、
しかもデザインまでさらに洗練されたので。
同車種での乗り継ぎだけどこれはアリだと思わされました。
長所・満足な点 (前車SuperSport939Sとの比較です)
・DRL実装とヘッドライトのフルLED化
・TFTカラーインパネの搭載
・車体側センサーの強化
・油圧クラッチ採用
・よりPanigale寄りのデザインに(むしろこっちのほうがスマート?)
・かなりアップグレードされているのに基本価格がほぼ変わらない
・車体は大きく変わっていないので939Sのパーツが流用できる
・クイックシフターの感触が良くなっている
・ウインカーのオートキャンセラーがついた
・明らかに発進エンストしにくくなった
旧型の不満点(改良要望点)がほぼ対応されているので、社外パーツで
(保証を犠牲にして)カスタムするリスクがなくなった
短所・不満な点 ・ミラーの視認性が相変わらず悪い
・振動ブレも残っているので見づらい
競合対象にNINJA1000・GSX-S1000F(GT)がいるため、価格で真っ先に
除外されてしまう(オーナーからすれば希少性が上がるからいいけどw)

 

 

SuperSport 950 Sのライバルをチェックする

軸足をしっかり公道に置きながらも、サーキット走行レベルのスポーツ走行であれば十分楽しめるだけのスポーツ性能が与えられているドゥカティのスーパースポーツシリーズ。シリーズにはスタンダードモデルと、上級仕様の“S”があり、“S”はオーリンズ製のリヤショックを装備し、20万円ほど価格が高くなっています。

また、サーキット走行の入門モデルと捉えると、排気量や価格に大きな開きができてしまいますが、ヤマハのYZF-R7やアプリリアのRS660もライバルと捉えることができそうです。それでは、ライバルの口コミが気になる方は、コチラもチェックしてみましょう!

※オーナー平均満足度や口コミ数は2022年10月6日現在です。

ヤマハ YZF-R7

オーナー平均満足度3.61(評価人数: 79人)
新車平均価格: 99.99万円
中古車平均価格: 129.22万円
口コミ件数5件

詳細はコチラ

アプリリア RS 660

オーナー平均満足度3.78(評価人数:36人)
新車平均価格: 149.78万円
中古車平均価格: ―万円
口コミ件数5件

詳細はコチラ

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. ふんどし より:

    元現行R1乗りです。

    性能はフラッグシップだけあって申し分ない

    熱さも耐えられる熱さ、その一つ前のクロスプレーンは熱くて乗ってられない。

    現行はハンドリングが変わってて、とにかく内に曲がる曲がるアクセルとても早く開けられる。
    こんなハンドリングのバイクは今まで乗ったバイクでありません、キレすぎハンドリングです。
    やっぱり一度はそのメーカーのフラッグシップに乗るとその凄さが分かります。

  2. スラクスガーレ より:

    1台だけでいろんなことがしたいならアリだとは思います。よく言えばオールラウンダーの優等生。悪く言えば突き抜けたモノがない中途半端なバイク。スラクストンRとの併用で増車する時に939を考えましたが上記の理由で959パニガーレにしました。939や950しか乗ってなければそれで満足できるでしょう。いわゆるドカティL型ツインを味わいたいならいいんだけどスーパースポーツというネーミングとそのスタイル、装着パーツに期待してSSばりの走りを期待するのは?
    自分の求めているものを再確認して出来る限り試乗してパニガーレ(V2)と乗り比べることをおすすめしますね。

コメントをもっと見る
コメントを残す

ドゥカティ SuperSport 950 Sの価格情報

ドゥカティ SuperSport 950 S

ドゥカティ SuperSport 950 S

新車 3

価格種別

中古車 0

本体

価格帯 189.9~206.9万円

196.56万円

諸費用

価格帯 13.1~30.1万円

23.43万円

本体価格

諸費用

本体

万円

価格帯 ―万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 220万円

220万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

万円

価格帯 ―万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す